ウリストの矛盾

韓国の社会問題などを書いていると、よく「キリスト教を信じる人が多いのに、なんでこうなの」という指摘を耳にします。

実際、「韓国で」学んだキリスト教(プロテスタント、いわゆる『新教』のほうです)の精神と、本ブログで書いてきた韓国人の動きは矛盾しています。

どんなものがあるのでしょうか。『きわめて一部』ではありますが、まとめてみました。

 

・キリスト教は「許し」の宗教です。イエスは神の本体として、自分自身を生贄として「全人類の罪」を許した、というのがキリスト(罪から人類を救った救世主)信仰の基本です。でも韓国人は恨(ハン)を基本情緒とします。世の中の誰もが自分を許すべきだとしながら、自分は世の中の誰も許しません。

・また、キリスト教では苦しいことを神様の試練だとしながらも、「耐えられない試練は無い」とします。すなわち、世の中の苦しいことは、神様から与えられた試練ではあるが、神は慈悲深いためクリアーできない「無理ゲー」をセッティングすることは無いとします。頑張れば耐えられる、耐えられない試練などはこの世に無い、とします。余談ですが、アメリカの開拓精神にも同じものが見られます。韓国の恨(ハン)は、「どうしようもない」を基本とします。悪いやつの手にかかって、もうどうしようもない、なんとかしてくれ、というメッセージを強調します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・キリスト教は、「先天」より「後天」を大事にします。新約聖書の時代、約2000年前、ユダヤ人たちにとって「罪から許される」というのは、律法(規則)をちゃんと守ったユダヤ人にだけに与えられる特権でした。それを、イエスは「神様は、小石をアブラハムの子孫(ユダヤ民族)に出来る」としながら、「ユダヤ人じゃなくても神の許しが得られる」と教え、ユダヤ人の宗教指導者たちから目の敵とされました。いわば、キリスト教は民族単位での選民思想、自民族優越主義などとは相性が悪い宗教です。でも、韓国は自民族優越思想をやめません。キリスト教も、元老牧師が「韓国のキリスト教は民族主義と結婚した」という本を出版するなど、キリスト教を自民族優越主義と融合させています。

・イエスは「上の権力に逆らうな」と教えました。キリスト教の歴史には、反政府的な動きがあります。しかし、イエス本人は、「世の中の権力は全てが神様によるもの」とし、上の権力に逆らわず、苦しいことがあったら「神様に祈れ」と教えました。有名な映画「ベン・ハー」の最後のシーンもそうですが、特に暴力を伴うデモなどは論外です。しかし、韓国は、昔も今もデモがものをいいます。

・キリスト教は、「ノブレス・オブリージュ」を強調します。自分の裕福さは神様の恵みによるもので、自分が偉いから手に入れられたものではないからです。いわば、自分の富は神から「託されたもの」という考え方があります。韓国人は、苦しいときには神様に助けを請いながらも、豊かな時には「私が神だ」と思い込みます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“ウリストの矛盾” への96件の返信

  1. アンダーウッドとアペンゼラーが韓国にキリスト教を伝えた際、韓国人に禁酒を命じたそうですが、韓国の現在に至るまでの飲酒文化との矛盾も書いていただきたいですね。

  2. キリスト教は「赦す」
    じゃあ何故、ユダ(ヤ)は裏切り者と扱われるの?
    私無知なのでわかりません。

    1. イスカリオテのユダは、イエスを裏切り、居場所を密告したから。
      ユダヤ教の神殿では死刑などの刑罰を科すことはできなかったので当時のローマのユダヤ総督ピラトにイエスの裁判を依頼したのです。
      それでピラトさん「あれ?別に処刑にしなくてもいいんじゃね?」と思ったのだけど「処刑!処刑!ヒャッハー♪」って声が多すぎて、
      「死刑にするけど、俺シラネ」って手洗って、責任ないよって示したのです。
      ユダヤ人がイエスの処刑をしたということで、ずーっとキリスト教圏では不遇な扱いを受けるのでした。

      1. ただ、ユダはイエスを処刑にするというシナリオの最大のキーマン、功労者?であり、実は最も信頼されていたともいう説もあるのです。

        https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/4494/

        近年発見された「ユダの福音書」ね。こういうのも面白いですよね。
        「裏切ったアイツは実はそうでなかった」ってサイドストーリー的な何かです。

        (´・∀・)こうしたものは日本人だと衝撃受けたり、拒絶感なく、スイスイ理解可能

        1. みかげさんへ

          紹介していただいたページ行ってきました^_^ありがと〜

          確かに、違和感なく妙に納得できる内容ですなぁ〜

    2. イエスの弟子であった「ユダ」については、みかげさんの解説通り。

      キリスト教とユダヤ教の対立は、
      元々、イエスはユダヤ教の改革者の一人(他にもたくさんいた)だったから。
      ユダヤ教からみると、イエスは異端なのです。
      でも、基本が「選民思想」のユダヤ教より、「万人が救われる」ことにしたキリスト教の方が、大勢力になりました。

      1. そしてイスラム教でも、イエスは預言者だったりするわけで、宗教同士いろいろと関わりがあるのですね。

        1. 日本の仏教も、中国から輸入される過程で「儒教」「道教」「ヒンズー教」がごっちゃに混ざってますから。
          キリスト教も、一神教のはずが、ローマ帝国に、さらにゲルマン系やケルト系やスラブ系に受容されて行く過程で、かなり「多神教」に近くなってます。
          だから、イスラム教とほぼ兄弟みたいなものなのに、仲が悪い、ということもあります。

  3. 馬。韓国韓国人のは・切り捨て教だろな、なんせ本来のキリスト教を曲解?ご都合よく・近親交配DNAに刷り込ませ、めちゃくちゃにしたからな。へい

    1. >避・朝鮮さん

      朱に交われば赤くなる は、感化される。影響を受ける。
      という意味で劣化はしません。

      樽一杯のワインに一滴の汚水

      樽いっぱいのワインにスプーン一杯の汚水を注ぐと、樽いっぱいの汚水になる(ショーペンハウエルのエントロピーの法則)
      とかは?

      あとは
      馬の耳に念仏
      豚に真珠
      鵜の真似をする鴉

      1. 眠り猫様

        諺のあてはめを間違えていたのですね。

        このようなご指摘があることで、私個人の誤解が拡散されることがなく、有難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。