日米韓次官会議、共同会見を突然キャンセル・・韓国警察庁長の竹島上陸が理由か

日米韓外務次官が、予定されていた共同会見も出せずに終わりました(米国が単独で会見)。共同声明またはそれに準ずるものが用意されていたかどうか分かりませんが、会見もできないようでは、出せる雰囲気でもなかったでしょう。韓国の警察庁長が竹島に上陸したことが、主な理由だと報じられています。以下、ファイナンシャルニュースから引用してみます。

 

<<米国で予定されていた韓米日外交次官の共同記者会見が突然霧散し、韓国と日本の関係がこれまで以上に悪化の一路を歩むこととなった。チェ・ジョンゴン外交部1次官、ウェンディ・シャーマン米国国務部副長官、森健良日本外務省事務次官は17日(現地時間)午前ワシントンDC国務部で、第9次外交次官協議会を行った後、午後2時に共同会見をする予定だったが、会見場にはシャーマン副長官だけが姿を現した。

共同会見を1時間40分ほど控え、駐米韓国大使館側に、3国外交次官共同会見の代わりにシャーマン副長官一人で記者会見を行うという告知が伝達され、10分ほど遅れた記者会見には、シャーマン副長官一人だけが参加した。共同会見の霧散と関連して正確な理由は知られていないが、日本の毎日新聞は日本政府関係者を引用して「独島(※竹島のこと)問題の影響」と報じた。

毎日新聞は16日、キム・チャンリョン韓国警察庁長が独島に訪問した点に言及した。このメディアは、独島関連の質問で韓日の対立が浮き彫りにされるのを避けるために、共同記者会見を取り消したようだと分析した。独島警備総責任者の金庁長はヘリコプターに乗って独島と鬱陵島を訪問し現場状況を点検し、独島警備隊員を励ました。治安総監であり、次官級の人事である警察庁長が独島を訪れたのは、2009年のカン・ヒラク警察庁長以来初めてだ。これに対して日本政府は韓国政府に厳重に抗議したと明らかにした。

今回の事態は最近、韓国最高裁判所が徴用被害者問題(※旧朝鮮半島出身労働者問題)に賠償判決を下すなど、過去史や独島問題などをめぐって韓国と日本両国の葛藤が深化している状況を端的に示している。シャーマン副長官は共同記者会見が単独会見に変わったことについて「しばらくそうだったように、日本と韓国の間に解決し続けなければならない両者間の異見が一部あった」とし「そのような異見の一つが、今日の会見形式の変化につながった」と説明した。彼女は「日韓間の見解はこの日の会談とは無関係だ」とし「今日の3者会談は友好的、建設的、実質的であり、3時間以上持続した」と強調した>>

 

気になるのは、タイミングです。米中首脳会談の後に次官会議があるとちゃんと告知されていたのに、警察庁長が竹島に上陸した、そのタイミングです。次官級の人が竹島に上陸したことを、政府が知らなかったはずはないでしょう。韓国としては終戦宣言で米国を説得しないといけない状況なので、この結果を狙っていたとは思えません。竹島問題は前から米国も知っていたので、もしこの件で何か問題が生じると、米国としても『このタイミングで竹島に上陸した』ことが破綻のもっとも大きな理由だと思うことでしょうから。ひょっとして、韓国政府は、日米韓外務次官協議があるから、このタイミングだと日本も強く抗議できないだろうと思っていて、結果が裏目に出たのでしょうか。ただの推測で、知る由もありませんが。

 

 

新しくアップデートした内容はありませんが、不定期に載せる『コメントの注意事項』を、まだの方はお読みください。お陰様で随分管理しやすくなりました。ありがとうございます。

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5