イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ

「日本社会は『わびさび』と『靖国』に分かれています。個人は素朴に暮らす『わび・さび』の文化を志向しますが、支配層は天皇制に捧げられた死を大げさに礼賛しながら靖国神社を崇拝します」。

「私(韓国人)はさくらを見ながら生きる喜びを、知人の日本人は死を見出しました」。

「日本社会は縮小志向のように見えますが、実は拡大志向を隠しているので、機会さえあればいつでも外部に進出しようとします」。

「ものを小さくした(※製品を小さく、高性能にするという日本の特徴)のは遠くまでたくさん売るためであり、弁当が発達したのは長い戦争文化の遺産です」。

これらが日本専門家の意見として、大手マスコミで普通に記事になる・・それが韓国の日本観です。

http://v.media.daum.net/v/20180416030245086

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

面白いことに、これらの案件はすべて「韓国人が気にしていること」です。

まず「戦争の~」は、韓国人が羨ましいと思っている日本の文化に対して韓国人がよく使うキーワードです。

コンビニの普及などもあって、ここ数年、急激にクローズアップされた日本の弁当文化。韓国では「日本旅行に言ってコンビニ弁当ばかり食べた」という人も多いです。韓国ではドシラクといって、昔から弁当文化はありましたが、日本ほど発達することはできませんでした。

日本で弁当が発達したのは、公演文化のおかげだという話も耳にします(幕の内弁当は劇の幕の内に食べるものだったという説もありますし)が、個人的には「旅行」が大きな理由だろうと思います。1月に「日本の観光ビジネスを支えているのは、日本人だ」というエントリーにも書きましたが、日本人は昔から旅行好きでしたから。

でも、本記事でもそうですが、とりあえず戦争のせいだとします。戦争に弁当を持っていくのでしょうか?

桜に対しても、日本人が桜から「死」を見出すのは戦争の、天皇のための死を名誉あるものだと思っているからそう考える、とします。

聞いた話しですが、韓国ではなかなか治せなかった歯周病患者が、日本で歯周手術を受けて完治し、「さすが戦争をやった国は違うな」と話したとか。とにかくなんでも「戦争のおかげ」とすればなんとかなる(その文化を格下げできる)と思っているのでしょうか。

投影にすぎない話も目立ちます。韓国文化には「農村文化と宮殿文化しかない」という特徴があります。宮殿文化(王族と、かなり高位層の貴族文化)と農村文化(悪いニュアンスで田舎文化という意味)しかないのが、古くからの朝鮮半島の特徴です。

いまは、宮殿文化はほぼ消滅し、農村文化だけが残りました。王が食べていた料理の作り方すらも残っていません。ソウルなども実は(農村人口の急激な流入による)農村文化の適当な詰め合わせでしかありません。どこか「煩雑でバラバラに見える」「無理矢理詰め合わせた」ソウルのイメージと合い通じるものでもあります。それはそれでいいと思ってしまえばそれだけですが、良し悪しは別にして、それは韓国人自ら身分の低いものとして虐待してきたものでもあります。外国の優れた文化を「自分のもの」にしたがる理由の一つかもしれません。

縮小や拡大の話も、実は投影にすぎません。韓国は、何かあれば縮小(被害者)を演出し、少しでも機会があれば拡大します(加害者になります)。

 

批判は、肯定的な要素もあります。しかし、自分に向けるべき批判を他人に向けて発するだけなら、そこに肯定的なものなどなにもありません。本ブログでいつも書いている「韓国社会の問題は、問題そのものではなく、その問題の改善が無いこと」のもっとも大きな理由かもしれません。

前に「あなたたちは、自分の恥ずかしいところを隠すために、他人の謝罪を必要としていませんか」という、生徒たちに残した某教授のセリフを紹介しましたが・・・まさにその通りですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ” への65件の返信

  1. もうね、頼むからこっち見ないで
    アメリカとかロシアとかちうごくとか
    もっと他にたくさんあるじゃないですか、やだーーー
    旅行もヨーロッパとか行った方が楽しいですよ
    こんなちっこい島国来なくていいだろ
    つか近場がいいなら台湾とかフィリピンとか中国とかさ
    忌み嫌ってる国にくる心情が本当にわからん

    1. ほんまやね〜 訳がわからん民族 日本へ来る お隣さんは、侵略気分か? 来てやってる位の感覚だろね 帰国しても 「日本は 大した事無いニダ」ってディスってるよ。

  2. 韓国人に桜に儚さと潔さを見出す日本人の感性は理解できないだろうなあ。

    そういった価値観とは一番ほど遠い民族性だものね。

  3. >日本社会は『わびさび』と『靖国』に分かれています

    極端だなオイwww
    と思いました( ゚∀゚)ハハハ
    桜に死を見出すかー。確かにそんな所はあるかもですねー。
    散り際が美しいとかサムライとかなんとかかんとか。
    でも私は、生と死は表裏一体、切り離す事はできないと思いますね。
    儚く散りゆく運命だからこそ一瞬の生命の漲りは美しいものです。
    いつか死ぬからこそ生きてるって素晴らしいと思える…という。
    でも桜は、花が散ったからって死んでる訳ではないですけどねw

  4. >日本人が桜から「死」を見出すのは戦争の、天皇のための死を名誉あるものだと思っているから

    日本人は千年以上も前から、桜の華やかさ、すぐに散ってしまうその儚さに、人の命の儚さを重ね合わせて、数えきれないほどの和歌を詠んでいるいるのですがねぇ。

    細川ガラシャの辞世の句と言われている、
    「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」
    という和歌は、「花は散る季節を知っているからこそ、花として美しい。私もそうありたい」という意味ですが、こういう心持ちも一般的な韓国人には理解されないかなぁ。

  5. >『わびさび』と『靖国』
    『わびさび』
    朝鮮ではシンメトリーが美の基準でしたからね、日本は不揃いというか余白の美が基準でしたから、日本的な美意識を理解出来なかったんでしょう
    『靖国』
    靖国を桜と関連付けるのは、九段の桜や九段で会おう 九段の桜の下で~ からイメージしたのでしょうね

    東京招魂社は幕末に勝った方の為の施設でしたが、幕末で負けた方の苦情もあり、尚且つ他国との戦争で戦死者が膨大になったので、「皆英霊でいいじゃない」になったんだっけかな
    「曖昧な妥協」が日本の持ち味ですからね~

  6. 「戦争に弁当を持って行くのでしょうか」に思わず吹き出していまいました。
    「トシラク」をネット検索したら、懐かしき四角いアルマイト弁当箱にハムエッグとキムチを敷き詰めてる画像が出てきて目が点に・・日帝残滓?
    日本ではその弁当箱の白いご飯の真ん中に梅干しを押し込んで「日の丸弁当」と言う伝統があります(笑)
    中国は昔から冷たいご飯は体に悪いと信じて食べない習慣があるため、未だに日式弁当はイマイチなのは分かるのです。韓国も中華文化だから弁当文化は無かったであろうと私は推測します。

  7. 弁当文化は衛生面とかかわりがあります
    下手すると腐敗して食中毒起こしますから衛生上の配慮が不可欠
    韓国ではその辺が弱くて普及しなかったんでしょうね
    中国も同じ
    彼らは冷たい食べ物は避けます

  8. 『靖国』は明治以降だし、わびさびや茶の湯は戦国時代からあるし
    知ったか文化論ですかね

    お節も一種の弁当と言えるのかなぁ?お重に詰め日持ちするように調理してる
    「長屋の花見」なんて落語もありましたね(笑)

  9. 確かに戦国時代、干飯や塩、味噌など携行したと聞きますよ。
    中国人のように行く先々で人肉を食べたなんて事はありません。

  10. 頭の中で0か1しかないデジタル思考で、更にそれを説明する論理も極めて短絡的ですよね。

    韓国の桜=生、日本の桜=死。日本の弁当は戦争の遺産・・・。物事をそんな簡単に説明できるわけがない。

    そう言えば、どこかで韓末の水原を訪問した日本人が、城壁とかは立派だけど、庶民はバラック小屋みたいな家に住んでいる。この国には役人のための建築しかないようだと書いていたのを思い出しました。

    弁当については、朝鮮人たちは、男が冷たい飯を食べると出世できなくなるとか言って、昼でも必ず炊き立てのご飯を食べていたはずなので、弁当は発展しようなかったのではないですかね。その代わり、携帯炊飯器を持ち歩いて、道端で飯を炊くという面白い記録も見たことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。