韓国人がもっとも信頼する国家、信頼しない国家

メリークリスマス(錯乱状態のシンシアリー)。ちょっと忙しいけど問題ありません。更新行きます。

1000人規模の小規模ではありますが、「韓国人がもっとも信頼する国は」「韓国人が協力すべきと思っている国は」などの調査がありました。日本に関することもいろいろ書いてあるので、紹介します。以下、中央日報です。いつものことですが<<>>が引用部分となります。

 

<<韓国人が最も信頼する国家は「米国」であると調査された。中国と日本は最も不信する国に挙げられた。ソウル大アジア研究所は12日、「アジアブリーフ」最新号に掲載された「2021韓国人のアジア認識アンケート調査結果分析報告書」でこのような結果を公開した。研究所は。昨年12月、成人男女1031人を対象に米国、中国、日本、フランス、オーストラリア、ドイツ、タイ、ベトナムなど主要国20カ国に対する好感度を尋ねた。

その結果、回答者の71.6%(複数回答)が「信頼できる国家」として米国を挙げた。一方、日本と中国はそれぞれ13.3%、6.8%で、調査対象20カ国のうち最下位を記録し、韓国人が最も不信する国家に挙げられた。日本とはまだ解決されていない過去史問題、中国はTHAAD配置に対応した「限韓令」などが反感を呼んだものと解釈される。

「韓国が最も協力すべき国」を問う質問にも、最も多くの回答者が米国を挙げて69.2%に達した。中国は6.9%、北朝鮮は6.5%を記録して最下位圏にとどまった。日本は1.1%で、北朝鮮より低い数値を記録した。「韓国と良い関係だと思う国家」「韓国に肯定的な影響を及ぼす国」を問う項目でも米国は1位を占めたが、中国と日本は最下位圏だった。

20の主要国に対する好感度を0~100の間で選ぶようにすると、米国が65.9で最も高かった。続いてスウェーデン(59.5)、ドイツ(58.1)、フランス(57.3)などヨーロッパ諸国とオーストラリア(59.2)などが上位圏を占めた・・・・一方、韓国の周辺国である中国(35.8)は18位、北朝鮮(33.8)は19位、日本(33.6)は20位となった。 南アフリカ共和国(45.0)、ガーナ(42.2)など、アフリカ諸国よりも低い数値だ。

キム・ヨンホ アジアブリーフ編集委員長は「『東北工程』とTHAAD配置による限韓令などで中国との葛藤が続いて反感も大きくなった」とし「これにより中国に対する信頼度と協力関係などすべての指標が非常に否定的に現れた」と分析した。続いて「米・中競争が深化し、アジアが地政学的要衝地として浮上した状況で、こうした結果は政策的含意が大きいため、韓国の対外政策樹立に参考にすべきだろう」と話した>>

 

日本に関するデータは、当然の結果だと言えるでしょう。反日の中でも、韓国内でかろうじて維持されてきた『安保においての仲間』『自由民主主義陣営』などの概念が、2000年代になってから急激に崩れましたから。もう友好国だと思う人もそういないでしょう。国際情勢において『日本は韓国を友好国だと思っていろいろ譲るべきだが、韓国は日本を友好国だと思ってはならないし譲ってもならない』という考えは、これからもっと強くなっていくでしょう。

最近、中国に関して国民感情が悪化したという話をよく聞きますが、同時に中国を『恐れている』側面もあります。『米中の間で戦略的曖昧さを維持すべき』が6割もある別の調査結果が、ちょっとした論拠になれるでしょう(過去エントリー)。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5