「運転者論じゃない。傍観者論だ」

昨日お伝えした自由韓国党・洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表の「米国が韓国に(北朝鮮との対話関連で)抜けろと言った」発言のことが、なんと李洛淵(イ・ナクヨン)国務総理によって事実だと明らかになりました。

共に民主党は洪代表に「フェイクニュースを流すな」と非難したばかりだったので、今度は洪代表側が「じゃ国務総理の言葉もフェイクニュースか!」としています。

昨日お伝えした洪代表エントリー「米国が文大統領を除外した」の件ですが、イ・ナクヨン総理から、ニュアンスは違えど内容的にはほぼ同じ発言がありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ヨーロッパを歴訪中の李洛淵(イ・ナクヨン)総理が現地記者懇談会で<「米国が非核化問題と関連して、韓国があまりにも深く入らないように求めた」と明らかにした>、とのことでして。

記事によると、他にも洪代表はこう話しました。

「前回(文大統領が)米国ワシントンに行ったときから、アメリカは文大統領を北朝鮮の側にいると思っている」

「韓米同盟を基礎にして北朝鮮の核問題を解決しようとせず、韓国、北朝鮮、中国と連合して解決しようと思うから、米国が信じられなくなったのだ」

「すでに北朝鮮の核問題は、米国、中国、北の3者の問題になっている。私たちが割り込む隙は全くなく、従って『運転者論』ではなく、『傍観者論』でしかない」

http://v.media.daum.net/v/20180529164230403

しかし、洪氏の話の通りなら、いまの文氏は傍観者というより・・「帰れと言ったのに帰らずに近くに座ってこちらをジーっと見ている」感じですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

87+

42 Replies to “「運転者論じゃない。傍観者論だ」”

  1. 来月米朝首脳会談前に中国青島で中国・北朝鮮・ロシアの三か国首脳会談があるようです。同じ時期に日米の首脳会談も予定されていますが、運転者であり仲介者を自任していた寅さんは?

    聯合ニュース
    北米会談直前来月9日中青島で北中ロ首脳会談開き(韓国語)
    ttp://www.yonhapnews.co.kr/international/2018/05/30/0619000000AKR20180530059900074.HTML

    1. 日露首脳会談に続いて、やっとロシアが表に出てきましたね。

      残念ながら今回の件で”負け”がないのはロシアだけなのですが、逆に言うと余裕があるので十分に与えれば仲介役になるかもしれません。
      例えば、北の核廃棄+拉致問題解決と北方領土(2島の移譲)との取引を迫られたら日本はどうする?

  2.  正しい認識が、まるで間違っているかのように、周囲皆から扱われる。これが、韓国社会の歪みだね。

  3. トランプ君「文君!・・・邪魔・・・」
    文君「・・・・・・・・・・・・・」(ヘラヘラ…ニコニコ)

    文君「ヤバイ!これでは、私の存在感ガー!!」
    「そうだ!習君と握手でもしてこようかな?ついでにプーチン君とも・・・なんせ、地方選挙まで日が無いからな・・・何か世界中にアピールするネタは無いかな・・・」
    世界「・・・邪魔・・・」

    国政を放り出し、「世界の文君」を、なんとか模索する文君なのでした~~

  4. これでムンジェイン一派の雑音(害獣の鳴き声)がホンの少しでも静かになることを望みます。

    ただ、ムンジェイン一派と多くの韓国愚民は、人間の言葉を理解できない模様。

    連中(害獣)が鳴きやむかどうか、まだわかりません。ブ〜ブ〜ブ〜。

  5. 朴槿恵のときもアメリカから中国に入れ込むなと言われたのに、いうことを聞かず中国に入れ込み、大いにアメリカの不興をかったのに、今回も同じような失敗を繰り返している。中国の代わりに北朝鮮という違いはあるけれど、アメリカの不興をかっているのは事実。
    アメリカの保護がなくなれば、韓国はあっという間に北朝鮮に併呑されてしまう。金正恩にろうそくデモなんて通用しない。座り込みも通用しない。人民軍は容赦しない。処罰対象は三族滅の原則にのっとって家族にも及ぶ。南の従北派はこのときとばかり忠誠競争にはげむ。
    でも、586世代以下は「それでも文在寅大統領を支持する」と鉄板支持なんだとか。そう思っているのなら、まあ好きにすればいいと思います。

  6. ・・「帰れと言ったのに帰らずに近くに座ってこちらをジーっと見ている」感じですね。
    いえいえ、そんな生易しいもんではなくて、トランプの邪魔をしてるのですよ。朴槿恵の扱いに困っていた、オバマよりも酷くハッキリと「遠慮しろ」と言われても、尚、邪魔をしてるのです。

  7. 韓国国民は統一した時の妄想で忙しいので細かい話しにはあまり興味がないんじゃないかな。
    米朝首脳会談をしたとして、米朝で何らかの前向きな合意があった場合は文大統領のお手柄になるだろうし、会談の結果が韓国人にとって気に入らなくても、トランプが悪い、安倍が悪いで済むし、とにかく文大統領のしなければいけない事は、シンガポールに行ってトランプと金正恩と三人で写真を撮ること!
    これが出来れば安泰でしょ(笑)

    1. >>三人で写真を撮ること

      そうですよね。ムンジェインにとって、そこだけは外せないことでしょう。

      だって、第二回南北会談で、ムンジェインはヨダレをたらしながら(北の犬だから)、北朝鮮のキムと頬擦りし、この「頬擦り」写真を世界に配信させることには成功しました(会談内容自体は貧弱なものだったけど)。

      北の犬・扇動屋に過ぎないムンジェインにとり、こういった写真や動画の撮影こそ最重要事項なんでしょうね。

      1. 韓国人にとって真実よりも大切なことは、「対外的に良く見せること(体面)」ですよね。
        整形も同じく^^

  8. 「野党代表が、どうやって一番センシティブな情報を持っているのだろう?」から始まる疑いと内部分裂が始まるかな?
    君主は懐疑的になりやすい。

  9. 文大統領はシンガポールで3者会談を目論んでるらしいけど、いい子ちゃんぶりっ子オバマならいざ知らず、トランプがそんなもの許すわけなかろうと思うんですがね。
    南は実質北とニコイチだと周りに見做されてるわけだけど(つまり同盟国アメリカに離反している)、当の本人はそういう自覚無いらしい。
    おそろしいまでの客観意識の無さよ。

  10. >「帰れと言ったのに帰らずに近くに座ってこちらをジーっと見ている」感じですね。

    ゴミ捨て場のカラスみたいだ…w

コメントは受け付けていません。