中立

「米朝会談での終戦宣言の可能性が提起されると、日本国内では、今後平和協定が締結されると在韓米軍の撤退につながり、米国の防衛線が後退し、日本が中国、ロシアと直接向き合う「最前線国家」になるという懸念が出始めた。米軍の撤収→朝鮮半島の中立化→中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入→対馬海峡の軍事境界線化という単純な図式である。日本が窮地から抜け出したいなら、旧態依然な伝統的地政学的思考を捨てて外交の本来的な役割を復活させなければならない」。

http://v.media.daum.net/v/20180611050059549

これは、韓国の名門高麗大学校の教授で、グローバル日本研究院の院長でもあるという方の、寄稿文の最後の部分です。

わざと言ってるのでしょうか。それとも、仮にも専門家という人がこういう認識なのか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、日本が朝鮮を併合したのは、「そうするしかなかった」からです。1923年に植民地専門家アレイン・アイランド氏が残したザ・ニューコリア(邦題「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代」)を見ると、日本の朝鮮併合に対して、当時の専門家はこう見ています。これは韓国語版を私が翻訳したものであるため、日本で出版されているバージョンとは多少訳し方が異なります(内容は同じ)。

<・・日本の立場からは、昔から韓国の内治は深刻に憂慮すべき問題であった。日本から汽船に乗るとわずか何時間で南の海岸に着く「ある国」で腐敗し総体的に無能な統治によって危なっかしくて気にさわる出来事が起こっていた。

アメリカー・スペイン戦争の原因を勉強する機会があった人か、それとも今日のメキシコがアメリカとの関係を友好的な方向に発展させることを望んでいる人ならこのような事実を明白に認識できるだろう。

事実、失政の悪影響が国境の反対側にある国の平穏に何の脅威にもならないと思っていたり、アメリカの領土拡張やインドにおいてイギリスの勢力が伸張している状況を見ても何の教訓も得られないという部類の人もいる。しかし知覚のある観察者たちは悪い政府が病気の隣人ほど害になりえること、社会不安は天然痘や黄熱病(yellow fever)のように簡単に国境を越えられること、土着民の征服または殖民につながる英語を使う民族の領土略奪はほとんどがどんな理由からだろうと国家の平和を脅かす隣人を自国の統治圏の中に引き寄せる必要性から始まったということを知っている。

韓国の場合、二つの理由で日本の脅威になった。一つ目は、数世紀にわたる失政により韓国国民は内部改革への国民的要求を通じて自国が独立を維持できるほど十分な富と力を持った国に発展できるということは期待出来ない状況にさらされていた。二つ目は、一つ目の理由によって武力や策略を使ってロシアや中国が朝鮮半島を占有できるだろうし、そうなれば日本の国防を担当する個人や集団の誰も黙認出来ない戦略的状況が招来されるだろうということだ・・>

 

日本が望んでいた隣国は、ちゃんと自力で独立できる国でした。それは、もちろん友好的で越したことはないでしょうけど、中立国であっても問題ありませんでした。韓国(朝鮮半島)は、それができませんでした。朝鮮半島の歴史上、中立だったことなど一度もありません。中立という概念そのものが成立していません。なにせ、この教授ですらも、「中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入」という矛盾した文章を書いて、日本がそう考えていると決めつけています。本当に中立なら、中国勢力に編入する理由もありません。

韓国は、「日本が南北統一を恐れている」という単純な命題のもとで、すべてを考えています。その考えに、自分で知っている限りの「良い意味」でも言葉を、「中立」を、「平和」を、「民族自主」を、適当に適用して、自己満足しているのです。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“中立” への77件の返信

  1. 韓国人の中立は、日本のパヨクの方々の夢想する中立に近い考えなんですね。
    どの国とも敵対しないかわりに、肩入れもしない。中立を保つためには、あえて隣国を見殺しにする事が求められる。そのシビアな現実を知ろうともしないんですから。
    第二次世界大戦のスイス、スウェーデン、スペインの苦闘を描いた「中立国の戦い」という本が参考になりますよ。

  2. 中立といっても、スイスは、
    サンフランシスコ平和条約に参加して、
    日本から、賠償金をとってゆきましたよ。

    韓国が憧れるのも、当然かもしれません。
    つまり、火事場泥棒です。

  3. 「サウンド・オブ・ミュージック」や「最後の授業」は子供ながら色々思わせてくれたかと
    当然作品ですから脚色も多いでしょうし、当時の時代背景でのプロパガンダの意味合いもあるでしょう

    「中立」は「孤立」でもあります。今の世界経済からはあり得ませんが、その中で生き抜いていかないと
    世界標準との名のもとに何度日本規格が圧力かけらことか

  4. ……中立って中国を宗主と立てるで中国自治区化の事か(チガウ)
    という認識もアレですが、この教授のネタ元は本邦報道に偏ってるんじゃなかろうか。朝ぴーとか真に受けてそう。

    日本研究と言いつつネットを漁る程度で文章を書いてたりして。

  5. その時のご時世に合わせて「どこについたら有利かな」と周辺国の間をフワフワしているのは中立とは言いませんね。

    1. 中立は、常に不利な側につかなくてはいけない損な役回りなんだけど、韓国の場合は常に有利な側について相手を下にする、自分が上になることしか考えないですからね。

      1. あなた、やっぱり韓国人と同じ感性だわ。

        常に不利な側についてバランスを取るのってキャスティング・ボートでしょ。
        韓国が以前言っていた「バランス外交」がまさにそれ。文在寅だって不利な側である北朝鮮に付いている。
        そうやって、積極的に関わってキャスティング・ボートを握って利益を上げようとする。

        これがダメなの。
        スイスが大戦末期にドイツに付いたかい?北欧諸国が冷戦末期にソ連に付いたかい?そんなことはしなかった。
        不利な側に付いて戦いを長引かせる必要はない。不利な側がそのまま負けても、勝った側の中でまた挑戦者が現われて次の戦いが始まる。そうしたら、また中立をすればいい。

        中立は、出来るだけ消極的に関わって損害を減らすことを考えるもの。

        1. まあ歴史を見れば、スイスはドイツにわりかし利用されていたんですがね、大戦初期から。
          中立国なんてそんなものですよ。

          歴史をしらない無知はよくマウントしたがるね。

          1. 相変わらず、各論で何か言い返せるところだけ言い返すね。
            (大国を利用しようとするのがダメだと言っているのに、大国に利用されたと言い返すのは反論になってないのは置いておく。)

            あと、「歴史をしらない」とか「マウント」とかさんざん言われたから、またオウム返ししているね。オウム返しは無様だよ。

            まあ、あなたの感性や理解は韓国と非常に似ていると思うので、そのままで居てくれればいい。

  6. 朝鮮半島は「中立に、なってもらった」方が、いいと思います。

    つまり、「日本も米国もロシアも、中立国なのでかかわらない」
    という同意ができれば、それに越したことはありません。

  7. 国として中立の立場。を双方と仲良く、みんなで仲良くと勘違いしているのって多いですね。
    戦時中のスイス、ドイツ軍も、英国軍の飛行機も怒って追い回し、無断で入ったからにゃ、赤だろうと白だろうと黒だろうと関係ない。“須らく敵!!!” これが出来なきゃ中立なんて無理。
    どちらの味方でも無い。敵になるかはアンタ次第。ってね。
    古代のローマ時代に帝国相手に独立を勝ち取った連中の子孫、バチカンでガード任されるだけの実績。あの根性は真似できませんよ。
    リベラルの言う中立なんて幼稚園か良くて小学生レベル。

  8. 対馬海峡を封鎖して対朝鮮に備える必要がある。
    北に併合された韓国難民を受け入れてはいけない。

  9. 韓国のメディアやら学者は、こういう時代錯誤な論を好みますね。というより、この時代錯誤の枠を越してはならないって制限があるのでしょうね。
    ソウル市庁の市民講座で遭遇した高齢の講師がそんなのでした。
    脅迫観念でもあるかのように、普通に話していると、いきなりスイッチが入って、時代錯誤枠に入ってしまう。
    数日前に韓国人と話していてわかった事は、「統一」という言葉を聞くと、脳内コントロールが奪われた状態になっちゃうのですね。
    そこから統一したら日本を超える国になるとか、世界のトップレベルになるとか、ブレーキが壊れた妄想モードになってしまうもののようですよ。冷静な心理状態で「反日」「統一」論議をするのではなく、憑依した、ぶっ飛んだ状態でやるワケですな。話してもムダですな。

    韓国関連サイトのコメント読んでても、日本人で韓国語やれる人間はわかりますな。こうした憑依状態になって、内容が「退屈で陳腐」なものに落ちこむ、これは絶対に他国語を理解しない人だなという人がいるものですが、そういう相手に引きずられませんね。
    冷静にポジションを変えて、遠くから石をぶつけますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。