朴槿恵氏、控訴放棄書を提出

朴槿恵前大統領が、控訴放棄書を提出しました。これで妹のパク・クンリョン氏の出した控訴は無効となりましたが、検察が控訴しているので、検察側の控訴だけで裁判が進むことになります。

画像キャプチャー:聯合ニュース

http://v.media.daum.net/v/20180416162234905?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

MBNによると、

「2審裁判は、検察が控訴した内容を中心に進行される見込みです。検察は1審のうちのいくつか無罪部分に問題があり、全体的な量刑も不当であるとの旨を控訴しました」、とのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180416170514996

 

ソース記事でも指摘していますが、韓国では「判決を受け入れたのではなく、裁判そのものを信頼せず、ボイコットしているのだ」という見方が支配的です。

決して見下すつもりはありませんが、彼女を見ていると「哀れな人」と思わざるを得ません。色んな意味で。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“朴槿恵氏、控訴放棄書を提出” への28件の返信

  1. 親の七光りで大統領になっただけで、政治家としてはせいぜい国会議員止まりでしょう。
    選挙用の客寄せパンダに徹しておれば晩節を汚すこともなかった。何よりも人を信用しないというのは、人の上に立つ者にとって致命的でしょう。人の話に耳を傾けてこそ人はついてくる。政治家としてはまったく無能でした。同情はできない。

  2. 朝鮮は2千年近く中国属国+日本の統治で,1度も国家運営の経験がない.
    李氏朝鮮時代の500年は5%の王族や貴族層の両班と95%奴隷層だけで,貨幣や道路,橋も無いため物々交換で,商人や宿場主や,職人はおらず,庶民は全く居なくて,農民か乞食,山賊か化け物だった.飢餓と疫病で平均寿命は25歳. 文字も読めず名前すらない奴隷層ばかりを,無能な両班が支配していた.
    II大戦後,1992年までは米傀儡の軍事独裁で, 厳戒令,情報統制, 夜間外出禁止, 反日政策で日本文化も禁止. ほぼ鎖国状態で民主化は遅れに遅れ,民主化を条件にソウル五輪1988を開催したほど.
    1991国連加盟,1992やっと民主化初選挙. 未熟な政治に三権分立など無い.韓国の国民情緒法という法令,判決を見直せる大バカ法のため, 国民が納得するまでやり直しで法治国家ではない.国民を見ながらの判決という現代の魔女裁判.
    李氏朝鮮500年の石器時代で文化文明は破壊されてパーに!
    李朝末期を訪れた欧米のジャーナリストたちが,当時の残忍非道,残酷極まりない処刑を目にして「悲劇の朝鮮」(グレブスト,スウェーデン人)「朝鮮滅亡」(ハルバート,アメリカ人)など出版した内容;
    日韓併合前の李氏朝鮮時代の政治と風習(Yahooブログ)
    https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61549185.htm

  3. 南朝鮮に生まれて育った人ですから、この先どうなるのかは百も承知なのでしょう
    潔いといえば潔い

    でも、バンダービルドさんがいつも書くのですが、やはり右派のくせに反日に溺れたのがいけなかったのでしょうね
    こうして左派政権になれば自分は潰され、国は左傾化してしまいました

    日本にとってはありがたい話なので、これこそ南朝鮮の真の右派なのかもしれません

  4. あらら、やっぱりパククネさんは、
    心がポッキリ折れてしまっていたようですね。
    これ、妹さんの出した控訴を
    パククネさんが受け入れるようなら、
    姉妹の間にあったという軋轢が解け、
    これからは妹さんがパククネさんの心の支えとして
    姉妹で上手くやっていけるようになるのかな、
    と少しの希望として見てたんですが。
    パククネさんは、本当に頑なだったようです。
    大統領時代は、一説に「原理原則に忠実な人」
    だのと言われてましたけど、
    今の彼女に見えるのは「子供の頑なさ」ですね。
    せっかく妹さんが差し出してくれた手を
    子供の頑なさで振り払ってしまった。
    私には、そういうイメージに見えます。
    本当に「哀れな人」だなと。

  5. 受験生のコメントへのお返し、僕は方丈記が好きでしたので

    行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞ破れ(やけイ)てことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、ゆふべを待つことなし。

  6. 以前から疑問なのですが、どうして彼等(朴元大統領、李元大統領)は国外に逃亡しないのでしょう。
    それができるだけの財力も能力もおそらくあるはずだし、もしかしたら亡命を受け入れる国もあるかもしれないのに。

  7. 「千年恨む」が人生最高の時だったと思うと、若干、哀れみはありますが
    彼女がやってきた事も、(朝鮮的だと親も)因果応報してるんですよね。
    地獄の釜の蓋はいつでも開けられてますよ〜ウエルカムなので、嘘つき婆さん共々半世紀くらい茹でられ続けてどうぞ。

  8. 朴槿恵自叙伝の日本語訳のタイトルは「絶望は私を鍛え、希望は私を動かす」です。絶望しすぎて潰れてしまいましたか。
    嘘でも良いから自国の裁判を最後まで信じるふりをするのが、大統領をやった人の責務だと思います。

  9. 日本では、検察が控訴して被告人側が控訴しないと一審より罪が重くなることはあれど軽くなることは無いと聞いたことがあるのですが、韓国でもそうなのでしょうか?だとしたら被告人側が控訴しないのは百害あって一利なしだと思うのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。