イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ

「日本社会は『わびさび』と『靖国』に分かれています。個人は素朴に暮らす『わび・さび』の文化を志向しますが、支配層は天皇制に捧げられた死を大げさに礼賛しながら靖国神社を崇拝します」。

「私(韓国人)はさくらを見ながら生きる喜びを、知人の日本人は死を見出しました」。

「日本社会は縮小志向のように見えますが、実は拡大志向を隠しているので、機会さえあればいつでも外部に進出しようとします」。

「ものを小さくした(※製品を小さく、高性能にするという日本の特徴)のは遠くまでたくさん売るためであり、弁当が発達したのは長い戦争文化の遺産です」。

これらが日本専門家の意見として、大手マスコミで普通に記事になる・・それが韓国の日本観です。

http://v.media.daum.net/v/20180416030245086

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

面白いことに、これらの案件はすべて「韓国人が気にしていること」です。

まず「戦争の~」は、韓国人が羨ましいと思っている日本の文化に対して韓国人がよく使うキーワードです。

コンビニの普及などもあって、ここ数年、急激にクローズアップされた日本の弁当文化。韓国では「日本旅行に言ってコンビニ弁当ばかり食べた」という人も多いです。韓国ではドシラクといって、昔から弁当文化はありましたが、日本ほど発達することはできませんでした。

日本で弁当が発達したのは、公演文化のおかげだという話も耳にします(幕の内弁当は劇の幕の内に食べるものだったという説もありますし)が、個人的には「旅行」が大きな理由だろうと思います。1月に「日本の観光ビジネスを支えているのは、日本人だ」というエントリーにも書きましたが、日本人は昔から旅行好きでしたから。

でも、本記事でもそうですが、とりあえず戦争のせいだとします。戦争に弁当を持っていくのでしょうか?

桜に対しても、日本人が桜から「死」を見出すのは戦争の、天皇のための死を名誉あるものだと思っているからそう考える、とします。

聞いた話しですが、韓国ではなかなか治せなかった歯周病患者が、日本で歯周手術を受けて完治し、「さすが戦争をやった国は違うな」と話したとか。とにかくなんでも「戦争のおかげ」とすればなんとかなる(その文化を格下げできる)と思っているのでしょうか。

投影にすぎない話も目立ちます。韓国文化には「農村文化と宮殿文化しかない」という特徴があります。宮殿文化(王族と、かなり高位層の貴族文化)と農村文化(悪いニュアンスで田舎文化という意味)しかないのが、古くからの朝鮮半島の特徴です。

いまは、宮殿文化はほぼ消滅し、農村文化だけが残りました。王が食べていた料理の作り方すらも残っていません。ソウルなども実は(農村人口の急激な流入による)農村文化の適当な詰め合わせでしかありません。どこか「煩雑でバラバラに見える」「無理矢理詰め合わせた」ソウルのイメージと合い通じるものでもあります。それはそれでいいと思ってしまえばそれだけですが、良し悪しは別にして、それは韓国人自ら身分の低いものとして虐待してきたものでもあります。外国の優れた文化を「自分のもの」にしたがる理由の一つかもしれません。

縮小や拡大の話も、実は投影にすぎません。韓国は、何かあれば縮小(被害者)を演出し、少しでも機会があれば拡大します(加害者になります)。

 

批判は、肯定的な要素もあります。しかし、自分に向けるべき批判を他人に向けて発するだけなら、そこに肯定的なものなどなにもありません。本ブログでいつも書いている「韓国社会の問題は、問題そのものではなく、その問題の改善が無いこと」のもっとも大きな理由かもしれません。

前に「あなたたちは、自分の恥ずかしいところを隠すために、他人の謝罪を必要としていませんか」という、生徒たちに残した某教授のセリフを紹介しましたが・・・まさにその通りですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ” への65件の返信

  1. 韓国詩人のいう『靖国』の意味がさっぱりわかりません。
    韓国人ならば意味を理解できるのでしょうか。

    韓国が日本に大きな関心を抱いているのはわかるけど、
    それが日本理解の進展には一切、寄与してないですね。
    結論ありきの韓国人は民族的に学者向きじゃない模様。

    日本に旅行する人が多い割に、本格的に日本を知ろう、
    学ぼうという人がちっとも増える気配がない不思議。

    日本が好きというのも、日本が憎いというのも
    どちらも芯がなく薄っぺらいと感じてしまいます。
    楽しむにも、脅威と向き合うにも、感情が本物なら
    勉強する姿勢が生まれなきゃおかしいんですが。

    1. 韓国人が胸を張って好きだと言える半島文化が不足してるのは
      結局のところ、戦争してこなかったからなのではないかと。

      守りたいものがあるから戦わざるをえないのだけど、
      血を流してでも守ろうとはしてこなかった。
      だから外から押し付けられたものばかりになった。

      たとえ負けても、敗者に気概や矜持あれば勝者の側とて
      ご機嫌取りの譲歩はしなくちゃいけないですからね。
      平和主義ってのは戦って負けるよりたちが悪いものです。

  2. 戦争が文化・文明・技術を発展させてきたというのは世界標準で事実ですね、それだけじゃないですが。
    よく言われるようにインターネットも軍事技術ですし、確かフリーズドライもそうだったような。
    古代中国の様々な技術も絶え間ない戦争の産物が多いですし、日本の弁当、というか戦国時代に兵糧が合理的に発展したのも紛れもない事実です。
    漫画の「信長のシェフ」は流行の飛ばされものですが、当時の食事情も詳しく書かれていて中々興味深いですね。
    平和な時代になると軍事技術が平和利用されて広く発展していくのも、やはり世界的に見て「事実」ですが。

    長期間に渡って血で血を洗うような諍いを続けてきたのは、やはり欧州とその近辺、あとは中国ですが、韓国人ってその辺はどう考えているんでしょうかね。

  3. イルボンなんて言ってる場合か?
    直近に「金正恩将軍万歳」以外の発言禁止、という未来が迫っているのに。

  4. 桃山文化も江戸文化も明治時代も日本の文化は戦争の結果として発展したのは間違いないと思う。
    戦争が、君臨、略奪するだけの目的だったのか、領民国家国民の安寧の目的だったのかの違いではないだろうか。
    韓国の今の戦争、ロウソク革命の目的が何であるのか、見えないのが恐ろしい。「統一」がスローガンだけで国家国民のための戦いに見えないですもん。

  5. 戦争をするべきです。歯周病が治せるようになるのであれば。
    戦争をするべきです。弁当文化が発達するのであれば。

    戦争をするべきです。歯周病の治療や弁当文化の発達に戦争が関与しないことを一人残らず全ての韓国民が知るために。

  6. 実際には、日本には戦争から発達した文化がとても多い。
    日本式の学校教育なんてほとんどそうですし、ランドセルやら全校集会やら、遠足やら清掃やら制服やら。

    ただ、なんで韓国人の指摘はこう的外れなものばっかりなんだろう?
    弁当は行楽の折詰や、農作業のおやつからだろうし。
    桜の花見も農作業からですよね?
    桜は死というより、むしろ来年また必ず咲く、来年必ずまた会えるという再生の方が重視される話でしてね。

    とかなんとか書いてみましたが、結局論理とか韓国人にはどうでもいいんですよ。
    ただ日本を卑下できれば、それで満足なんですよね。

    1. 桜のというか花見の起源は貴族文化ですよ、梅から桜に主役が変わったのが平安時代。
      文化は上から下への習いに従い、一般庶民も江戸時代には普通に楽しむようになったのですが、日本は農耕民族ですから各種行事や祭りに農作業が関係してるのは多いし、色々と入り混じってるでしょうね。
      戦争で文明や技術が発展するなんて世界的な常識だと思ってたので、韓国の言い様は的外れですが、まあ確かに「日本を貶める」為の物言いなんでしょうね。

  7. >「韓国社会の問題は、問題そのものではなく、その問題の改善が無いこと」

    日本の問題(悪い事とは言ってないw)は、「問題を解決(改善)しようとすること」

    時には「(日韓関係のような)外交問題の中には、解決しないものもある」
    という達観も必要である。

  8. ボンボンイルボン、イルボンボン
    変態国家だ、イールボンボン

    エントリーのタイトルを見て、韓国はこんな歌を口ずさんでいるのかなと思いました。

  9. とはいえ、日本人もちょっと前までは韓国を大きく誤解していました。
    まともな国だと。話が通じる人たちだと。
    今では北も南も変わらないということに多くの人たちが気付きましたけど。

  10. 韓国の日本観がよく悪くも単純化されているのは、欧米から見た日本観とどっこいどっこいでしょう。
    戦前は芸者、富士、戦後は働き蜂にウサギ小屋、最近は寿司、漫画・アニメと、外国から見た日本は表面的なものだけです。
    日本人から見た韓国も、キムチに整形、韓流ドラマに慰安婦像と極端化されています。

コメントは受け付けていません。