韓国政府「外交的不参加は検討していない」・・一部の韓国紙は「アベガー」記事

臨時コーナーとして毎日お伝えしている「韓国新型コロナ禍」数値、昨日(今朝発表)は、5842人でした。前週に比べ1470人減少した数値となります。重症患者が(現状)1105人となり、昨日1日で死亡者も105人発生しました。このまま落ち着くのか、ここから特に重要な時期になるでしょう。

で、本題です。韓国政府が、繰り返して「外交的不参加は検討していない」と話しました。匿名政府関係者の発言には、一部のメディアで「時間、場所、記者『たち』に会って~」という書き方をされたものは、信憑性が高いと言えます。今回も政府公式発表ではなく、その類となります。以下、各紙から引用してみます。<<>>が引用部分となります。

 

<<日本が来年2月に開かれる北京冬季オリンピックに対し、事実上の外交的不参加を決めた。韓国は、中国側に「北京オリンピックの成功を祈る」という見解を明らかにし、外交的ボイコットを検討しないという従前の立場を再確認した。米国の主要アジア・太平洋地域同盟国のうち、外交的不参加に相反した立場を見せたことになり、韓国が米・中覇権競争の中で、中国に傾くという印象を与える恐れがあるとの指摘が出ている・・

・・(※日本の外交的不参加について書いた後)これに対し、外交部当局者はこの日、「韓国政府は外交的ボイコットについては検討しないという立場」と話した。これは、終戦宣言に対する中国の支持を確保するためのものと思われる。外交部はこの前、4年半ぶりに開かれた韓中外交次官戦略対話で「両側は終戦宣言を含め、朝鮮半島平和プロセス再稼働のための協力案について意見を交換した」と明らかにした。しかし、中国は韓国の北京オリンピックの支持事実だけを浮き彫りにしただけで、終戦宣言については言及しなかった・・(韓国経済>>

 

<<24日、日本政府が北京オリンピック外交的不参加を事実上宣言した中、韓国政府は不参加に距離を置く既存の立場を繰り返した。この日、外交部当局者は先に開かれた韓中外交次官戦略対話の結果を説明するため、記者たちと出会った席で、日本の外交的不参加をどのように評価するかという質問を受けた。この当局者は「韓国の立場は、ご存知のように、いろんな場で明らかにしたように、外交的不参加に関しては検討していないということだ」と話した・・(ニューシース>>

 

韓国側のメディアは、「これは日本の右翼によるもの」とし、アベガー記事も増えました。中央日報は「安倍に25分会って不参加を決めた岸田」という題の記事で、<<去る23日安倍晋三元首相に25分間会った岸田文雄首相が、それから一日で北京冬季オリンピック「外交的不参加」を決定した。去る6日、米国が中国の人権問題を理由に外交的不参加を公式宣言した後、岸田首相は、「適切な時期に韓国の外交観点などを考慮して国益に応じて自ら判断する」という言葉だけ繰り返してきた。 21日の記者会見でも関連質問に「当分の諸般事情を総合的に考慮して判断する」と慎重な立場を維持したことがある・・>>としています。

他にも、聯合ニュースが佐藤正久氏や高市早苗氏の名前を出しながら「自民党内強硬派の圧迫によるもの」と報じています。しかし、聯合ニュースは同記事で、<<・・一方、中国は、日本の外交的不参加表明に対して、直接的な非難をせず、控え目な反応を示した。趙立堅(チャオ・リーチェン)中国外交部スポークスマンはこの日定例ブリーフィングで関連したコメントを求められr、「中国は、日本のオリンピック委員会関連人士と日本選手たちが中国に来て北京冬季オリンピックに参加することを歓迎する」と答えた。中国の反応も、今後の日中関係を意識したものとみられる>>と、中国側の反応を「意外だ」というニュアンスで報じています。

 

 

ツイッターにレナの写真を2枚載せました。ドール写真が苦手でない方は、ぜひご覧ください

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5