米国、韓国の「戦略的曖昧さ」対策か・・「韓米連合軍の作戦計画(OPLAN)対象に中国を含ませろ」

一つ前のエントリーとわざわざ合わせたわけではありませんが、米国が在韓米軍+韓国軍の作戦計画(OPLAN)に、中国を対象にした作戦計画を樹立しろと韓国を圧迫しています。見方にもよりますが、これは、中国を事実上の『敵』に設定する意味になります。韓国の「戦略的曖昧さ」を根本的に潰すための対策ではないのか、そう思われます。

去年12月25日VOAインタビューで、初めてこのことに言及したのは、前在韓米軍司令官ロバートエイブラムス氏です。そして、今日、デイヴィッド・スティルウェル(もと米国務省東アジア太平洋担当次官補)氏がまた、東亜日報とのインタビューでこの問題に触れました。東亜日報は、これが米韓関係において新しい外交懸案になるだろう、との指摘も紹介しています。以下、朝鮮日報と東亜日報から連続で引用します。各紙、<<>>が引用部分となります。

 

<<ロバート・エイブラムス前駐韓米軍司令官兼韓米連合司令官が、韓米連合軍の作戦計画(OPLAN)に中国対応案が盛り込まれるべきだと主張した。今年7月まで国連司令部・連合司令部・駐韓米軍を率いた米軍首脳出身の人が、韓米の戦争のための計画に対中作戦を含めるべきだと公論化したのだ。これは、中国を事実上、韓米の『敵』として規定するという意味だ。米中紛争が軍事的衝突になるのではないかとの観測が出てくる状況で、米国が、韓国に「同盟軍」としての役割を圧迫しているという解釈も出ている・・(朝鮮日報去年12月27日>>

 

<<デイヴィッド・スティルウェル前国務省東アジア太平洋担当次官補は、2日(現地時間)東亜日報とのインタビューで、韓米が最新化すると合意した連合作戦計画(OPLAN)について、「中国によってもたらされる長期的な安保問題にも対処できるようにならないといけない」と明らかにした。韓米連合軍の作戦計画に、北朝鮮だけでなく、中国の脅威に対する対応が入るという意味だ。韓米外交情報筋たちの間では、この問題が韓米同盟の新たな争点に浮上するという展望が出ている。

特にスチールウェル前次官補は、米中衝突の核心として浮上した台湾問題と関連しても、(※台湾問題に韓国が寄与すべきだと思うのか、という質問に)「なぜ台湾防衛に韓国が寄与しなくていいと思っているのか」と反論した。スティルウェル前次官補は、米国合同参謀本部アジア担当副局長を経て、ドナルト・トランプ政権時代の2019~2020年、韓国など東アジア太平洋地域外交政策を総括する東亜太次官補を歴任した・・

・・(※以下、韓国の「戦略的曖昧さ」についての部分です)「『私たちに、米国と中国のどちらかを選択させないでください』という陳腐な話を、よく聞く。韓国は、民主主義と人間の尊厳性、法治主義を約束した時、すでに選択をしたのだ。中国を怒らせないことと、韓国と韓米同盟の利益を保護することの間で選択をするときは、安全保障分野だけではなく同盟協力全体の枠組みで理解しなければならない。

米国は日本に続き、韓国に二番目に大きな投資をする国家だ。米国と日本は韓国内外国人直接投資の40%を占める。中国は3%程度だ。米国企業は着実に韓国と手を取り、韓国が今世界で影響力を発揮する産業を発展させてきた。1960~1970年代フォードは現代と提携し、1970~1980年代韓国の半導体産業に始動をかけたのはモトローラとテキサスインスツルメントだった。これは、感謝しろという話ではなく、二つのまったく異なる経済協力アプローチに対する話だ。一方(韓米協力)は相互利益となる関係で、もう一方(韓中協力)は略奪的な関係だ・(今日、東亜日報>>

 

象徴的な問題ですね。いままで在韓米軍は「対北朝鮮専用」としてきましたが・・この作戦計画の話は、北朝鮮と中国、米軍と韓国を明確に『分ける』象徴的な案件になるでしょう。もちろん、韓国が素直に応じるはずはないと思いますが、そんなスタンスが、さらに米韓関係を崩していく、そんな悪循環になるでしょう。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5