夢が大きすぎる・・韓国紙「北京冬季オリンピックで終戦宣言するという観測もあったが、難しいかも」

終戦宣言スレです。苦手な方、すなわち韓国以外のほぼ全世界はご注意ください・・かどうかはともかく。「北京オリンピックで終戦宣言するというK(計)画があったけど、どうやら無理っぽい、という記事がありました。以下、毎日経済から引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<米国と英国が北京冬季オリンピックに外交的不参加を検討するという報道があり、オリンピックをきっかけに北京で終戦宣言をするという韓国政府の構想も事実上、失敗したとの主張が出ている。バイデン米国大統領は18日(現地時間)、トルドー カナダ首相との会談後、北京冬季オリンピックの外交的不参加を検討しているのかどうかに関する取材陣の質問に、「私たちが検討しているものである」と話した。続いたイギリスのザ・タイムズも20日報道で、イギリス政府も北京オリンピックに対する外交的不参加について検討に入ったとした。特にイギリスでは、リズ・トラス外相がボイコットを支持していることが分かった。

オリンピックに外交的に不参加するというのは、オリンピック開会式と閉会式に国を代表して参加する使節団を派遣しないという意味だ。つまり、バイデン アメリカ大統領はもちろん、米国務省の関係者も北京には姿を見せない。これに先立ち、韓国政府は、年内に南北首脳会談を推進し、2月の北京冬季オリンピック期間に終戦宣言を推進しているという観測が多かった。特に最近では米国と終戦宣言の文案と形式に対する合意点にほぼ到達したという外交部内外の評価も出てきた。鄭義溶(チョンウィヨン)外交部長官は国会で「米国との協議はほぼ終わった」と話した。

それでは、韓国外交部は、米国で開かれた韓米日外交次官会談の前に、このような米国の動きを感知していたのだろうか。「米国の外交的不参加の動きを知っていたか」という質問に、外交部の高位関係者は「当然、知っていた」と答えた。次に「どんな代案を用意して韓米日次官会談に取り組んだのか」を聞くと、具体的には答えられないと言う。チェ・ジョンゴン外交部第1次官は17日(現地時間)韓米日外交次官共同会見が霧散したことで「日本側が会見に参加できないという立場を伝えてきた」と言うだけだった。

大統領府は18日、「米国の外交的不参加可能性」や「終戦宣言構想」など韓半島平和プロセスに及ぼす影響と関連して、(韓国政府は)北京五輪が朝鮮半島平和プロセスのきっかけになるよう努力していくだろう」と言った。続いて「文在寅大統領の訪中については何も決まっていない」と話した>>

 

・・・いや、無理でしょう。外交的不参加が無かったとしても、北京オリンピック期間中に終戦宣言は無理です。北朝鮮も同意しないでしょう。韓国政府としては、たしかに南北関係に関して何か「一発」が欲しいところではあります。北京オリンピックで何か外交的な実績を残すことができるなら、国内政治的にも有利にはなるでしょう。年内南北首脳会談についても、韓国大統領府が強く呼びかけているとしても、おかしくはありません。韓国で左派政権が続くようにするため、北朝鮮が「とりあえず会う」という適当な感覚で南北首脳会談に応じる可能性なら、無くはないでしょう。でも、いくらなんでも『北京オリンピックで終戦宣言』はポジティブすぎです。ポジティブシンキングとよく言うけど、『シンキング』の領域にすら入っていない気もします。

しかし、東京オリンピックといい北京冬季オリンピックといい、2018年平昌冬季オリンピックでのあのスター感を再現したい韓国政府。しかし、そううまくいくはずがありません。平昌冬季オリンピックは、北朝鮮が米国を話すための『通路』として韓国を必要としていました。その際に、タイミングよくオリンピックがあったから、オリンピックの場を借りてイベントが進んだだけです。すなわち、とりあえずオリンピックが開催されるとして、2018年が再現できるわけではありません。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5