国営昭和記念公園を歩いてみました

本エントリーは写真が多くて、スポンサー広告が表示されないように設定しておきました。でも、適用されるまで時間がかかるかもしれません。

国営昭和記念公園を歩いてきました。前から聞いてはいましたが、広いですね、ここ。かなり歩き回ったのに、見るべきところをちゃんと見たのか、自信がありません(笑)。残念ながら昭和天皇記念館は(臨時の?)休館日でしたが、また次のお楽しみ、ということにしました。さぁ、さっそく写真を載せてみます。

到着。まずはその広さに圧倒されます。いちょうも紅葉も、十分きれいに色づいていました。人も多かったですが、もともと広いし団体客などがそういないので、「密」を感じることはありませんでした。

 

 

日本庭園あたりで紅葉の写真を撮りました。紅葉と黄葉が同じ場所で楽しめるとは、素晴らしいことです。

 

天気が曇ってきましたが、ケンチャナヨ。

 

この場所が特に人気、という感じを受けました。

 

ただ、これだけのエントリーです。でも、本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。自分の「毎年行きたいもみじスポット」リストに登録です。あ、あと、このエントリーからカメラがDSCRX1から「α7c」に変わりました。レンズもズームレンズキットのものしか持っていませんが、これからいろいろ試したいと思います。それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5