<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介

おかげさまで、「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が無事、発売日を迎えることができました(アマゾンの発売日が9月2日ですから、地域によっては1日から搬入されるところもありましょう)。

以下、前に書いた紹介エントリーを整理して、しばらくは固定表示致します(毎日の更新としては、一つ下のエントリーが最新のものとなります)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮は社会主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎず、韓国は民主主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎない・・簡単に言えば、そういう内容です。前にも触れたことがありますが、韓国特有の(他の国とは違う)民族主義、民衆史観(民衆運動家たちの歴史観)。その歪みは、反日思想という宗教じみた考え方から始まり、そして帰結しています。「日本を破壊したい」。それが、韓国の民族主義の全てです。

ある意味では、本書は、「韓国人による恥韓論」の頃に書いた「韓国が日本を武力攻撃しない唯一の理由は、力が足りないからだ」という文章の続きとも言える内容です。

朝鮮半島特有の民族主義、いや「民族主義と呼ばれている何か」。

それがどこから生まれ、どうなっていて、どこへ向かうのか。それはまさに、国境を超えて日本に向かう「疫病」以外の何物でもない。

そういう私の気持ちを、率直に書きました。

自信を持って、ご一読を勧めたいと思います。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

Kindle版はこちらです。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります。アフィではございません※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介” への106件の返信

  1. 早速読みました。
    心が重くなる内容ですが、韓国にかかわる業務に携わる人には、必読の書と思います。大手のマスコミがもっと取り上げてしかるべき内容の本です。(「嫌韓本」扱いされているのでしょうか?)
    なお、既に取り上げているひともいると思いますが、校正ミス?と思われる部分を参考までに。
    ・180頁3行目:「洪永杓氏」→「洪準杓氏」
    ・40頁~43頁:韓国姓の「趙、曺、租」の読みの表記は、「ゾ」よりも「チョ」が適当。220頁の故チョ・ビオ神父の読みとも整合性があると思います。
    ・193頁~194頁:「秘密業務司令部」とありますが、軍の機関の正式名称が「国軍機務司令部」であったと記憶します。(195頁)

  2. 全部読みました。実に中身が濃く、素晴らしい内容だった。
    間違いなく今までで最も読み応えがある1冊だ。
    「皆様へ」Ver3.0でも書き込みましたが、日本人に限らず多くの人が読むべき本だと思う。

    今の韓国人・朝鮮人、そして、韓国や北朝鮮の表面的な動きを理解する上で欠かせない韓国人・朝鮮人の共有している情念が説明されていて、そこから行動に移る思考メカニズムが非常によく書かれている。だから、分かりやすい。

    また読み返します。

      1. 内容が薄くなるのなら、無理に繋げなくてもいいかも。
        とにかく新刊で十分に書けていると思う。今後、何かしら想定外の変化が韓国に起きるだろうが、少し落ち着いて見ていた方が良い。
        また、メインのネタを書き切ってしまえば、書くことが無くなるのだし、そう急ぐ事は無いと思う。

        それと、切り口を変えれば、書くネタはたくさんある気がする。

        例えば、日本人の読者向けであれば、日本人と韓国人の認識の違いで、日本人が騙されたり、妥協したりして、してやられる仕組みを論じても面白いだろう。韓国人が認識違いで国際社会で大損している事もあるだろうし、、、そういったことを面白おかしく論じても良い。

        他にも、朴正煕という人物を少し深く掘り下げてみても良いかもしれない。彼は朝鮮人の民族性を洞察して、巧みに国家を導いた。
        今の韓国の崩壊を読み解くには、朴正煕が軍事政権を樹立したあの時代に直面していた課題を読み解く事が大いに参考になるかもしれない。どうやって乗り切ったのか。なぜ今は何故乗り切れないか。。。
        当時と今、国内の課題としては似た部分は多いはずだ。歴史は繰り返すのだから。ただ、西側諸国から見て韓国の利用価値は下がり、国内の親米勢力は衰えてきたが、、、。

        まあ、独り言です。

  3. 今回は地域の書店で買いました。
    以前は1~2冊位しか表に出てなかったのに、今回は前の数冊共々平積み❗❗
    凄~い、売れてるのね、と思いながら購入。

    バスの中で、早速読み始めましたが、今回も濃い内容で読みごたえありますね。

    ただ、惜しむらくは、字が老眼には小さくてです。

    急に涼しくなりましたが、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。

  4. 新書拝見しました。
    彼らの「日本に核ミサイルを撃ち込みたい」という気持ちがよく理解できました。日本人としては気持ちのいい話ではありませんが…。

    1. 書いている私としても「よくもこんな残酷な内容が書けるな、私は」と思いながら書きました。でも、率直に書いたものであります。
      (´・ω・`)

  5. シンシアリーさま、いつもためになる記事をありがとうございます。新しい御著書も明日というか既に日付が変わったので今日、書店に買いに行こうと思っております。

    ところで、今回のに限らず御著書のリンクはAmazon日本に貼られておられます。アフィリエイトでないことは承知していますが、出来ましたら他の日本の主要な書店(オンラインと実店舗を持ち全国的に展開している書店、例えば、紀伊国屋書店、honto(実書店としてはジュンク堂書店、丸善、文教堂書店)、三省堂書店)それぞれでの御著書のページへのリンクもAmazon日本でのページリンクと共に貼って下さると幸いです。

    このようなお願いをする理由は、Amazon日本は日本で日本語の本を仕入れて日本国内の発送拠点に在庫確保し日本国内の居住者に販売しているにも関わらず、ほとんど法人税等を日本に払わず日本社会に余り貢献しない企業だからです。(Amazon日本はそのネット・ショッピングのためのシステムの利用料という名目で日本での収益のほとんどを確かルクセンブルクだっただと思いますが租税回避地に設けた支社に支払う形で日本での納税を合法的に回避しております)

    つまりAmazon日本だと、シンシアリーさんの御著書を我々が購入して書店が得た利益が丸々海外に吸い取られてしまうということです。そのためにちゃんと日本に納税してくれて日本経済を回すのに貢献してくれる書店を利用したいし他の方々にも利用して頂きたいと願うからです。

    勝手なお願いだとは思いますが御一考下されば幸いです。
    長文になりましたこと、お許し下さい。

    1. 「勝手なお願い」ではありません。私も何度も同じことを考えてみました。でも、リンクを増やすと、エントリー本文が終わってからの「本の紹介」などが長くなってしまいます。

      アマゾンへのリンクだけにしているのは、この前の「アンケート」エントリーの結果によるものです。

      ttp://sincereleeblog.com/2018/07/14/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88/

    2. >日本社会に余り貢献しない企業
      田舎暮らしの人間にとってAmazonがもたらした生活への恩恵は
      ある種の革命とも言えました。日本社会への貢献という点において
      先駆者たるAmazonには十分な功績があると思います。
      無論それは租税回避の姿勢を肯定できるものではありませんが、
      タックスヘイブン問題は日本企業も胡散臭いとこは多いかと。

    1. KOBO版の発売ありがとうございます。
      先程読み終わりました。
      概ね私も同じような考えを持っています。

      本書を読みながら、日本は韓国にとってウリでもあると思いました。
      「中国を親とする東アジアのウリの一員でありながら、兄である韓国より発展、経済力も多い…それはウリの秩序を乱す裏切り者だ」という感情があるのではないかと…
      だから中国には逆らえないし、韓国人の妄想小説で「日本が許しを乞う」というエンディングなんだろうかと感じました。

      また、韓国の本音は北朝鮮の核廃棄はまったく望んでないでしょうね。
      「無敵の統一国家」の完成には核保有国となることが必要だと考えているフシがあります。

  6. 今読み終えました。
    今までで最も不愉快で、恐ろしい内容だったと思います。
    しかし「上古史」スゴいですね。
    私はオカルトが好きで、ムーを愛読しているのですが、そのムーもビックリですよ。
    しかも、それが国の原動力になっているなんて・・・
    改めて隣国のトンデモさを実感した所です。

    最後の一文、叶いますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。