韓国、新型コロナ感染者7000人台・・6歳未満を中心にRSウィルス、インフルエンザも流行の兆し

韓国の日別新型コロナ感染者が、初めて7000人台となりました。昨日「6000人台の可能性」を書いた韓国側の記事(昨日18時基準)をお伝えしましたが、すでに昨日21時時点で6000人を超えていたとのことです。

「水曜日(火曜日のデータ)あたりから、急に増えるのでは」という予想がなかったわけではありませんが、予想より多く、しかも「数」だけでなく、重症患者・死亡者も増えています。感染者7,175人(国内発生7,142人、海外流入33人)、重症患者は前日の774人から大幅に増えて840人、死亡者は日別では歴代2番目の63人。オミクロン感染者も2人増え、38人になりました。

一昨年、昨日あたりにお伝えした韓国側の情報から考えると、明らかに医療システムの管理範囲を超えています。医療機関のキャパシティーそのものよりも、増加が速すぎます。以下、各紙、<<>>が引用部分となります。イーデイリーによると、<<11月から始まった「段階的日常回復」(ウィズコロナ)以後、日々の確診者数は急激に増える傾向にある。特に、(※週末には検査数が少なくなる)「週末効果」が消え、新規患者が急増する水曜日基準でみると、先月24日4,115人で4千人を超え、今月1日に5,000人台となり、8日に7,000人台になっている・・>>、と。

あと、6歳未満の子の感染が増えていて、それはコロナ19(新型コロナ)だけのことでもないようです。この部分は東亜日報です。<<・・コロナ19の流行がて深刻になる中で、最近では、幼児を中心に季節性ウイルス感染症も流行する兆しを見せている。昨年この時期には流行しなかったインフルエンザと、呼吸器細胞融合ウイルス(RSV)感染症患者が増えているのだ。専門家たちは、乳幼児を中心に三つの感染症が同時流行する「トリプルデミック(Triple+Pandemic)」を懸念している。

疾病管理庁によると、最近の一週間(11月28日~12月4日)で、6歳以下のコロナ19確診者数は1,598人だ。人口10万人当たり8.9人だ。 20代や40代に比べると1.5倍ほど多い。乳幼児インフルエンザの発生も昨年10~11月には外来患者1000人当たり3人程度に維持されたが、今年はこれを上回っている。RSV感染症で入院した乳幼児患者も、今年になって急増した。

防疫当局は昨年インフルエンザとRSV感染症患者が多くなかったため、相対的に今年全体的な乳幼児の免疫力が低下したと見ている。さらに、段階的な日常回復(ウィズコロナ)などで防疫意識が低くなったため、インフルエンザやRSV感染症が流行する可能性を高く見ている。インフルエンザやRSV感染症は、症状が発熱や咳などでコロナ19と同じだ。症状だけではどのウイルスなのか区分すら不可能で、防疫現場に大きな混乱が予想される・・>>

 

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5