そして何も無くなった

次のように一つ一つ消えて、ついに無くなりました。ナムナム(他人他人)

※画像キャプチャー及び記事ソースは東亜日報(下のURL)となります

http://v.media.daum.net/v/20180416030100982?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本外務省の韓国関連説明が、一つ一つ消え、ついに何もなくなった、とのことでして。

<・・外務省は最近ホームページに掲載した「両国関係」という記事で、韓国に対してこれといった修飾語なしで「韓日の間には、困難な問題があるが、これを適切に管理し、様々な分野での協力を進めて韓日関係を未来志向的に進展させることが重要である」とだけ記述した。外務省北アジア課が作成したこの文書は、2ヶ月ごとに修正され、日本政府の公式見解を対内外に知らせる公式の意味がある・・>

余談ですが、今年1月の安倍総理の施政方針演説で、すでにこれといった修飾語無しとなっています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“そして何も無くなった” への46件の返信

  1. 奈良時代、日本と統一新羅との関係が疎遠になっていった過程をそのままなぞっている感じですね。

  2. 南無の意味は
    つらい時の「南無」には「おすがりいたします・助けて下さい」という帰命の意味を持ち、楽しい時、嬉しい時の「南無」には「ありがとうございます・ 貴方様のおかげです。感謝します」
    と、いう意味でになる梵語なんだそうですよ。

    で、お経を読むときの南無は、仏様を「絶対に信じます」という意味だそうです。

    別に「…もうダメポ…死ぬ…」という意味じゃないから!

  3. 呼ばれましたでしょうか w

    > そして何も無くなった
    いやー,そんなことはありません.

    当該表現は外務省HPの[国・地域]で各国との[二国間関係]の1.[政治関係]冒頭につけられる修辞みたいなもの.本文である[政治関係]での文字数は,韓国が恐らく最も多い.

    施政方針演説の少し後に見た時はまだあった.更新頻度までは知りませなんだ.

    まぁ,体言止めで言い放っているのは味わい深いですなぁ

  4. これが正しい「首相案件」ですわw
    CPTPP加入もスワップ再締結も確定的無しですなww

  5. 記事本文中にもあるように慰安婦合意が成立した後の16年、17年は「戦略的利益を共有する」との言葉が加わっている。
    で今年には何もなくした。
    まあ慰安婦合意の履行なしに日韓関係の改善はしないという日本政府の分かりやすいメッセージですよね。
    韓国政府はそれをわかっていても認めるわけにはいかないのだろうけど。

  6. 今までが修飾語をつけすぎだったのです、新郎新婦の結婚式での紹介じゃあるまいし。慰安婦像問題で外務省は「害務省」と呼ばれて久しい。今、他の省庁がいろいろボロを出してますね。次から次へとリークが止まらない。証人喚問の声が止まらない。
    外務省だって持ってるでしょう。
    韓国は籠池氏と同じような詐欺と恫喝をやっているわけです。どんなに「仕事しろ、外務省」と言われてもガンとして動かなかったのに、ここ最近随分反応がいいのはそこらへんが理由ではないでしょうか。

  7. 韓国側の日本に対する表現はどうなっているのでしょうか。
    ちょっと調べたら韓国語だけみたいで分かりませんので、
    教えてください。

  8. 渡航注意勧告が出されてないだけ慈悲深いでしょ。
    文句ブー垂れてないで現状での小さな幸福を見つけるようにしないと。
    まぁ、それが無理だからこそ常日頃から怒りと恨が渦巻いてる社会構造になるんだろうけどね。

  9. “ナムナム”って、一瞬お経の“南無・南無”かと思いました(汗)
    ウリとナムの方だったんですね。

  10. 韓国外務省のHP、日本はどのように書いてあるのかを知りたいです。
    見たことないですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。