ネットの噂話・・「『韓日戦』にする以外に、隊列を整備できる方法が無い」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

日曜だし、天気も思わしくないし、ネタも無いし、ブログに載せるほどのレナの写真も無いし、今日は韓国のネットで出回っている『理解しがたい親文(文大統領支持者)の世界観』を紹介します。書いた人が誰なのかはわかりませんが、親文である「鄭教授」という人物から2時間以上も聞いた・・聞かされた話だそうで、18の項目にまとめられています。1つ前の韓日戦ネタも入っているので、雑談のつもりでお読みください。

 

1・自由韓国党(※党名変えましたが、時系列的に自由韓国党となっています)を除去するのが最優先順位

2・両党体制になると仕方なく民主党を選ぶだろう

3・今回の選挙は韓日戦だ。これ以外に隊列を整備できる方法が無い。方針は確実で、日本関連の話題が3月のマスコミを支配することになるだろう

“ネットの噂話・・「『韓日戦』にする以外に、隊列を整備できる方法が無い」” の続きを読む

「制度的に民主化されても、直らないものがある」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

前は、韓国内でも「ウリ文化の問題」、「恨(ハン)の問題」などなど、右派か左派かに関係なく、日本も関係なく、韓国社会の「捨てるべき問題」、言わば真の積弊を何とかすべきだとの声が盛り上がっていました。シンシアリーとして書いてきた内容も、それらの声に助けられた面は、大きいです。ですが、残念ながら、最近、そういう資料を見つけるのは容易ではありません。

そんな中、2018年のもの、しかもローカルメディア、しかも初耳のサイト、ではありますが・・・久しぶりに左右関係なく、日本も関係ない、そんな問題提起記事を見つけました。最近の韓国では超レアもの記事です。以下、「大田トゥデイ」に載っている慶熙大学社会学部ソン・ジェリョン教授の寄稿文、部分引用して紹介します。 “「制度的に民主化されても、直らないものがある」” の続きを読む

大韓民窟と大韓米国

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝から雑談エントリーです。

有名政治家たちが、芳名録に誤字が多いという指摘です。本ブログほどじゃないでしょうけ(恥)。百歩譲って漢字ならまだわかりますが、ハングルの誤記が多いそうです。ハングルネタが多いですが、分かりやすく訳してみます。

<正しい未来党のアン・チョルス(安哲秀)元議員が20日、政治復帰後初の公式日程で芳名録で誤記した。通常、単純なミス、または古い習慣のせいではあるが、国民の関心を集める政治家たちの誤記は、さまざまな議論を呼んだりもする。

“大韓民窟と大韓米国” の続きを読む

王のせいではない

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

1928年3月29日の東亜日報に、東亜日報が独自で計画していた「文盲退治」キャンペーン関連の記事が載っています。このキャンペーンのため、無数のポスターと、少年軍数千人の行進、飛行機からのビラ散布などを計画していた、とも。でも、このイベントは警務局によって中止となります。その理由は、「ポスターが共産主義っぽい」「少年軍の行進って、何考えてるんだお前ら」などなどです。東亜日報もこれらの理由を紙面で説明し、中止に同意した、期待してきた人たちに申し訳ない、と書いています。

ですが、その中に、こういう内容が見えます。「朝鮮の中の8割の人が、文の盲人さんである」。ここでいう「文」とは、国文(ハングル)のことです。

“王のせいではない” の続きを読む

ネタ・エントリー

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

すみません。ニュースチェックちゃんとせず、これ書いて寝ます。雑談のような内容だと思ってください。

記念鋳貨で北朝鮮の動きを説明するユニークな説明会がありました。北朝鮮の、去年末に発行された記念鋳貨(記念硬貨)に、ICBMと移動車両(移動式ミサイル輸送・起立発射台)が描かれていることが明らかになりました。

キャプチャー画像:KBS

https://news.v.daum.net/v/20200103152945592

“ネタ・エントリー” の続きを読む

雑記

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

アニメの「海外展開」が1兆円を超えたというニュースがありました。違法動画ばかりだったネットでも、ちゃんとお金が入るインフラが増え、動画DLも順調に増えつつある、とも。海外「展開」の範囲がどこからどこまでなのか分かりませんが、ソース記事では関連グッズの話が無いので、それらが含まれているかどうかも気になるところです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216261000.html

 

いまはこのように大きな市場が出来ている日本アニメですが、まだまだ欧米で日本のアニメのノーカット(現地でテレビ放送されたものではなく)版がDVDで発売されるのが珍しかった頃、詳しくどこソースだと言い切れない、「聞いた」だけの話です。

欧米で日本のアニメに英語字幕を入れるとき、「いただきます」をどうすればいいのかで結構論争があったそうです。なんで論争になったのかというと、適切な文章が思いつかないからです。

“雑記” の続きを読む

ダークな話

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

本テーマに合っているのかどうか自信ありませんが・・雑談カテゴリーで更新します。

インターネットの「地下世界」とされる、ダークウェブという領域があります。なぜか中央日報だけ「ダークネット」としていますが、普通は「ダークウェブ」と言います。

米英など32ヶ国の警察が協力して、ダークウェブで暗躍していた児◯ポ◯ノ取引を捜査、337人を摘発・逮捕しました。ダークウェブ上の◯童ポル◯は、単なるエ◯サイトではありません。AFPによると、少なくとも23人の未成年者を救出した」とのことです。

その中でももっとも悪質とされるものが、それらの動画を販売する役でもあった、W(すでに閉鎖済みですが、サイト名は伏せます)というサイト。独自ブラウザーや仮想通貨による決済などで正体を隠していたため、なかなか追跡が難しかった、と言われています。

“ダークな話” の続きを読む