責任

1960年代のことです。イエール大学のスタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)教授が、ある実験を行いました。

ミルグラム氏は「勉強において罰を与えることが効果的かどうか」を測るための実験を行うと広告を出し、40人を募集しました。ですが、これはフェイクでした。実はミルグラム氏は「環境の圧力の中で、人はどこまで残酷になれるのか」という実験を行おうとしていました。氏はあらかじめ「役者」40人を集めて、計80人で実験を開始しました。

実験は、「先生」と「学生」がペアになって行います。先生と学生はそれぞれ別の部屋にいます。ただ、マイクとスピーカーから相手の部屋の声が聞こえるようになっています。先生が問題を出し、学生が答えます。そして、学生が答えを不正解すると、先生は電気ショックボタンを押します。電気ショックは、回数を重ねるたびにどんどん強くなっていく仕組みで、最初は15ボルトで始まって、最大で450ボルトまで上がります。電気ショックボタンには「この出力でボタンを押すと、相手にとても危険です」と警告も書いてあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミルグラム氏は、募集した(何も知らない)40人に「あなたたちが先生役です」とし、役者40人に「あなたたちが生徒役です」と決めました。実際は、「先生」たちがボタンを押しても「学生」に電気ショックが走ったりはしません。しかし、学生(役者)たちはわざと先生の出す問題に不正解をして電気ショックを誘い、そのたびに悲鳴をあげる演技をすることになっていました。

「先生」として参加した人たちへの報酬は、4ドル。ミルグラム氏は、この変わった環境設定に、人がどれだけ服従するのか(相手に危険が及ぶと知っていながら電気ショックを与えるのか)をテストしたかったわけです。

結果、65%(26人)の先生たちが、無残に響く学生たちの悲鳴を耳にしながらも、電気ショックが最大になるまで実験を続けました。

 

この実験は、権威者(この場を用意したミルグラム氏)の命令に逆らえない人の心理を表すものです。または、「人の心は環境による圧力に同調するものだ」という話をするとき、この実験を持ち出す人たちもいます。

 

ただ、この実験に対する、ほんのちょっとだけ別の観点からのアプローチを可能にする話もあります。

電気ショックで学生(のいる部屋)から悲鳴が聞こえてくると、大勢の先生(先生役の参加者)たちが「こんな実験、もうできない」と抗議したというのです。その時、ミルグラム氏は「実験に参加したあなたが協力してくれないと教育に関する大事なデータが取れなくなる」など、確かに権威者というか圧力というか、そんな態度も取りましたが、抗議する人たち全員を黙らせた最強の一言は別にありました。それは、「(この実験で人が死んでも)あなたが責任を負うことにはなりません」です。

 

韓国について書く時、いつも「極端な二元論で出来た社会」と書いてきました。すなわち「敵」を設定することで自分が「善」になれるパターンが、社会全般に蔓延しているというわけです。その同調・・「善」という宗教じみたほどの同調を生み出す力にも、同じ条件が関わっているのでしょう。

「責任はない」。

相手は「悪」だから、それを攻撃することに責任は無い。攻撃する権利はあるべきで、攻撃したことで発生する責任は無い。

その心理、恨(ハン)との相性もいい気がします。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“責任” への59件の返信

  1. 記事の主旨とは関係ありませんが…
    この実験は真理なのかもしれないですが、
    要素をもっと追加して、再検証し、多角的に分析してほしいです。
    私ならこんな実験に参加してしまった場合、「ヤバい人達なんじゃないか、逆らったら自分もああなるんじゃないか→説得に良心の呵責を屁理屈で薄めて→身の安全をとる→実験を続行」みたいになりそうです。集団圧力よりも、逆らったら殺されるんじゃ、が先にきます(-_-;)
    で、現代で同じ実験に参加した場合、身の危険の割に緩く(実はただの実験ですし)、手荷物没収がなければ、こっそりスマホで警察に通報します。

    看守と囚人の実験と違い、余計な要素が多すぎるので、真理と思う反面、学術的な価値には疑問があります。

  2. その今日的現象が李明博・朴槿恵の両元大統領の逮捕拘禁ということですね。死刑にはできないけれども、長期の懲役刑で生きて刑務所から出さないぞという文在寅大統領の意欲満々ですからね。

  3. ぜひ南朝鮮でも同じ実験をして頂きたいですなぁw
    100%近い数字が期待できるww

    多分日本もww

  4. ハンナ・アーレントが「凡庸な悪」と名づけたアイヒマンの心理ですね。
    同じ実験は2015年にポーランドでも行われており、85%が命令に従ったそうです。
    「このような命令にあなたは従いますか?」という別のアンケートでは9割の人が絶対にしないと答え、1割の人が場合によってやるかもしれないと答えたそうです。
    人間なんて、ららーらーららららーらー

  5. はっきり言って
    日本にとって韓国人は害になる存在以外の
    何者でもありません
    以前、書かれていたように韓国側から
    「断交」を言い出す良い手段って
    ないものですかねぇ

    1. 絶対にありません。日本から断交をするしかないんです。
      そうしたらことあるごとに、韓国は日本との交流をもとめてやってくるようになります。

      隣国と国交がないのは、日本の間違いだと主張してね。
      いま北朝鮮がやってるのをみればわかるでしょう?

  6. 韓国人とて責任が自分たちにかかるという状況は嫌でしょう、それを表すのが慰安婦問題にかかわる人たちの若年化です、若年になればなるほど慰安婦問題からの責任度合いが低くなり今ではもうデモをする人たちと元慰安婦とは4世代の開きがあります、今の子供たちだと5世代かもしれません、日本人の感覚ではもう歴史の中で消えてしまいそうなことのほうが韓国人にとって自分とはあまりに無関係だから追求しやすいんでしょう、追求という手段が目的になってしまってるのが慰安婦問題です、そうならば落としどころなど初めからなかったわけで慰安婦問題に終わりはありませんね、

    1. 慰安婦問題は、日本側は自称慰安婦が死に絶えれば問題は解決すると考えている。

      一方でわたしなんかは、慰安婦が死に絶えてこそ問題は活発化すると考えているわけです。これは慰安婦を楯にした、日本ヘイトでしかないので。

  7. ちょっと嫌な言い方になるけどさ、「私なら絶対にやらない」と言っている人はネタバレを知っているから言えるのであって、巧妙にカモフラージュされたり、別のシチュエーションで同じ状況になった時に果たしてそう断言できるかな?と思うんだよね。

    車の危険予測と同じで「私ならやらない」よりも「もしかしたらそうなるかも」と考えた方がいいかも。

  8. 「責任がない」というのとはちょっと違いますね。
    これはジンバルドの監獄実験とも共通しますが、被験者たちは「職責(役割)」という責任をその場を支配する権威者から課せられています。
    その中には「電気ショックで罰を与える『責任』(have to)」も含まれます。
    「職責」と「結果に対する責任」の板挟みの中で、権威者がその場に居ること(また、その言葉)によってパワーバランスが職責に傾いていると見なせます。(職責>結果に対する責任)

    職責については権威者からのプレッシャーをダイレクトに感じている状態です。
    結果に対する責任は「権威の外側」に居る人から課されるもので、更には職責という大義名分がありますからハードルが下がりやすくなります。

    ですが、韓国人にとって「責任」とは負うものではなく、他者に追求する(責めるための)もの、という認識があるのでしょう。
    上で述べた「職責」については、「職権」のみが意識され、「職責」は誰かを責める時にのみ意味があるのではないかしら。
    だから「電気ショックで罰を与える『権利』(must)」とスリ替わってしまう。

    以上を踏まえると、韓国人は「責任がない」から他者を「悪」として攻撃することができるというより、自分たちが「善」を演じることで、他者を「悪」として攻撃する「権利」を得ていると感じているのだと思います。

    「権利」には「義務」や「責任」が伴うものですけれども、そこには意識が向かない。
    なぜなら「責任」は自らが追うものではなく、他人追求するものだから。

    1. 焦熱さんの書いてることが正しいよね、監獄実験のあれも含めて書いてるところが特に。

      わたしはこんな実験、どちらかと言えば、押す方だと思うんですよ。それで人が死ぬという明確な根拠がなければね。

      ところがこの実験、人は権威者に命令されれば簡単に人を傷つけ殺すことでもやるという、悪意的な解釈。

      押さない方は判断力のある、正解で正しい人、押した奴は完全に判断力の無い、ロボットで悪い奴だとする解釈で紹介される。

      この実験が問題になるのは当然でしょうね。

    2. 自称「王」も奴隷。半島に来た支那奴隷に膝まずいて土下座を切り返す奴隷(半島の自称「王」)

      ご主人様(=上位奴隷)のご機嫌次第で金魚を握り潰すように殺される奴隷半島で、嘘捏造で全ての責任を他者に擦り付け、ご主人様に他者(他の奴隷)を殺させ、自分だけは殺されずに生き延びた。
      これを半万年繰り返しまともなものを死滅させた生まれついての嘘捏造 天性の嘘つき朝鮮奴隷だけが生き延びた嘘捏造奴隷半島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。