イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ

「日本社会は『わびさび』と『靖国』に分かれています。個人は素朴に暮らす『わび・さび』の文化を志向しますが、支配層は天皇制に捧げられた死を大げさに礼賛しながら靖国神社を崇拝します」。

「私(韓国人)はさくらを見ながら生きる喜びを、知人の日本人は死を見出しました」。

「日本社会は縮小志向のように見えますが、実は拡大志向を隠しているので、機会さえあればいつでも外部に進出しようとします」。

「ものを小さくした(※製品を小さく、高性能にするという日本の特徴)のは遠くまでたくさん売るためであり、弁当が発達したのは長い戦争文化の遺産です」。

これらが日本専門家の意見として、大手マスコミで普通に記事になる・・それが韓国の日本観です。

http://v.media.daum.net/v/20180416030245086

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

面白いことに、これらの案件はすべて「韓国人が気にしていること」です。

まず「戦争の~」は、韓国人が羨ましいと思っている日本の文化に対して韓国人がよく使うキーワードです。

コンビニの普及などもあって、ここ数年、急激にクローズアップされた日本の弁当文化。韓国では「日本旅行に言ってコンビニ弁当ばかり食べた」という人も多いです。韓国ではドシラクといって、昔から弁当文化はありましたが、日本ほど発達することはできませんでした。

日本で弁当が発達したのは、公演文化のおかげだという話も耳にします(幕の内弁当は劇の幕の内に食べるものだったという説もありますし)が、個人的には「旅行」が大きな理由だろうと思います。1月に「日本の観光ビジネスを支えているのは、日本人だ」というエントリーにも書きましたが、日本人は昔から旅行好きでしたから。

でも、本記事でもそうですが、とりあえず戦争のせいだとします。戦争に弁当を持っていくのでしょうか?

桜に対しても、日本人が桜から「死」を見出すのは戦争の、天皇のための死を名誉あるものだと思っているからそう考える、とします。

聞いた話しですが、韓国ではなかなか治せなかった歯周病患者が、日本で歯周手術を受けて完治し、「さすが戦争をやった国は違うな」と話したとか。とにかくなんでも「戦争のおかげ」とすればなんとかなる(その文化を格下げできる)と思っているのでしょうか。

投影にすぎない話も目立ちます。韓国文化には「農村文化と宮殿文化しかない」という特徴があります。宮殿文化(王族と、かなり高位層の貴族文化)と農村文化(悪いニュアンスで田舎文化という意味)しかないのが、古くからの朝鮮半島の特徴です。

いまは、宮殿文化はほぼ消滅し、農村文化だけが残りました。王が食べていた料理の作り方すらも残っていません。ソウルなども実は(農村人口の急激な流入による)農村文化の適当な詰め合わせでしかありません。どこか「煩雑でバラバラに見える」「無理矢理詰め合わせた」ソウルのイメージと合い通じるものでもあります。それはそれでいいと思ってしまえばそれだけですが、良し悪しは別にして、それは韓国人自ら身分の低いものとして虐待してきたものでもあります。外国の優れた文化を「自分のもの」にしたがる理由の一つかもしれません。

縮小や拡大の話も、実は投影にすぎません。韓国は、何かあれば縮小(被害者)を演出し、少しでも機会があれば拡大します(加害者になります)。

 

批判は、肯定的な要素もあります。しかし、自分に向けるべき批判を他人に向けて発するだけなら、そこに肯定的なものなどなにもありません。本ブログでいつも書いている「韓国社会の問題は、問題そのものではなく、その問題の改善が無いこと」のもっとも大きな理由かもしれません。

前に「あなたたちは、自分の恥ずかしいところを隠すために、他人の謝罪を必要としていませんか」という、生徒たちに残した某教授のセリフを紹介しましたが・・・まさにその通りですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

168+

“イルボンイルボンイルボ・・(無限ループ” への65件の返信

  1. どこでだったか日本統治前は、朝鮮人は冷えたものを嫌い必ず作りたてのものを食べるため、弁当というものはなかった、と読んだことがあります。おそらく食中毒を避けるなどの理由からでしょう。昔のことですから、それはそれで理にかなっていると思いますけどね。

  2. 結局、行楽や観劇用と、農作業用、仕事で長旅する人、軍隊の携行食糧、そういったものを全部「弁当」でひっくるめてしまう韓国人は日本の「弁当」を全く理解してないってことですよね。

  3. ttp://world-fusigi.net/archives/8560216.html
    ちなみに日本の戦国時代のレーションだそうです。
    紹介サイトにはイラスト付きです。
    干し飯(ほしいい)…炊いた米を水で洗い、天日で干す。行進しながらポリポリ食べる。

    煎り米(いりごめ)…玄米を鍋で炒める。行進しながらポリポリ食べる。

    陣立味噌(じんだてみそ)…煮た豆と麹をすり潰し固める。現地に着くころには味噌になる。

    芋がら縄…芋の茎を味噌で煮込み、天日で干す。細かく刻んでお湯で戻すと味噌汁ができる。

  4. 旅行の弁当と、幕の内弁当や花見弁当は別の物ですよ。
    作り立てを食べる事を前提にしていることと、
    2.3日は腐らず傷まずに食べられる、旅行用のお弁当は
    登山に持っていくようなもので、
    相当な固さだったそうな。

    ソースはうちの両親

    冷凍冷蔵庫が普及してからの時代の弁当と、
    昭和初期の弁当を同じ物だとは思わないでください。

    1970年に、自主流通米制度がスタートして、
    ブランド米第一号のコシヒカリが登場する前は、
    日本のお米も冷めたらまずいものです。
    冬は学校のだるまストーブで、持参したお弁当を温めて食べていたそうで、
    それとて作ってから、半日以内に食べることが前提なんです。
    いまでこそ、レーションが発達していますが、
    (乾パンとかね)
    戦場では、その場で炊飯してたそうです。

    あと農業技術は、最新技術です。
    天然の魚は別として、穀物も野菜、果物も
    豚肉も牛肉も、現代のものとはまるで別物だそうですよ。

    戦前のサツマイモなんてほとんど甘くなかったそうな。
    果物も今よりもずっと酸味が強く、野菜は苦みやあくが強く
    豚肉は、残飯を餌にしていたせいか、臭いものだったそうな
    牛も豚も鶏も餌が良くなったのか、臭みがなくなったそうです。

    あと日本人の旅行は、登山を別にすれば、
    弁当を食べる事が目的なのではなく、旅先で名物の美味しい物を
    食べる事こそが主目的
    旅で弁当が発達したのではなく、
    流通が発達して、作り立ての弁当が手軽に買えるようになったからだと思います。
    駅弁の賞味期限は、買ってから8時間以内ですよ!

  5. メシネタだぁ~,私も食いつくぞぉ~ w

    弁当と携行糧食は別のもの.握り飯は携行食として鎌倉時代から帝国陸軍(地域により問題はあった)へ,陸上自衛隊でも緊急時の炊き出しでおにぎりが配られる.

    そして,駅弁の始まりは握り飯ともいわれるが,観劇用の俵握り弁当なんてのもあるからややこしい.

    ご指摘のとおり,幕の内弁当なら観劇や野外の宴遊からの文化だろう.移動を目的とする旅行時の携行食は簡素であった.

    集団農作業では,近場なら自宅で調理したものをナベごと田畑近くへ持ち込むこともあったらしい.だが,遠方の山林での作業等は握り飯や日の丸弁当程度だったと聞く.

    旅行用の携行食は世界中にある.というか,無ければ人の移動に困るので,古来からどこにでもあった.簡単なのは,保存食を小分けして持ち歩けばよい.

    朝鮮では水稲の中心は南部だったろう.また,中華圏では冷たい米を食べることが忌諱される.日本の冷えた米を主食とするような弁当は一般的化しなかったのだと思う.

    詳細に読んではいないが,イザベラ・バードの朝鮮旅行記では金剛山などへ観光をしている.携行食の記載は私の記憶にないが,少なくとも宿あるいは民宿的な施設はあったようだ.

    また,彼女は日本で中産階級が興味深いと書いている.欧米から見ても中産階級と呼べる層が,ある程度あったのだ.江戸時代には比較的安い木戸銭で庶民も観劇を楽しんでいた.

    こと文化に限っても,担い手となる層の厚さが大きく異なるのだ.弁当の始まりは観劇として,開化から戦後の旅行一般化により弁当文化が育ったと思え,民の担った役割は大きい.

    問題は歴史と継続性ではないだろうか.歴史的背景が大きく違うことを無視し,現在の姿で日本と比較する意味は無い.

    「改善が無い」とも見れるが,改善を試みるたびにそれまでの積み重ねを悪として棄ててしまい,良い部分も残らない.良し悪しの評価を急がずに,変わり続けることも可能なのに.

    メシネタだろうが無かろうが長くなるなぁ・・

  6. 韓国人は「親日派」がいなくなったら韓国はどんな国になると思ってるんだろうか?日本の影響をとりはらった韓国ってどんな国だろう?あ、よく分かるモデルがすぐ上にありましたね。

  7.  なぜか、以前に読んだ モーリス・パンゲ 著『自死の日本史』 のことを思い出した。
     他国の文化を理解することは難しいよ。特に、日本文化は。

  8. 面白い考察です。日本の場合、明治維新時の公武合体や藩の大名がが残ったおかげで、公家文化も武家文化もかろうじて残せましたが…戦後、田舎者の小作農出身社がが東京で土地漁りを始めてからは、もう文化も都市計画もあったものじゃないです。

  9. 劣等感の塊なんでしょうね。
    「日本は~の必要があったのでやむなくそういう努力をせざるを得なかったニダ。ウリは豊かな国だったのでそんな必要なかったニダ。」
    そう思わないと精神の安定を保てないんでしょう。
    そこまで羨ましいor悔しいなら努力して追い付けばいいのに何故かそれはしない。

  10. 下調べなしにふと思った事を書いてしまいますが、皇室は菊、徳川幕府は葵、桜は武士のような気がします。
    現在の警察の紋章は桜だよなとふと思い出しました。
    「同期の桜」という歌も昔有りましたし、桜は武士道精神を表されている花の様に思います。間違いかな?

    1. 頓知で有名な一休さんの残した詩「花は桜木、人は武士」あたりから武士と桜の繋がりが言われ始めたのではないかと。
      最も一休さんの詩は後に「柱は檜 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの」と続き、必ずしも散り際の潔さを桜に結び付けて武士を讃えたものでは無いようですが。
      一休さんが室町時代初期の人ですから江戸時代には既に今のような解釈で武士と桜を結び付けていたんじゃないでしょうか。

      1. >碧猫さん

        >一休さんが室町時代初期の人ですから江戸時代には既に今のような解釈で武士と桜を結び付けていたんじゃないでしょうか。

        江戸時代で、有名な桜の詩といえば

        敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花
        「しきしまのやまと心を人とはば、朝日ににほふ山ざくらばな(肖像自讃)」
        本居宣長
        があります。

        大和魂とはなんですか?と、問われたら、朝日に匂う山桜だ。と
        気品があること、そしてまた優雅であること、潔いこと
        自然のおもむくままにいつでもその生命を棄てる用意がある
        と、日本人の純粋無垢な心情を山桜に例えたそうです。

        1. ああ、その歌もありました、有名なのに忘れてました。
          そういえば古来から日本では花=桜で西行の有名な「願わくば~」も桜ですし、伊勢大輔の歌には八重桜が詠まれてますね。
          平安貴族が見出した桜の美しさを武士が独自の価値観を付与していった課程というのを調べてみると面白そうです。

コメントは受け付けていません。