韓国、小学生たちが描いた日本関連ポスターがネットで物議

韓国の小学生たちが描いた、日本関連ポスターがネットコミュニティーで話題になり、大手メディアにも載るようになりました。日本に銃を撃ち、ミサイルを撃ち、ナイフで攻撃しながら、「◯す」「チョ◯パリ」などと書いたり、「日の丸を踏みつける」を描いたものであり、その内容に「誇らしい」と「やりすぎだ」の意見が衝突している、と。以下、中央日報から引用してみます。<<>>が引用部分となります。また、スポンサー広告と区別しやすいよう、キャプチャー画像には赤い字で『キャプチャー』と書いておきました。

 

<<小学生たちが描いた極端な反日ポスターがオンライン上に広がり、情緒的に苦しめているだけではないのかという議論が提起されている。特に、刀で日本の地図を刺しまくったり、日本人に銃を撃つなど、その暴力性が、小学生が描いたとは想像できない水準であり、「憎しみを教えている」という批判が出ている。一部では「日本は韓国にもっとひどいことをしている」という反応も出ている。去る14日オンラインコミュニティ ポンプとボベドリームには、「誇らしいK-小学生作品世界」というタイトルで、小学生が描いたような絵、数十枚が掲載された。公開された写真によると、「日本人をぜんいん◯してしまえ」というフレーズとともに、朝鮮半島から列島に向かって銃を乱射する絵が描かれている。また、燃える日本列島の上に「すでにダメになった土地」と書かれたポスターはもちろん、日の丸を踏んだり、唾を吐くなどの絵が集まっている・・>>

 

同じ件を記事にしているイーデイリーによると、「流血表現まであるポスターについて、ネチズンたちの反応は極端に分かれた。大韓民国国民として誇りに思うと褒め称えるものから、情緒的に苦しめているだけではないのか、という意見が対立した」とのことです。以下、何枚か引用してみます。キャプチャーはイーデイリーからです。中央日報にも同じ絵が載っていますが、イーデイリーのほうが分割されていたので。

 

  左上から時計回りに、なにかに燃えている日本を描いて「すでに滅んだ地」、軍人と思われる人に撃たれ、血を流す人の絵で「日本ノムどもみなご◯しにしてやる」、字が下手でよく読み取れないけど、日本を足で蹴りながら「韓国!~をやっつけろ!」、日の丸が何かに燃えている絵「チョ◯パリセ◯キ~(これ以上見えません)」、白頭山が日本に噴火する絵「白頭山も怒ったぞ」、字はよく分かりませんが、日本がミサイルに撃たれて燃えている絵、ささったナイフと、血を流す日本の絵「独島韓国万歳」。

 

  同じく左上から時計回りに、日本の地図にカッター、血を流す絵「さらば~」、数人で日の丸を踏みつける絵、日本が燃える絵「こうなりたいのか?」、日本に隕石か何かが落ちる絵、クソの絵「こいつらの故郷」、日の丸に用を足す絵「きたね~」・・わざわざ色を塗ったからには、多分、学校で描いたものだと思われますが・・よくもこんな絵で授業が成立したものですね。他は、字が無い(または解像度の問題などでうまく読めない)のも多く、私の精神状態という問題もあるので、中央日報のソースページを見てください。

 

本ブログでも、慰安婦関連デモに参加したり、学校のイベントで反日フレーズを叫ぶ小学生たちを何度か紹介したことがありますが・・やはりもっとも記憶に残るのは、韓国政府機関傘下の国家報勲処で作ったポスターでした。旧ブログや、初期の拙著でも紹介した記憶があります。「今月の独立運動家」とかいう題のもので、校門のとなりに貼ってありました。聞いたこともない独立運動家で、民間人(日本人、韓国の親日派などを『処断した』が功績として紹介されていました。

そういうものを「良いもの」として見て聞きながら育った人は、自分の子に同じものを「見せて、聞かせて」育てることになるでしょう。その子がまた、それを見て聞きながら育つ。教育が、いわゆる道徳が、そしてテレビ番組、映画、ネットなどが、それを後押ししています。当然の結果ではないでしょうか。むしろ、こういうポスターを良くないと叱る人たちがまだ残っている方が、驚きであります。

自然災害(白頭山が噴火すると朝鮮半島のほうがもっとダメージ食らうでしょうけど)、ミサイル、国旗に関する認識、そして、ソース記事の下の方に、手のひらで日本を叩きながら「実は小さな国日本!怖くないぞ!」と描いてあるポスターがありますが、こういうのもまた、『いつも聞いていることをそのまま絵にした』のでしょう。

ひとつ、ちょっとだけツッコみますと・・ナイフの絵、刺す音として韓国語で「プシュッ(푸슛)」と書いてありますが、こういう場合、韓国では「プウッ(푹、푸욱)」と書くのが一般的でした。「プシュー」「プシュッ」は、日本の漫画を韓国語に訳する過程で、日本語表現をそのまま訳して広がったものです。

 

 

予定を変え、ちょっと出かけることにしました。昼は更新できませんが、夕方に何かきれいな写真(風景)と、本題のエントリーを一気に更新致します

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5