堀井政務官、国連で「慰安婦問題はある新聞社の間違った報道が原因」

韓国の康京和外交部長官がまたもや国連で慰安婦がーと言い出した件に対し、日本の堀井学・外務省政務官が、スイス・ジュネーブのUNHRC(国連人権理事会)で次のように演説しました。

聯合ニュースの記事から部分引用します。

・「2015年の日韓政府間慰安婦の合意で慰安婦問題の解決が終わった」。「日韓合意は、国と国の約束であり、政権が変わっても責任を持って履行することが国際的な原則」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「日本軍と官憲にによる慰安婦の強制連行は確認されなかった」。「日本政府の調査では、慰安婦強制連行について確認が可能な資料はなかった」

・「強制連行されたという見解は、故・吉田淸治氏が捏造した虚偽事実」。「日本のある新聞社が吉田氏の主張を事実であるかのように大きく報道したことが(慰安婦強制連行の主張が)国際的に広がった原因だ」

・(演説後に記者たちと会って、慰安婦合意で国際社会で相手を非難しないことにしたにも関わらず、韓国側が慰安婦問題を持ち出したことを批判し)「国際社会で誤解が広がらないようにするために、政府の立場を再説明する必要があると判断した」

http://v.media.daum.net/v/20180228085331644?rcmd=rn

 

聯合ニュースはこの件を「反省を知らない日本~」という題で報道しています。なるほど、「知らない」ですか。

 

 

※今日(28日)は更新が鈍ることになると思います

↓3月3日の産経新聞に広告が載ります!

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“堀井政務官、国連で「慰安婦問題はある新聞社の間違った報道が原因」” への78件の返信

  1. 「反省を知らない」日本人ばかりではない。それが証拠に朝日新聞はこの堀井演説を全く報道シナイではないか。

  2. 発端は虚偽でも、その後、韓国政府が公式に事実だとし、自分は従軍安婦だったと証言する者がいる以上(内容が真実かどうかは別として)、韓国側の言い分が嘘だと証明しない限り、この言い訳は通用しないでしょうね。

  3. 日本政府はもういい加減言い方を変えるべき時期に来ていると思うのです。

    「日本側の調査では確認できる資料がなかった」だけでなく、
    「韓国側からも証拠となる物件や信頼に足る第三者による証言が提出されていない」と。

    今の言い方では悪く勘ぐる人には何か証拠があっても日本が隠しているのではと思われているのではないかと心配です。

    1. その言い方だと微妙にアウトかもね。
      自国内で学者さんか誰かがいう分には構わないかもしれないけどね。

      合意自体の賛否は、結ばれた当初から話題になっていましたが、韓国側の不履行や不誠実な対応を指摘する形をとることで、日本側の立場や見解を表明する機会を得られます。

      今まではそういうことをしてこなかったし、今後も韓国は合意内容を無視した態度に出てくるのは明らかですから、その都度、きっちり叩き返すようにしていきたいですね。

      ・日本側から率先して相手の立場を蔑める発言はしない。
      ・ただし、韓国側から合意の精神にかなわない言動や、国連の人権団体から言われのない非難をされるような場合、「誤解を解く」「説明をする」という立場で、堂々と発言してよい。

      上手に使えば、武器にもなり得ます。次政権以降も継続して対応できるかは、有権者の反応次第ですね。

コメントは受け付けていません。