基準がコロコロ変わるのは集団知性にはなれない

朴槿恵氏の弾劾の時、群衆(群集)心理について書きながら、ニーチェの言葉を紹介したことがあります。

「楽な生き方がしたいなら、群れを成さずにはいられない人たちと混ざって生きるがいい。自分という存在が無くなるまで」。

すなわち「自分の判断力を無くすこと」。考えるのをやめて楽になる。それが韓国の群衆心理の核心でもあります。

韓国では、 collective intelligenceを集団知性と言います。集合的であり、同時に知性のある存在を意味します。鳥の群れ、魚の群れなどからその集団知性を見つけることができます。

韓国では、集団知性といえば、二つの使い方が主流となります。一つは、主にネット上のものを意味します。例えるなら、ウィキペディアがその一つです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もう一つは、韓国の群衆心理を、集団知性とします。彼らは集団でありながら、同時に知性的だというのです。

しかし、そうなのでしょうか。ただ、自分で考えるのをやめ、いくつかの主観的な基準に極端的な反応を見せることで、「私は良い人だ」という自己満足を得ているだけに見えます。

それらの「いくつかの基準」こそが、韓国で言う「正義」や「良心」などという、いわゆる韓国式の善悪論の正体です。それは法律よりも上にあります。

こうして書いていると、韓国で言う善悪は、韓国で言う正義は、よくできたプロパガンダにすぎない、そう思わずにはいられません。

「プロパガンダ(propganda)は、合理的・論理的な手段を用いない。プロパガンダは、常に感情的で非合理的な反応を誘発させるため、人の本能を刺激する」。Jacques Ellulの言葉です。

 

善悪論に振り回される韓国人たちの姿が決して「集団知性」ではない最大の理由は、彼らの善悪の基準がコロコロと変わるからです。集団的な知性によって、知性が知性を尊重しながら作られた基準に基づく行動なら、そう簡単に基準が変わったりはしません。

 

「韓国人は統一を望んでいない」という話をよく耳にします。実際、そうでしょう。いまは、確かに韓国人は統一、詳しくは北朝鮮というものに対してある種の「抵抗感」を持っています。

でも、思いの外、それは短い期間で無くなるかもしれません。

これから、韓国では統一、連邦制統一(多分盧泰愚大統領が使った「連合」という名で呼ばれるでしょう)が、韓国の「善」として君臨するのでは、と思われます。

反共がどうとか言っていた人たちは、一気に非主流となり、「悪」となるでしょう。集団知性に逆らう愚かな「バグ」として。

 

韓国民の「総意」によって連邦制統一を迎える時は、意外と近い?かもしれません。

5年後か、それとも10年後か・・・左派政権がいつまで続くのか、カギになるかもしれません。

統一の後にも、政権が変わると「不履行宣言」したりするのでしょうか。「また分断で行こう!」とか(笑

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

164+

117 Replies to “基準がコロコロ変わるのは集団知性にはなれない”

  1. 集合知(collective intelligence)は、お互いに影響を受けない状態で、例えばアンケートのような形で個人の意見を聞いて、それを統計的にまとめる(平均化する)と、バランスのとれた判断になる、専門家の予測値より現実的になるといった事が、実験で検証されています。一方で、お互いに影響を受ける状態、話し合いのような形で合意形成すると、指摘されていたような集団浅慮や極端な意見走る集団極化という現象が起きやすいという事が、これも実験で証明されています。これは国や文化に寄らない一般的な傾向です。
    要は多様な意見があり、それが真ん中に収束する形が良い判断となるのでしょう。ま、誰も満足もしないが、極端に不満でもないという。

  2. ふーむ,面白い.
    他の方が指摘している groupthink との親和性をシンシアリー氏は承知のうえで触れていないように思う.

    文タンは「国民の集団的知性と共に取り組んでいきたい」
     [国民業務引継ぎ委員会対国民報告会] 2017.8.20
    とのたもうた.

    韓国での集団知性(Collective Intelligence)と集団思考(Groupthink)これを技術社会(The Technological Society)の論を用いて読み解くなら,知性と思考の乖離を説明できそうだ.

    勝手ながら,次著への期待としたいなぁ

  3. 「韓国では『統一』に抵抗がない人が増えている」
    国民情緒的には、そのとおりなのでしょう。
    しかし、それが「緩やかな連邦制」であったとしても、実現は難しいのではないでしょうか。

    具体的に「連邦化」のスケジュールや予算や制度設計を決めようとしたときに、話がまとまるとは思えません。
    全員が「自分にだけ都合の良い夢」を見ているのですから。
    各党派が、それぞれ自分たちの利益の最大化を図って、離合集散を繰り返すばかりで、話は一向に進まなくなるでしょう。
    そうやっているうちに、周辺諸国から支援を受けた「統一資金」はどこかに消え失せてしまうでしょう。

    唯一有るとすれば
    「何も細部を詰めずに『統一宣言』だけする」
    これだと、統一資金に加え「祝い金」まで貰える、というか、周辺諸国にせびりますね。
    そしてグダグダし続け、結局は、また分裂します。内戦まで有るかも。
    この場合も「統一資金」は、どこかに消えますね。

    「統一式典の準備費」
    「統一を祝って、世界中に『少女像』を建てるための費用」
    「日帝の侵略から統一朝鮮を護るための軍備増強費」
    「使途不明金」
    「使途不明金の調査費」
    「使途不明金の調査経過の調査費」
    「使途不明金の責任者に賠償させるための費用」
    際限が無い(笑)

    どこからも「統一資金」が出ないと「日帝のせい」ということにして、話は流れます。


    1. ・具体的に「連邦化」のスケジュールや予算や制度設計を決めようとしたときに、話がまとまらない。
      ・全員が「自分にだけ都合の良い夢」を見ている
        =自分に関係ない。
      ・自分たちの利益の最大化を図って、離合集散を繰り返し話は一向に進まない。
      ・支援を受けた「統一資金」はどこかに消える。
      ・「何も細部を詰めずに『統一宣言』だけする。
      ・統一資金に加え「祝い金」まで貰える、周辺諸国にせびる。
      ・グダグダし続け、結局は、また分裂します。
      ・内戦まで有る。

      この辺は違いないだろうと思います。
      「永世紛争地域の典型」ですね。

    2. 思いついたから、補足しておきます。

      1、日本が統一資金を出した場合
      →内紛が起こって、統一日程は進まない。
      →「内紛が起きたのは、日本が金を出したからだ!」
      →日本に「謝罪と賠償」を求める。

      2、日本が統一資金を出さない場合
      →「統一日程が進まないのは、日本が金を出さないからだ!」
      →日本に「謝罪と賠償」を求める。

      単純に「話が流れる」のではなく、いずれにせよ「日本ガ~」になるんですね。
      お詫びして訂正します。賠償はしません。

      1. 七誌さんの「断交ガー」「韓国ガー」の対極、というか韓国版。
        「統一ガー」「日本ガー」

        (´・д・)違いは?(`д´;)立ち位置かな?

        共通点:すべての問題を解決するという魔法の言葉。

        1. 七誌さんの「アレ」と、韓国マスコミ等の「アレ」は、同質のものでしょう。

          事実認定・用語・概念の不整合
          論点の飛躍・すり替え
          論理構成の破綻

          いずれも共通しています。
          これらの問題点を指摘されても、「自分の意見」を「正しい」と強弁するところ、しばらく経つと論破されたはずの同じ論を持ち出すところも同じ。

          鏡像反転でしょうか。
          鏡のあっち側とこっち側、みかげさんの言うとおり、立ち位置の違いだけです。

  4. 集団性知識ことばはよいが集団劣化
    よいりんごもただ箱に入れてをいても小さな傷のリンゴを一つ入れておけばすべて腐る
    日本の共助社会を見て集団性知識と勘違いしても仕方ない
    日本には天災とゆう共通の魔物がついている助け合わねばいけない
    中国・アメリカ・ロシアでも理解できない社会
    日本人にも説明できないキリ(謎?)
    説明できない    オチナイ

  5. 集合知(文殊の知恵)と衆愚(船頭多くして)の区別が付かないのは、頭が悪い

  6. 連邦で美味しいとこだけ取りとかやってる間に侵入されてそうですね

  7. 「韓国は統一に抵抗がある」というのは、もう昔の話のような気がします。知り合いが韓国留学していましたが、大学教授が外国人への講義で普通に「統一の必然性」について論じ、統一後の経済発展を信じて疑わない人も多かったと聞きました。

    集団的知性についてはよくわかりませんが、あれですよね、ムシロに巻いて袋叩きにあうモンソクマルイを見たら、よく知りもしない周りの人も一緒になって叩く(私刑)という集団知性の事ですよね(笑)

  8. 日本語と韓国語の違いかもしれませんが、同じだとしたら、集団知性という言葉の使い方が間違っていますね。
    集団知性なら、個人の認知バイアスが排除される仕組みになっていなくては成り立ちません。

    韓国のケースはgroupthink、訳すなら集団浅慮、または集団思考です。集団で物事を決める時に、個人での判断より失敗の確率が増えてしまいます。
    集団の結束が強く自信過剰の場合によく起きます。
    危機的な状況でも楽観視しやすいです。
    とんでもない方向に進んでいるのに、指摘する人が出にくいです。
    日本でも、会議で感じる人がいるでしょう。明らかにリスクばかりなのに、異論を言い出せない状況を。
    韓国は、絶対にgroupthink状態です。

    1. 「集団浅慮」
      実に適切な訳語です。
      腑におちました。

      これがさらに劣化すると
      「集団脊髄反射」になるわけですね。
      って、もうなってるか。

    2. >韓国は、絶対にgroupthink状態です。

      ああ、なるほど。
      groupthinkなら納得。

  9. 安心していいですよ。トランプが自分が勘違いしたいたことを、金正恩や文在寅に騙されたと激怒して北は詰みますから。
    詰んだ後にどうなるかは知りませんが、トランプが空爆して焼け野原になろうと、北の体制が攻撃されずも外貨喪失で崩壊して南が吸収しようとも、統一は掌返しますよ。100円札2枚賭けていいです。

  10. 韓国での歯科医の技術を日本で生かすには日本で資格を取り直さなければいけない・・・んですよね?
    シンシアリー氏はまだ若そうだし(←年齢知らないけど)いままでのキャリアがちょっと勿体ないな、なんて思ってしまいました。
    この記事と全然関係ないけど・・・(笑)

コメントは受け付けていません。