韓国専門家、終戦宣言で「北も米も韓国に頼っている。韓国の出番だ」

随分前から、私は韓国の外交感覚のことを「AもBも韓国が好きで仕方がない。だから韓国はABのバランサーになれる」、「AもBも韓国を選ぶしかない。でも韓国はAを選んでもBを選んでも問題ない」というふうに書いてきました。

これが盧武鉉氏の頃はバランサー論、文在寅氏の現政権では運転者論として現れているわけでして。

昨日書いた終戦宣言のことですが、韓国の専門家が「北も米も韓国の活躍を望んでいる。韓国が前に出るときだ」という意見を出しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(北朝鮮が、米国との非核化交渉が難しくなったから)文大統領に前に出てほしいという信号を送っている、というのだ。キム・ジュニョン韓東大教授はこの日tbsラジオ「キム・オジュンのニュースショー」のインタビューで、「少なくとも終戦宣言に関しては、北朝鮮も韓国の方を眺めている面があり、米国も似たような状況で、「韓国がもう少し積極的に出てきてくれないだろうか」と思っている」と分析した。

文大統領の統一外交特報を務めているムン・ジョンイン延世大教授もこの日cbsラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」のインタビューで、文大統領がより積極的な仲裁の役割に乗り出すべきだと注文した。ムン教授は「文大統領が今まで、仲介者、促進者としてのの役割をしてきたが、その役割をさらに行わなけえばならない」、「(北米が)建設的な対話をするようにして、早く接点を見つけることができるようにする作業を、私たち政府がしなければならない」と述べた・・>

http://v.media.daum.net/v/20180709152444677?d=y

 

「年内には終戦宣言する」と板門店宣言に入れただけでも米国としては大きな迷惑になっていますので、これ以上は何もしないでほしいところです。

でも、なぜかそういう人にかぎって活動的だったりしますよね・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

117+

“韓国専門家、終戦宣言で「北も米も韓国に頼っている。韓国の出番だ」” への53件の返信

  1. そりゃ北としては自由主義陣営を引っ掻き回した上で最後は肉の壁として華々しく散ってもらいたいでしょうからねぇ・・・。
    煽てるぐらい安いもんでしょうよ。
    そしてそれに簡単に乗せられる活動的なバカほど迷惑この上ない存在はありませんし。
    まぁその点は日本にも似た存在の首相が過去にいましたからあまりとやかく言えませんけどね。

  2. シンシアリーさんに質問したいのですが、よくこの手の記事で違和感を感じるのが「と分析した」と言う表現ですが、

    この「分析した」というのは、韓国人の感覚からすると、
    「何か御大層なことをしている」感じを演出できる表現なのでしょうか?

    僕は韓国人の(自称)専門家、学者が「分析した」という表現を
    使うたびに「分析という意味を判っているのかな?」と思います。
    僕自身は文化系出身技術者なので「分析」「解析」と言う言葉を避けます(コンプレックスですね)。
    何故なら「分析」や「解析」の本質を知らないから。

    1. 御用学者が自分の主張を客観的にみせかける上で
      分析という語彙選択は普通のことだと思います。
      そこは日本でもそんなに変わらないような。

      1. そうかなぁ?
        日本では割と安っぽい記事とかTV番組にしか「分析」って使わないような気がしますが(「XXを徹底分析!」みたいな)。識者への問いかけとして「どう分析されますか?」も安っぽい感じしかしませんが。

        1. 元記事のnewsisや元ネタのラジオ番組やらが
          丁度それくらいのランクってことでしょう。

          自分は最近のTV新聞とかロクに見ないせいか
          日本のマスメディアについても安っぽい記事や
          安っぽいTV番組の印象しかありませんが。

          1. 元のコメントが意味するところは「分析」という表現を韓国人がどのようにとらえているか、そこのところを生の韓国人に聞きたい、という事なのです。

  3. 韓国がハンドルを握りたいならどうぞ。

    ただし、日本にだけは迷惑かけないでね。

    無理か・・・

  4. 全ては李承晩の嘘から始まってるが、李承晩の嘘はルーズベルトの認知式不協和から始まっている。
    ルーズベルトを騙したのはハリーホワイト。
    ハリーホワイトを操っていたのはレーニン。
    レーニンを狂わせたのはイギリスの覇権主義。
    イギリスがアメリカに大西洋戦線に参戦を打診して日本を追い込んだ。
    イギリスもまたナチスドイツに追い込まれていた。
    ドイツもまた一次大戦の責任を負わされて追い込まれていた。
    原因、責任を追及していけばキリがない。
    最終的には「神様が全て悪い」に行き着く以外に結論は存在しない。

    それを回避する為に「過去の為に未来を犠牲にしてはならない」という認識だけは全人類で確認されている。

    それが安倍談話の骨子になっている。
    安倍総理が色々と並べたアジアの国名は未来の為に過去は捨てるというという人類共通の国是であり、謝罪でも反省でもない。

    その名前の中から韓国が抜かれていたのが重大なメッセージであり韓国が安倍談話に嚙みつけなかった段階で韓国は既に終わっていた。

    未来は自己責任であり、過去から見た未来が現在だと気が付かなければ韓国の終焉は決定事項。

    韓国が変われないのは中国の体制に責任を押し付けているから。
    中国が変われないのは全てが嘘の積み重ねで嘘のエントロピーが全ての全動力になっている為。
    過去に飲み込まれない為には何処かで損切りしなければならない。

    韓国は損を絶対に認められない。
    損を認められない奴が国際社会というギャンブル場に出て来ちゃいけない。

  5. 韓国はアメリカからは信頼されてないです。
    だから、米朝会談もブンザイトラの意向は忖度されずにシンガポールになったのです。

  6. 妄想じゃなかろ 北の抱きつき(南が わざわざ抱きつきに行ってるけどね) で 終戦宣言して アメリカを 国際社会から非難される方へ誘導してるだけ。(攻撃 制裁回避) そんな意図が ありあり アリゲーター

  7. 昔は、日本の外交オンチを嘆くばかりでしたが、
    こうしてみると、韓国政府に比べたらマシかと、外務省を見直さざるを得ないかも(笑)。

    全部間違い
    1、比べてどうするんだ!
    2、見直すのは、特亜対策がきちんと出来てから!

  8. 典型的な働き者の無能ですね
    そこにいるだけで、場をめちゃくちゃにするクソ無能

  9. 北は何考えてるかわかりませんが
    韓国が場を乱すのを好むかもしれませんね
    結果がどうあれ時間稼げる。
    アメリカはまぁ、、、すっこんでろ、アホ!
    って感じじゃないでしょうか、、、

コメントは受け付けていません。