行った人、行ってない人

今日は、ちょっとマイナーですが、韓国の諺を一つ紹介しましょう。

「ソウルに行ったことある人と行ったことない人が喧嘩をすると、行ったことない人が勝つ」です。

ソウルというのは後で改変されたもので、もともとは「南大門行ったことある人と~」だったそうです。多分、ソウルという言葉が出来る前からあった表現なのでしょう。

まだソウルだの南大門だのというのが「死ぬ前に一度みてみたい」憧れの的だった頃、ある田舎の人Aが、思い切ってソウルに行ってきました。

 

ソウルって凄いな。あ、あれが南大門か。Aはとても満足しました。ここでいう南大門というのは、建造物そのものより、繁華街(市場などが集まった、当時ソウルの代表的な繁華街)という意味にもなります。

 

村に帰ったAは、人たちにソウルのことを話しました。ソウルに行くとこんなものがあって、あんなものがあって、南大門にも行ってみた。凄かった、と。

 

でも、ソウルにも南大門にも行ったことない村人Bが、「それは違う。デタラメだ。南大門は別のところにある」と反論しました。

 

Aは「えっ、何を言う。僕が見てきたんだぞ?」と言いましたが、無駄でした。Bは「嘘だ。間違いない。僕が知っているのと全然違う。Aは嘘をついている」と必死に反論し、喧嘩になりました。

 

そういう場合、なぜかBが勝つ、という意味の諺です。

 

いつだったか、韓国人は「知り合いの教授から聞いた話しだが」「有名な論文から読んだ」「~から聞いたから間違いない」などという話法をよく使うと書いたことがありますが、それも同じ類の「勝因」です。

 

韓国人は、そんな話をすぐ信じてしまいます。「自分で見た」より、そんな類の話のほうが、認められやすいです。

 

 

幼かった頃から上下を比べる社会になれているせいか、どうしても「上か、下か」で物事を考えているため、誰かと比べて、自分のほうが上でないと、自分自身に「自信」という言葉を適用することすらできなくなっています。

だから、韓国人が自分に自信を持つためにもっとも手軽な手段は、誰かを罵って、見下して、誰か別の人の格を下げることです。そうすれば、自分の格が上がると信じ込んでいます。同時に、相手の格が上がると、自分の格が下がると信じ込んでいます。

 

そう考えると、韓国で力を発揮する「格上」は、虛張聲勢(空威張り)、または自画自賛、または嘘とともに存在できるのかもしれません。

 

実際の力を身につけるより、そのほうが「勝つ」から、格も上がるわけです。

 

 

でも、不思議ですよね。なぜそんな喧嘩でBの勝ちになるのでしょうか?

 

理由はいろいろあるでしょう。単にB(行ってない人)が必死になってジタバタするから勝ちになったかもしれません。単に周辺の人たちが、Bのような話法に騙されやすいだけかもしれません。

 

 

ただ、本ブログなりにその理由を、あくまで「一つの見方」として書いてみますと・・・・

 

 

まずはここで「勝ち」ってなんなの?と考えて見る必要があります。

それは、「Bの意見が、周りに認められた」としていいでしょう。

 

すなわち、村人たちの、少なくともその場に集まっていた人たちの間で、ある種の総意が出来上がったわけです。Bが本当を言っている。A(行ってきた人)は違う、と。もちろん、その中でソウルに行ってきた人はAだけです。

 

じゃ、なんでそんなものが総意になれるのか?それは、ソウルに行ってきたAが、他の人たちから「妬まれたから」です。

 

「韓国人による末韓論」にも書きましたが、反共と反日はどちらも韓国の国是ですが、反共は右派と左派で意見が分かれているものの、反日は文句なしに国民の総意でできています。

 

反日には、日本への妬みと恐れが大いに作用しています。それと同じ心理であるわけです。

 

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

“行った人、行ってない人” への19件の返信

  1. アメブロから居なくなってしまうのは
    寂しさをを感じます
    こちらの方が使いかってが良いのでしょうか?

  2. 転居お目出度うございます (^ω^)

    アメブロでも考察が進んでますが、
    勝つ原因が「妬み」だとして、
    私も諺の意味(または教訓)が気になりますね、
    「勝った方が正しい」ではちょっと変ですから、
    単純に「嘘吐きが勝つ」で良いのでしょうか?

  3. アメブロさんから、「シンシアりーさんのブログ更新」
    勇んで拝見しました。

    初めから、アドレスクイック↓とあるのに……
    アメブロさんのようにグーグルさんから連絡があるものと、思い込んでおりました。真に恥ずかしい限りです。

    今後のご活躍を願っております。また、次回のご本楽しみにしております。

  4. コメントはご無沙汰しております。若鶏のぶっちぎりです。著書の方は、有り難く拝読させていただいております。今後のご活躍を楽しみにさせてもらってます。……日本的に思いを…に込めて、ガンガレ!応援しております。

  5. アメブロから移動おめでとうございます。
    まぁ、最近は何をトチ狂ったのかブログを一方的に消すのがアメーバーらしいので、良い選択だったかなと思います。

  6. 朝鮮論法 = 人前で君に『知らない』と言わせて見下したいだけ

    国会でもさかんに朝鮮論法を仕掛けるのがいますね。
    クイズ王「小西洋之」民進党 参議院議員千葉選挙区

    上下関係に以上にこだわる朝鮮人気質だったんですね。

    1. タマキンとかも香川で通るんだろうな。パコリーヌが当選したら驚きです。

コメントは受け付けていません。