予言と迷言

いくつかのネタを提供し、本ブログでは思ったより早めにオワコンになったドリューキング氏。でも韓国では一時の話題性は無いものの、そこそこニュースになっています。

さて、彼が与党側の大物議員(今は慶尚南道の道知事です)にコメント操作の対価として「仲間を大阪総領事にしてくれ」と請託したことがこの件の核心でもありますが・・

その内容、いままでは「こんな話だそうだよ(ヒソヒソ)」とされていましたが、具体的な内容が明らかになりました。

ほぼ噂通りで、「日本は2018年沈没する。在日コリアンと日本の企業を北朝鮮の開城工業団地に移すため、仲間を大阪総領事にする」ということです。ソース記事にはありませんが、なにかの予言を解釈したものだ、とのことです

https://news.v.daum.net/v/20180811101333550?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

6月に本ブログで紹介した「罪深き日本、統一まで邪魔する気か~青春と克日民族主義~」という本にも、同じ趣旨が書いてあります。著者のホ・ムンド氏は長い間、朝鮮日報の日本特派員だった人で、国家機関の長官まで歴任した人ですが・・

「2010年に韓国が日本に勝つと、日本人が書いた本がある」「南朝鮮のおかげで世界が繁栄するという予言がある」と、その本には書いてあります。面白いのは、この本は2010年にホ氏が連載した内容を集めた本ですが、2014出版です。2014年の本に「2010年に~」と書いてあるわけです。

特にこの本は、統一関連の国家機関の長官だった人が「統一のためには民族主義が必要で、民族主義のためには反日が必要だ」とする主張を露骨に展開している本だけあって、9月2日発売予定の拙著「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にもちょっとだけ紹介しています。

 

他にも、どうしてこう予言に頼る人たちが多いのでしょうか。

有名なものとしては、韓国のメシア伝説「鄭道令(チョン・ドリョン)」というのもあります。「ドリョン」は人の名前ではなく、若い男への呼び方です。

未婚の男を「チョンガック」と呼びますが、その尊敬語となります。最近はほとんど使いませんが。

言わば「若くて偉い人で、鄭氏」という意味ですが・・・・いつどこから出てきたかは分かりませんが、一般的には「韓国民族の指導者」だそうです。様々なパターンがありますが、「チョンドリョンの出現で、韓国民族が世界をリード出来るようになる」「韓国がついに日本に天罰を下す」などという共通点はあるようです。

一時は大統領候補に鄭氏がいて、「ついにおいでになった」と巫俗(民俗信仰)関連者たちが大騒ぎになったこともあります。結果はダメでしたけど。

 

普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。宗教的に言うと「迫害されている」ときですね。

でも、誰も韓国を迫害していません。

ひょっとすると、韓国人の反日思想は、自分で自分を迫害するものかもしれません。

 

🍎🍉🍅🍆🍊お盆休みが始まりました。皆様、よきお盆を過ごしてください。

シンシアリーは原稿の最終調整(もうすぐ完成です)もあるし これといっていくとこもないので 家で待機です。ただ、月曜日の夜には、いつもと違うレナスレでも書けたら・・と思います。いつもの姉と姪は、9月の秋夕(チュソク、旧暦8月15日)に遊びに来ることになりました。今年こそは無事来れるといいのですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

134+

56 Replies to “予言と迷言”

  1. 朝鮮民族の精気を断つ日帝の呪いの杭、でしたっけ?
    自己評価高過ぎでしょう
    そういう呪術的なものを日本より信じやすい感じはありますね

    日本人にも血液型信仰とかありますけどね馬鹿馬鹿しいことに

  2. 平均的に見て、韓国人は明らかに日本人に比べて論理的思考が苦手ですから、この手の迷信を信じる人が多くても不思議ではないですね。

    日本語を勉強している韓国人が、難しい話になると、韓国語より日本語の方が話しやすいと言っているのを聞いたことがあります。今の日本語は、古くは中国語、最近は欧米語で表記された様々な思想や文学を日本語で表現できるように歴代の日本人が磨き上げて来たもの。

    朝鮮時代、中国語が出来ることが知識人の証であった韓国では、多分、自分の言葉を改良するという作業がされていない。例えばシンシアさんに伺い度いところですが、韓国語の受け身表現がどうも曖昧で分かりにくい。その言葉そのものの雑さが、我々日本人が韓国人の言動に感じる粗雑さ繋がっているような気がします。

  3. 預言もナルシストも反日も根は一緒。
    民族性とされる「恨」の仕組みを持つがゆえの病気みたいなものかな。

    >普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。
    時々自己中で何でも責任転嫁する韓国人を、悩みが無くて羨ましいと呆れ交じりに言う人がいて、「冗談じゃない!」と強く思うのは、内面を知れば生きているだけで地獄だろうと思うからです。

  4. 韓国が日本に天罰を下す・・
    で思い出しました。対馬の仏像が可哀想な状態になっているのを見ました。
    結局大事に大切にする事も出来ないんだなあと思いました。信仰心の問題でしょうか。
    そんなんやったら早く帰してあげて欲しいですね。先日実家に帰った時に神棚の方角を見たら
    東向きに祀られてました。榊とお水が置いてありました。高い位置に設置されているので
    椅子とか使わないと届かない場所です。
    話しそれた( ;∀;)

    秋夕楽しみですね(*^o^*)

  5. >有名なものとしては、韓国のメシア伝説「鄭道令(チョン・ドリョン)」というのもあります。「ドリョン」は人の名前ではなく、若い男への呼び方です。

    チョンドリョンに似た言葉に「サンドリヨン」という言葉があります。これは「シンデレラ」のことです。チョンドリョンが男版シンデレラということなら、スッキリと説明できますね。

  6. >韓国のメシア伝説「鄭道令(チョン・ドリョン)」というのもあります。

    >普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。
    >宗教的に言うと「迫害されている」ときですね。

    英雄を待つ心理、予言を信じる心理。
    どちらも、その裏側にあるのは「依存心」だと思いますね。
    自分に出来ないことを誰かがやってくれる、という
    自分勝手で他力本願な願望成就の心理。
    韓国人の「依存心」の強さを物語る記事だと感じました。

    >「2010年に韓国が日本に勝つと、日本人が書いた本がある」
    >「南朝鮮のおかげで世界が繁栄するという予言がある」

    こういうのも含めて、自分で思考した判断では無く、
    全部他人の思考・判断に依存して乗っかって
    自分の願望や主張を語ろうとする韓国人達の姿。
    怠惰で無責任・無思考でありながら、
    何か偉そうにお説教だけしたい心理に見えます。
    韓国人のこの依存心の強さが無くならない限り、
    今後も予言を信じる性癖が消えることは無さそうな気がしますね。

  7. 米国の大学が三国の歴史教科書を比較して「日本はヒストリー、中国はプロパガンダ、韓国はファンタジー」と発表しましたが、歴史に限らず、あらゆる面でそういえるかもしれません。

コメントは受け付けていません。