元政府機関審査委員「韓国の防疫措置は、非専門家が決める。これが日本とのもっとも大きな差」

韓国の新型コロナ禍、収まる兆しが見えません。火曜日のデータ(水曜日の朝に発表)で、新規感染者7850人、重症患者は58人増えて964人、死亡者は70人でした。

やっと政府は「17日から2週間」の防疫措置強化を行うと発表しましたが、どれぐらいの効果が期待できるのか、なんとも言えません。そんな中、韓国の政府機関「食品医薬品安全処(日本の同名機関と同じ役割です)」審査委員出身のライターが、医学専門メディアに「日本は専門家が、韓国は非専門家が決める」という寄稿文を載せました。以下、ネットメディア「メディカルタイムズ」から引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<・・(※両国の国民が新型コロナで苦労したのは事実だが、オリンピックを見事に成し遂げた日本と、会食も出来ない韓国。なんで今の結果はこうも違うのか、という話の後に)韓国と日本の違いはどこから来たのだろうか? 防疫政策を決定する主体が、日本と韓国とでは違うからだ。韓国は、政府という行政組織が決定する。ところが、韓国の政府に専門家がほとんどいない

食薬処で働いてみて、確実にわかった。医薬品の安全を担当しなければならない組織に、医薬品安全専門家は一人もいなかった。事実、一人の専門家でもいれば、その専門家が他の専門家を育てることで、成長することができる。しかし、食薬処にはその「一人の専門家」すらいないので、医薬品の安全において一歩も進展が無い。そんな食薬処に、コロナワクチン安全性管理などできるはずもない。

それでも、防疫の初期には、外部の専門家で構成された中央臨床委員会という専門家グループがあった。中央臨床委員会が、1~2カ月ごとに科学的な根拠に基づいてブリーフィングをしてくれたので、国民も安定感を得ることができた。しかし、昨年6月頃、中央臨床委員会が、「コロナ感染がすでに地域社会に広がっているので、コロナの終息は難しく、コロナと共存する防疫政策に切り替えなければならないという意見を提示した。すると、突然予定された中央臨床委員会の説明会がドタキャンされ、それから、中央臨床委員会の声は消えた。

つまり、韓国の防疫政策は、専門家グループの意見を無視したまま、政治的に行われた。政府ブリーフィングからは専門家グループの意見が消え、『いわゆる専門家』と呼ばれる数人の医師が目立つようになった。ある俳優が有名になると、どこの広報にもその人しか出てこなくなったりするが、その少数の『個人専門家』たちもそうだった。朝の番組に出演し、夕方には別の番組に出てくる。

日本の食薬処は、いつもそうだが、コロナワクチンの安全性についても監視し、自らのデータに基づいて10月14日、モデルナワクチンを30歳未満には接種しない措置を取った。一方、韓国は11月17日に初めてモデルナワクチン接種の年齢制限をしたが、当然、我が国は能動的な監視などしていなかったので、自らのデータベースによる措置でもなかったし、他の国々がそうするから私たちもそのままやる、という措置だった。

韓国と日本の昨今の状況を見ていると、リーダーの重要性を悟る・・・・専門家グループの意見を無視したまま、自らもバテて、国民もバテて、結果も惨敗した防疫政策を進めてきた韓国政府のリーダーって、能力の問題か性格の問題か。政府は今からでも、中央臨床委員会を再召喚し、専門家主導の防疫政策を取らなければならないだろう。それだけが、国民からの信頼を回復できる唯一の道だ>>

 

専門家委員会の助言が無条件で正しいかどうかまでは言えませんが、ソース記事の筆者は、「もぐらたたき」ゲームに喩え、「韓国の防疫は、穴の中に大人しくしているモグラまですべて叩くというものだった」としています。そして、それに反する意見を出した専門家委員会は潰され(多分、それがK防疫の方向性と違うので)、結果的には誰もが疲れ果てることになってしまった、と。しかし、処理水関連でもそうだし、歴史問題でもそうだし、なにからなにまでそうだし、ひょっとしてすべてにおいてそうかもしれませんが、韓国社会で言う専門家って、『聞きたいことだけ専門的に言ってくれる』人のことではないでしょうか。

 

コメント欄の注意事項がアップデートされました。コメンテーターの方々は、「コメントの注意事項」をかならずお読みください

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5