米軍、フレイムレジスト戦闘服の情報を韓国と共有せず?

なにか悪いものでも食ったのか、それともやっと良いものが食えたのか、最近、世◯日報が「韓米同盟を疎かにしてはいけない」という趣旨の記事を多く書いています。

この記事は二日前のもので、在韓米軍が戦闘服をフレイムレジスト(フレイムレジスタント、難燃)戦闘服に変えることにしたけど、その情報を韓国軍とは共有してなかった、というのです。

記事は、「フレイムレジスト戦闘服は戦場に投入される軍人にだけ支給するもの」で、「その象徴的な意味は大きい」としています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<在韓米軍司令部が今年、在韓米軍2万8500人全員の戦闘服を火に燃えない難燃(Flame Resistant)戦闘服に交換する計画を韓国軍は知らなかったことが確認された。難戦闘服が持つ意味と象徴性を考慮すると、韓米軍当局間の協力に問題があるではないかという懸念が出ている・・・軍の消息筋は(在韓米軍が)そのような決定を下したことをまったく知らなかったという。消息筋は「知らない人には、在韓米軍の戦闘服の交換まで私たちが関心を持たないといけないのかと思われるかもしれないが、フレイムレジスト戦闘服は、米軍が戦場に投入される兵士たちにだけ支給してきたものである。この点を考慮すると、非常に敏感な問題である」と伝えた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180202184708199

 

記事によると、韓国軍のフレイムレジスト戦闘服はほとんど普及していない、とのことです。

 

明日は、レナとちょっと遠くまで行ってきます。うまくいけば夜に写真でも載せてみます

(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

NEW! ・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が2018年2月23日に発売です!

「Voice」3月号(2月10日発売)に寄稿文が載ることになりました。文在寅政権と慰安婦合意関連の内容となります

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

173+

50 Replies to “米軍、フレイムレジスト戦闘服の情報を韓国と共有せず?”

  1. これにはちと驚きました。
    「すくなくとも半年ぐらい準備にかける」とは聞いていましたが、
    アメリカやる気まだあるのかなぁ?と、疑い始めた所でした。

    そんな戦地限定装備が、実装されつつあるのですか。まさに軍靴の音www
    そして米軍の本気をこのブログで初めて実感する みかん☆(;´Д`A

    military番組で、火達磨映像をみたような…あれかしらんw

  2. ソースが世◯日報で事実関係が不明と思っていたが,MBNからニュアンスを落とした記事,ヘラルド経済は無関係,進歩党の機関紙ともいわれた民衆の声には誤報との記事があった.

    元記事の支給という表現には不明な点がある.第8軍全体を対象とするなら支給ではなく供給が適切だろう.また,それは最近始まったのだろうか.

    米陸軍はUCPからOCPへ更新中なのだが,移行期間は2015年7月~2019年9月末だ.FRACUはOCPの選択肢として供給されている.

    個人的な見解としては,在韓米軍内でOCPを購入する際,FRACUの選択者が多くなっている,という話なのかも・・ と思ふ.

    補足:
     ACU: Army Combat Uniform
      2005年より使用されている米陸軍用戦闘服の名称
     FRACU: Flame-Resistant Army Combat Uniform
      生存性を高めた米陸軍の難燃戦闘服,コストが高い
      兵士が選択的に購入し着用する「権利」がある
      アフガンではUCPで試験的(?)に支給された
     UCP: Universal Camouflage Pattern
      汎用性を意図したACU初期のデジタル迷彩パターン
     OCP: Operational Camouflage Pattern
      不評だったUCPを更新することになった新迷彩パターン

    参考:
     在韓米軍は陸軍が主体であり,海軍と海兵隊員は少ない
     海軍と空軍が多い駐日米軍とは構成が異なる

    余談:
    自衛隊のヘリが墜ちた.亡くなった方にはお悔やみ申上げるのだが,事故前に予防着陸した米軍の方が危機での対応が徹底されているのかも・・ と思うのは私だけだろうか.
    どちらにせよ,稼動率が高くなり事故が起きやすくなっているのかも知れない.確率的にゼロにはできないのだが,不測の事態が少なくなることを願う.

  3. 朝鮮日報の記事
    米副大統領「戦略的忍耐の終わりを伝えるために平昌へ」

    だってさ。
    最後通牒をなぜか同盟国である韓国に突きつけに行く米国、、、www

    パククネは戦後にさっさと解放されるかもしれませんね。
    ムンジェインはどういう人生の終わり方をするでしょうかね。

    1. みみずく岩で盧武鉉が手招きして待ってるんじゃないですかねー

  4. 何を言いたいのかわからなかったけれど、難燃性の戦闘服が必要な時って、想像するに燃え盛る炎の中で仕事するとか?
    書かれていないので想像域でしかないけれど、例えば、「火の海になった街の中で救護活動する」などという時の服なのかな?

    そんなふうに想像したとすれば「なぜアメリカ軍は難燃性の戦闘服を用意したことを事を公表しない⁈」といっても「ふむふむ」って感想。
    いよいよなのか?

    1. 消防みたいな耐火・防火・耐熱服じゃないからね、勘違いしませんように。

      要は火が付きにくい、日本でもいろんな施設のカーテンに使われてたり、エプロンの素材になっていたりだと思いますよ。
      火の中での救護とかの火炎内の活動じゃなく、砲弾等の飛び火とかによる引火を極力減らすのが目的だとおもいますよ。

      1. そりゃあ、消防士さんが着るようなギンギラの服は戦地で着れないでしょう。目立ってしまいますし。
        想像したのは、東京大空襲のような状態ですね。
        あちらこちらの家々に火が付き、火の粉の降る通りを歩き、在韓アメリカ人を援護しながら基地まで連れて来て脱出させるとか。

  5. いよいよ 始まるかも知れない アメリカの本気が伝わってきます 韓国軍ノー天気過ぎる。

  6. 本題とは関係ない話ですが、昔、日本でデストロイヤーという名で活躍したアメリカ人のプロレスラーが叙勲されたというニュースが流れていました。

    彼は87歳ですから、最初日本に来た時は日本の印象はよくなかった。日本を憎んで育った。しかし、日本に来てみたら日本の人々は本当によくしてくれた。日本で学んだことは、過去「何が起きたか」ではなく、大事なのは「今、何が起きているか」ということだと話していました。

    こういう関係が作れて初めてアメリカの大統領が広島を訪問することも可能となったのでしょう。1000年経っても加害者被害者の立場は変わらないと言っているような国には、天皇が行くことはできないですよね。

コメントは受け付けていません。