韓国、収まらないコロナ禍・・首都圏だけで、入院できない感染者が3日間で736人増加。全員が高齢者・基礎疾患持ち

なんか、コロナ関連ブログのようになってしまいましたが・・今日もK防疫関連です。何もしれないから当然といえば当然ですが、新型コロナ禍がまったく治まる気配を見せていません。

昨日も、新規感染者6,689人で、土曜日のデータ(日曜の0時基準)では最多を記録しました。12月5日0時基準発表では、5,128人でした。重症患者は894人。前日発表(856人)より大幅に増えました。死亡者は43人。ニュース1の集計によると、韓国政府の発表では累計死亡者が4,256人ですが、その中の404人の死亡者が、直近1週間で発生しました。

専門的な知識のない私ですが、ウィズコロナで新規感染者が増えるのは理解できます。重要なのは、重症患者と死亡者の発生でしょう。そう考えると、この結果はウィズでもなんでもありません。特に、「重症患者」データと合わせて考えないといけないのが、入院対象なのに入院できずにただ待つだけの、病床待機者です。

最近、韓国は「基本的に、全員在宅治療」を掲げ、入院対象にする基準が前より厳しくなりました。なにせ、在宅治療を急に「基本」にした理由が、最初から重症患者用の病床が足りないことが原因でしたので。しかし、それでも入院対象にされたというなら、1~2ヶ月前の入院待機者より、さらに症状が重いということになります。首都圏地域の病床不足が深刻なので首都圏地域(ソウル、京畿、仁川)だけをカウントしたものですが、入院待機者は1日に200人以上増えています。今日は、これに関する記事を引用してみます。各紙、<<>>が引用部分となります。

 

まず、ニュース1、12月10日午後の記事です。<<新型コロナウイルス感染症の重症患者数が3日連続で800人台を記録し、防疫状況が悪化し、病状の確保が非常事態となった。首都圏地域で1日以上も病状の割り当てを待つ患者も、前日の1,003人から1,258人に、1日で255人も増えた。 前日(9日)午後5時基準、全国のコロナ19重症患者病床稼働率は79.3%で、数値だけ見ると、これ以上外部患者を受けられなくなる「フルベッド(full bed)」の基準である稼働率80%を目前にしている・・>>

次、その翌日、12月11日のニューシースの記事です。<<コロナ19重症患者治療病床の稼働率が全国で79%、首都圏で83.9%を見せる中、病床の割り当てを待つ確診者が歴代最も多い1,508人と集計された。保健福祉部中央事故収拾本部によると、11日0時基準、コロナ19確診判定後に病状が無くて配分を待っている確診者は、首都圏だけで1,508人だ。前日同じ時間帯の1,258人から250人も増え、歴代最多規模と集計された・・>>

そして、12月12日、今日のYTNの記事です。<<今日11日(※12日の間違いだと思われます)0時基準、首都圏で1日以上病床配分を待つコロナ19患者は1,739人で、昨日より231人増えました。待機日数別に見ると、1日間病待機する確診者は658人、2日間431人、3日250人、4日以上は400人です。病状待機者のうち、70歳以上の高齢患者は517人、高血圧や糖尿病などの基礎疾患者などは1,222人と確認されました。在宅治療患者はすべて23,376人でソウル11,285人、京畿7,299人、仁川1,613人の順でした>>

 

 

今日、午後の更新はありません。申し訳ございませんが、次の更新(夕方)までもう少しお待ち下さい

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5