韓国誌「日本は韓国と違い、『J防疫』で偉そうにしない」

朝鮮日報系列の週刊誌、「週刊朝鮮」の記事です。アウグストゥス関連の内容がほとんどですが、K防疫に関する部分を引用してみます。さっそく引用から始めましょう。<<>>が引用部分となります。

 

<<去る11月19日、ムン・ジェイン大統領の「国民との対話」を見た。退任6ヶ月前、大統領のタウンミーティング型イベントだという。外国にいるので、インターネットでライブ放送を視聴した。この日、大統領が強調したキーワードは「世界トップ10 韓国」だった。数多くの「K-1番」が証明するように、世界が認めて羨ましがっているトップ10国家が韓国であり、それに似合う誇りを持ってほしいというのが、要旨だった。形式は「対話」だというけれど、内容を聞いていると「演説」や「主義主張」に聞こえる。「誇り」という言葉で放送しているが、実際は「自慢たらしい」と聞こえる・・

・・「経済、外交、軍事すべての分野で、米国は全世界ナンバーワンだ。世界のすべてがアメリカをナンバーワンだと称賛し羨ましがっている」。筆者が体験した数多くの米国大統領の年頭メッセージの中に、そのような内容は聞いたことがない。「ナンバーワン」の座は、自らの努力と汗による結論であり、証拠であろう。他人の評価を気にする前に、自分自身に対する確信が重要なわけだ。

トップ10、トップ30は関係ない。努力の結果ならそれで十分だ。誰かが賞賛しているとか、羨ましがっているからってそれの価値が上がったり、非難して無視するからって下がるものではない。トップ10という数字で表現された競争構図それ自体が、まるで20世紀開発途上国の成長論理としか感じられない。いつからか、「ろうそくと積弊」の代わりに、「トップ10韓国」が政権の新しいスローガンとして浮上した気がする。

しかし、日曜日の夜のイベントが終わった直後から、トップ10韓国の墜落が目立った。トップ10の最大の根拠だという「K防疫」が揺れたのだ。新型コロナの日別新規感染者が4,000人台(11月23日基準)まで急増した。同日、隣の日本の感染者数は40人だった。なんと、100倍の差だ。日本の確診者数字自体がミステリーだというけれど、日本が2桁感染者の「J防疫」を根拠に、トップ3とかトップ5とか、そう自慢たらしくしたことが一度でもあるのか、疑問だ・・>>

 

ソース記事は、ここからアウグストゥス関連の長い話を始めます。その部分は省略しますが、もう一箇所だけ、「大統領の自慢話のことで、サン・テグジュペリの小説『幼い王子様(星の王子さま)』のある登場人物を思い出した」とする部分、オチのかわりに引用します。

<<・・地球に立ち寄る前に、星の王子が経験した6つの惑星に関する話を見てみよう。星の王子は奇妙な論理で生きている惑星の6人の人間と出会う。このうち2番目の惑星の「自己満足型人間(Narcissistic Man)」は、常に他人の賞賛に耳を傾け、惑星に住んでいない人々の拍手だけを気にするキャラクターだ。他人の言葉、それも甘い賛辞だけを聞いて、みんなに自慢する。

やっていることに対する自信もなければ、なにかのビジョンもない。窮地に立たされるほど、人々の褒め言葉や爽やかな修飾語にぶら下がる。自分の意志とは無関係な生活という点で、他人の考えに左右される『植民地』型、被動型キャラクターだと見ることもできるだろう。 「いいね」たる親指の数字だけが、存在と幸福のコンパスになる人たちだ・・>>

他人からの「いいね」ならまだマシかもしれません。自分の手足で「ほら、もう『いいね』が20個(本)も集まった」と言ってるから問題なわけでして。

 

 

おかげさまで、拙著『文在寅政権最後の暴走』の一部がプレジデントオンラインで記事になりました。ありがとうございます!

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5