たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?

ヘル朝鮮とかいって韓国から出ていった人たち、いわゆる「逃避性移住」をした人たちの多くが、結局は現地でも適応できずに韓国に帰ってくる、という話をよく耳にします。

一応、似たような内容の記事が上がってきたので、紹介します。「外国に行ってみたら体の苦労、心の苦労・・逆移民、増える」という文化日報の記事です。

http://v.media.daum.net/v/20180313142028412?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、「逆」移民は2015年に2733人、2016年に2478人など毎年2500人前後で、外国に行く移民は2015年273人、2016年455人で、10年前の2005年(8277人)より大幅に減少した、とのことです。

それもそのはず、記事の事例を見ると、

「韓国であらゆるストレスを経験したが、今はその比ではない。移民者の私が良い仕事を持つのは難しい(アメリカ)」

「普通のアジアの男性としてどこに行っても真の歓迎は受けられない。目に見えない差別が人を狂わせる(ニュージランド)」などなど。

基本的に、「私のせいだ」という人はいません。「システム(移民先の国の社会)のせいだ」とします。

事例にて、「普通のアジア男性」というのが面白いですね。この人は、韓国人だからって、なにか特別な扱いを期待していたのでしょうか。移住先の国(社会)が韓国に合わせるべきだと思っていたのでしょうか。

 

韓国が「嫌いだから」では、どうにもならないと思います。移住先の国が「好きだから」という、「その国でないとダメだ」という覚悟が無いと。

自分が「特別」という感覚では、どうにもならないと思います。まずはその社会での「普通の一人」を目指し、普通として扱われることに感謝しないと。

「人楽」にも書きましたが、持論でもあり、経験談でもあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

187+

“たかがヘル朝鮮、されどヘル朝鮮?” への72件の返信

  1. 一度、外に出ることで韓国の良さを再発見できたのではないかと。
    韓国メディアもネガティブな面だけ強調することもないのでは。

    比較してるデータが適切なのかどうかはさっぱりわかりませんが。

  2. 逆に思うんですけど・・・。
    移民を挫折して、帰ってくると言う事は、そもそも「ヘル朝鮮」は存在しなく、本人の勘違いで国を出て行き、移民先の国でのトラブルを克服でき無かったので、帰国してきた・・・。
    そして、韓国社会で克服出来ずに「ヘル朝鮮」のママ・・。
    文ちゃん「公務員増やすとか、言ってなかった?。」
    そーか、赤化統一すれば、全員公務員だよね。(笑)
    赤化統一しか、道が無い・・・。(T_T)

  3. 〝移住先の国が「好きだから」という、「その国でないとダメだ」という覚悟…「普通の一人」を目指し、普通として扱われることに感謝〟

    シンシアリーさんだからこそ言える言葉ですね。

    「世の中に不満があるなら自分を変えろ」ってこういうことか。適応性を捨てて全てをシステムのせいにしはじめると、何をやってもどこに行っても何も変わらないのですね。

  4. 移民だからって特別扱いはしませんよ。

    それを差別って言ってしまうんだから・・・やれやれ

    1. ムーミン → 人気者
      イーミン → ではない

      (;`д´)差別イクナイ (・ω・;)ムリだって

  5. 自国内の移動であれ、土地柄というものがありますから多かれ少なかれ差異があるものでしょうに、国が違えば何をかいわんや。

    事例に挙げられたものを見れば、歓迎されて良い仕事が得られることを期待してたという。それにもまして元の記事では就職詐欺に触れているんですが記事の〆はその辺うっちゃって、他所も大変だからうまくいかない事もあるで終わっちゃったのが、もやもやします。

    他所行って挫折、失望なんてのは古今東西どこでもある話で、なにかと他所様が素晴らしいと褒めたたえる傾向が強かった頃の本邦でも割と見た光景だったかと思います。パリ症候群だの○味しんぼの人が逃げ帰ってきたりだとか。

    そういった垣根や差異を乗り越えてどこででもやって行ける、努力活躍する人とそうでない人との差はその人の資質と必要、頑張りの差かと思います。おっしゃる通り、動機が大事ですね。

  6. そうなんですよね。シンシアリーさんのように、その国が好きで、その国でないとダメだと思う気持ちがないと移民してはダメです。
    その国のダメなところも含めてその国で住みたい。その国のシステムや文化や住民に馴染んで、普通に生きたいと思わない人は、移民先の国の住民に嫌がられます。
    韓国、北朝鮮籍の方は他国に比べて、お姫様待遇を求める人が多いので、日本では煙たがられるんですよね。
    しかも3世になってもまだそんな人が結構いる。

    1. 在日特権を最大限利用する在日朝鮮人「辛淑玉:シンスゴ」が典型例ですね。それを献身的にサポートする反日左翼なりすまし帰化人ども!
      前から反日で日本人差別を商売にしていて、たいした特技すらない辛淑玉は、BPOの4億円の予算で、ドイツで貴族生活!
      儲かる反日はやめられないニダ!

  7. 地獄というのは
    居続けるよりも、出ようとする時、ずっと苦しいものです。

    韓国人にとって外国に移住するのは、
    麻薬中毒の治療のようなものだと思います。
    そこには麻薬となるウリナラマンセーも、反日もありません。

    飾り立てたメッキが、剥がれ落ちる痛みに耐えて、
    本当の自分と向き合い受け入れた時、
    始めて、もう地獄にはいないと気付くのです。

    自業自得のヘル朝鮮。
    人が作り上げた地獄は、人が壊せるのですが…。
    半島の歴史を鑑みるに、難しいかな…。

    それでも、
    一人でも多くの方が地獄から出られることを祈ります。

    シンシアリーさん
    祖国を外から見つめるのは、
    内に在る時とは違った痛みもあるかと思います。
    がんばって下さい。
    応援しています。

  8. 欧米のムスリムの移民なんかもこんな感じですよね。移民の心情としては普通ですよ。そういう人達だから移民するのだから。

  9. 20世紀初頭から移住先で差別を克服して黄色人種の地位を上げてきた日本人と対照的ですね。
    当時とは比べ物にならないくらい恵まれている環境で不平不満を言うのは、本人の問題(意志の強さ、他人のせいにする価値観など)以外の何物でもないと思います。

  10. 朝鮮人は嫌われてることを差別されていると勘違いしている。

    1. なるほど。
      どっかでシンスゴ関連の記事があったら使わせてもらいます。

コメントは受け付けていません。