「臓が捻られる」とは?

韓国のネットには、「ヨムジャンをつける(염장지르다)」という俗語があります。

例えば、欲しいゲームがあるのに買えないでいるAくんに、友だちのBくんからメールがきました。「そのゲーム買ったよ!超おもしれー」と。すると、Aはこう返します。「ヨムジャンつけるんじゃねーよ!w」。

冗談みたいに使われる表現ですから、今日は、別にその表現そのものについて書きたいわけではありません。気になるのは、ヨムジャンの語源です。これ、韓国のネットでも意見が分かれています。

 

ここから「続きを読む」の後になります

響きからして漢字の韓国語読みなのは間違いないですが、ヨムジャンっていったい何のことか?

賢者(と書いて廃人と読みます)たちが知恵を集めてその語源を調べたみたいですが、その候補として上がっているのは、以下のようです。

鹽藏(ヨムジャン)説。囚人の傷に、鹽藏(塩など)をつけて痛みを増やす刑罰があったそうで、そこから来たという説。

心臓説。心臓を昔はヨムジャンとも呼んだため、心臓を直撃したという意味になる。

三国時代(高句麗、百済、新羅の時代)に、裏切って自分の上官を殺した武将の名前「ヨムジャン」から来た言葉だという説。

それっぽいけど・・私は、この話を聞いてちょっと意外でした。いままで、「捻臓(ヨムジャン)をつける=臓器を捻る」だと思っていたからです。

韓国では、昔から、「内が捻られる」という表現がありました。不愉快なことがあった場合、その怒りをどうにもできないから、内(臓器)が捻られて死にそうだという意味です。これは、悔し過ぎで吐きそうになる、または何も食べることができなくなるから、臓器が捻られると言われています。

だから、その表現が「捻臓をつける=臓を捻ってくる」になったと思っていたのですが。

 

どちらにせよ、この「捻臓」という言葉は、ある意味では「恨」の結果として現れるものではないでしょうか。

ソース付きの話ではありませんが、呪い殺す勢いで他人に「恨」をぶつけても、結局、病気で倒れるのは他人を恨んだ人自身であり、病気になる際、「食飲を全廃する(何も食べない)」と「吐き出す」現象が多く見られるというから、

韓国社会を現すにしては、意外と的確かもしれません。「臓が捻られる」。なにげに恐ろしい表現ですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“「臓が捻られる」とは?” への32件の返信

  1. 日本人だったら、持ってない子に自慢しないし、持ってない子も妬まない。
    と思うんだけど。

    韓国人が韓国人化するのは小さい時からの親の教育なんだろうけど、川に落ちた犬は棒で叩けとか、心臓に塩を塗るとか、私にはワケわからないです。

    シンシアリーさんの本を読まなかったらどうなっていたんだろう。
    まさかそんな事しないよね、という非常識を平気で越えてくる隣人。
    敵を知る事で自分を守る事の大切さを 教えてもらいました。

  2. >「臓が捻られる」
    と聞いてまず連想したのが
    笑いすぎておなかが痛い「お腹が捩れる」
    酒などをかっくらって「五臓六腑に染みわたる」
    腸が千切れるような苦しさを伴う「断腸の思い」

    本邦、心や気持ちの意味で「腹」を用いた慣用句はたくさんあるんですけれど、内臓捻じれるほどのものは、あまり気軽に使わないですかね。
    病気になる程なのは「文化依存症候群」として定義されたあれですかね。捻じれたまんま、塩を刷り込まれて鼓動が乱れる程になっても発散できない状況、裏切り者の名前以外は全部盛りでも間違って無さそうですね。

    1. 「安倍 心臓!」 ヽ(´ー`)ノ ドヤッ

      ヽ(´ー`;)ノ シーン

      ヽ(;´ー`)ノ ・・・

      |ミ  サッ

      1. それ捻じっちゃアカン( ゚Д゚)┌┛Σ(´Д`)・∵.
        貫蔵、心蔵、あと陣蔵だったかな一家を思い出したり

  3. 日本で言う「傷口に塩を塗る」に近い意味ではないでしょうか。
    「つける」という動詞を伴う使い方は、時代を経てもそうそう変化しにくいと思います。
    他の説と比べ、私は「鹽藏」説が有力だと思います。

  4. 元の漢字が分からない・・・というところが韓国らしいな、と思ってしまいました。ハングル(日本でいうなら平仮名)だけだと不便なこともありますね。

  5. イルベをちょっと覗いたら西岡力氏による「韓国の20代と30代の特徴」という
    投稿がありました。あまりに簡潔、明快、かつ的確だと感じ入りました。
    • 現実を直視をできない
    • 忍耐力がなく、身の程を把握できない
    • 自己過信と自己卑下の極端を行き来する
    • 現在の自分の原因に対する責任を外部に転嫁する
    • 進歩左派性向の政治家たちの扇動に簡単に乗る
    • 女性たちは病にかかっていて、男性は思春期の頃のトラウマとコンプレックスから抜け出せずにいる
    • あらゆる社会的活動を親の経済力と人脈に依存していながら、既成世代を非難する
    • 社会問題や政治問題に対する認識レベルが一次元的で近視眼的である
    • 自分の職業に対する満足は、自分の責任ということを分かっていない
    • 上位少数者の生活と外見のレベルを平均的なものと勘違いしている
    • 個人の観点から始まった相対的剥奪感の解決を政府と社会指導層に要求する

  6. 臓器と言えば、日本人の場合は心ときめく事があってハートを鷲掴みにされたとか、我慢に耐えながら頑張り過ぎてストレスがピークに達してお腹が痛くなったり、笑い過ぎてお腹が痛くなったりって感じで、恨んで臓器が捩れることは無いなと思いました。
    もしあったら腸捻転とか病気でとか、藁人形で呪われて?!あるかないかだと……。

    捻じれるぐらいに恨むなんて韓国人の恨は凄まじいなと思います。
    人を恨むことは良くないことって思う人が大半だと思います。
    人を呪えば自分に跳ね返ってくるとかそんなことをよく耳にしましたし……。
    恨みすぎて健康を害してしまうなんて自分が損するだけでなんの得にもならないって思えますが、韓国人の感覚では違うのでしょうね。

  7. まあ日本でも「腸(はらわた)が捩じ切れる思い」てな表現は有る事は有るな。
    まあ日常的に軽く使うような言葉じゃないが。

  8. 初めまして。書店でバイトをしているおばさんです。
    おととい、仕事帰りに初めてシンシアリーさんの本を手に取りました。
    「なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか」
    です。少し読んでみたら、面白そうだったので早速購入し、仕事休みの今日、一気に読んでしまいました。
    もう10冊目なのですね。11冊目が待ち遠しいです。
    それまでは既刊本と、ブログを読んで、新作お待ちしております。

    シンシアリーさんが、日本に滞在するようになって、ガッカリする場面にも遭遇しているかもしれませんが、日本を好きなままでいて欲しいなと願っております。

    1. ちょうど読んだ本が表示されていたので、コメントしてしまったのですが、コメントする場所を間違えたようです。
      記事に対するコメントじゃなくて申し訳ありません(ーー;)

  9. >韓国では、昔から、「内が捻られる」という表現がありました。不愉快なことがあった場合、その怒りをどうにもできないから、内(臓器)が捻られて死にそうだという意味です。これは、悔し過ぎで吐きそうになる、または何も食べることができなくなるから、臓器が捻られると言われています。

    韓国人は、悔しいときによく「お腹が痛い」と表現します。
    典型的な「火病」と理解していますが、誤りでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。