民主主義サミット、日本「深刻な人権状況に声を上げよう」/米国「独裁権力と戦おう」/韓国「偽ニュースと戦うため、『個人・表現の自由』は全体との調和が必要」

米国主導で、民主主義サミットがオンラインで開催されました。

バイデン大統領は「独裁権力を持つ人たちが、影響力を強化しようとしている」と、岸田総理は「自由、民主主義、法治は基本的価値観」「深刻な人権状況には声を上げる必要がある」と話しました。台湾が参加していることからも、中国を狙った発言だとみるべきでしょう。でも、北朝鮮なども明らかに該当します。日本の総理が「基本的価値観」と言うと、韓国も気まずいでしょうけど。

ですが、その場で、文在寅大統領は妙なことを言いました。「民主主義が、偽ニュースの挑戦を受けている」とし、偽ニュースと戦うというのです。確かに偽ニュースはよくないですが、そのためには個人の自由・表現の自由すらも、「みんな」と調和を成し遂げなければならない、とも。

言論仲裁法など、国が「偽ニュースかどうか」を決めて懲罰的損害賠償できる法案、そして、光州民主化運動や併合時代関連で「正しい歴史かどうか」を国が決める法律を次々と用意・主張してきた韓国。心の曇った私には、文大統領の発言が無理のある言い訳にしか聞こえません。以下、KBSから引用してみます(※ソースページ、動画の自動再生にご注意ください)。<<>>が引用部分となります。

 

<<文在寅大統領も「民主主義首脳会議」本会議に出席しました。民主主義が偽ニュースなどで挑戦に直面したとし、自浄能力を強調しました。中国を刺激しそうな言及はありませんでした。(※以下、記者のレポート)米国バイデン大統領主宰で12カ国だけ参加した(※全体参加国は110ヶ国です)民主主義サミット、本会議の初めてのセッション。

非公開で行われたこの会議で、少数の首脳に発言機会が与えられましたが、文在寅大統領も含まれました。文大統領はこの場で、民主主義を脅かす要素としてポピュリズムと極端主義、不平等と双極化、憎悪心、偽ニュースなどを挙げました。

特に、偽ニュースから民主主義を守る自浄能力を育てなければならないとしながら、個人の自由と表現の自由はしっかり保障するけど、皆のための自由と調和を成し遂げるべきだと強調しました。文大統領はまた、不正腐敗こそ民主主義の最大の敵だとしながら、請託防止法、公益申告者保護制度など韓国の反腐敗政策成果を国際社会と共有すると言いました。韓国の電子政府システムも開発途上国と分かち合うと明らかにしました。

文大統領は、半世紀ぶりに経済発展と民主化を共に成し遂げた経験をもとに、今は韓国も国際社会の民主主義の増進に寄与していくと強調しました。今回の会議で、バイデン米大統領が中国とロシアを直接狙って批判発言を打ち出したが、文在寅大統領は中国に関連した特別な言及はしませんでした。米国は同盟ではあるが、最大貿易国である中国との関係もおろそかにできないだけに、発言に最大限慎重を期したものと解釈されます>>

 

嘘はいけません。民主主義でも社会主義でも、嘘がいけないという価値は共有します。でも、問題なのは、「それが嘘なのかどうか」を、誰がどうやって決めるのか、でしょう。民主主義での「嘘」の決め方と、一部の事案において韓国が示している「嘘」の決め方は、かけ離れています。

歴史関連は言うにも及ばず、いまは一旦保留状態になっている、言論仲裁法(委員会を作って今年いっぱい議論することになっていますので、来年にはまた騒ぎになるでしょう)などもそうです。偽ニュースを重く処罰するというけど、「偽」の基準が曖昧すぎで、結局は政府の決め方によります。そもそも法律というものは、強制力を持っているので、『どんなこと』に適用するのかを論ずるのが最初のステップですが、そこからズレています。岸田総理も言っていますが、法治は民主主義の基本です。口では「法」を作るとしながら、基本的な価値観が成立していないわけです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5