韓国が心配していること

韓国で、「東京30年、日本政治を貫く・・安倍の言う美しい日本とは存在するのか」という本が出版されました。何が30年かというと、東京で28年間暮らした韓国人政治学者(いまは日本の某大学の教授)が書いた本だそうです。

韓国のニュース通信会社ニュース1がこの本を紹介していますが、最初にこんな趣旨を書いています。「韓国人が書いた日本関連の本を読む際に、私たちは『反日感情のせいで歪曲された日本の姿を読んでいるのではないか』が気になる。しかし、この本は日本で30年も暮らした政治学者が書いた本だから、信用してもいい」。

本を読んだわけではないので本の内容そのものについてでは何も言えませんが、記事の最後にこの政治学者さんが「言いたかったこと」が書いてあったので、そちらをメインで紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・著者は文を終えながら、日本の右傾化の背景を彼なりに診断する。格下だと思っていた韓国が上がってきて、中国は凄い成長を遂げている中、アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついたプライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれているというのが、著者の考えである。

それとともに「無条件的な反日感情がまだ韓国社会を支配しているということは、憂慮される部分」とし「日本を牽制して誹謗しても先入観や感情によってではなく、実際に確認と冷静な分析を介してのものでなければならないと考えている。これが本を書いた理由だ」と書いた>。

https://news.v.daum.net/v/20181011090002457

 

・・・あれ?と思いました。なぜなら、日本に行ったこともない韓国人でも、同じことを書いているからです。

記事は最初に、「韓国人が書いた日本関連の本は、反日感情によって歪曲されたものではないだろうかと、気になる」、「だから、東京で28年暮らした政治学者の書いた本ならいいではないだろうか」という趣旨を書いています。

でも、どちらも同じことしか言っていません。

 

ひょっとして、記事はこう言いたかったのではないでしょうか。

「ほら、私たちの意見は間違っていない。日本で28年暮らした知識人でも同じことを言っているぞ」。

 

ここで、1つ、ある事実が浮かび上がります。韓国が気にしていること、心配していること。それは、実は「韓国の日本観が間違っていたらどうしよう」ではありません。韓国が耐えられないほど心配で心配で本当に心配で仕方がないこと、それは、「韓国の日本観が間違っていると言う人が現れたらどうしよう」です。

 

 

2017年12月1日の「韓流の裏の視点」エントリーが、2018年10月7日、「グーグルアドセンスのポリシー違反(アダルトなコンテンツ)」として指摘を受けました。本文の内容からしてそういうつもりはまったくありませんでしたが、どのみち、問題を起こしたことを反省いたします。また、もし読者の方々の中に同じこと(内容がアダルトすぎ)を感じて不愉快になった方々がおられたら、お詫び申し上げます。いまは少しだけ修正し、再審査をお願いしてあります

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

154+

82 Replies to “韓国が心配していること”

  1. 日本で生まれ育って60年も経った人でも反日の朝鮮人いるしね
    拉致が公になったとき、朝鮮籍から韓国籍に変えたと本人が言ってたから、韓国人と呼ぶべきなのかもしれないけど。
    とにかく、だから年数は関係ないね
    シンシアリーさんも30年後は日本に対してどういう感情を持っているかはわからない

  2. まともに分析するつもりもないし
    したいと思っても
    寄ってくる日本人は左翼ばかり集まってきて
    彼らの好むテンプルみたいな事を言っているからでしょうね

  3. いくら日本に長年暮らしていたところで、狭いコミュニティの中で偏った価値観に囲まれて暮らしていれば、日本の実態など見えてくるわけがありません。28年が50年になろうが、そんなもの何の担保にもならないでしょう。

  4. 正しくは「美しい日本 へ 」だからな
    今の日本は醜いと安倍は言っている

  5. 日本在住が長いならば、当然同じ文を日本語で書くことができるはず。そして日本で出版した方が読者を多く獲得する機会がある。一つのアイデアで二度美味しいのだからそれは当然やるべき事。
    しかし日本語版が出ない。日本の出版社の編集者がダメだと判断した可能性もあるが、本人が自分の評判を落とす懸念で自粛した可能性もある。案外理由は後者の様に思える。
    「日本経済の凋落が日本を必死にさせて極右の擡頭だ右傾化だ」と説明してやれば朝鮮人の気分感情に沿うので安心して本を出せる。「日本は沈むのだ」と言うドグマの共通認識の様なものが韓国人の中に強烈に刻まれていて、これを前提にしなければ話にならない。
    また韓国は急ピッチで軍拡を進めていて、足踏み状態で軍拡してかなった日本に近年迫って来ている。あと数年で軍事費は韓国が日本を追い越すと予想される。2018年には韓国海軍は戦略ミサイル潜水艦を建造した。今後は原潜の建造を公言している。韓国右派が敷いた軍事ドクトリンだがあれだけ「積弊清算」で保守政権の全てを否定して居る文政権なのに、この軍拡は何ら反対しないで軍拡を加速させて居る。この軍事費で追い越す事や対日戦争を前提としたいびつな軍拡が進展して居る事も「日本は沈む」とする朝鮮人ドグマの一つの根拠となって居ると考えられる。

  6. 1.都合の悪いことは見ない事、聞かなかった事に
    2.見なかった事、聞かなかった事なのでその事実はなかった事に
    3.その事実はなかった事なので、よってウリに都合の悪い事はこの世に存在しない

    以上、半島の三段論法

  7. 実際ヘイト云々で日本でも同じこと言ってる日本人いますからね。
    そういう層から吹き込まれたら素直に信じちゃうでしょう。
    本人はそれで「確認と冷静な分析を介して」るつもりかと。

    参考になる意見に年数は関係ないですね。頭の悪い老人よりは
    平凡な子供のほうがよっぽど現実を率直に理解できるもの。
    日本の政治学者ってハンギョレに寄稿してるような法政大の
    山口二郎教授みたいな狂人ばっかな印象ありますからね。

    権威主義に固執して現実を軽視しているというよりは
    願望に執着して現実を否定するため権威を利用してる
    って構図のほうが表現としては的確なのでしょう。

  8. 大丈夫です、朝日新聞の元記者植村氏や大江健三郎、民○党等に韓国応援団が居ますので、そちらの話しか聞かないでしょう。
    「日本でも~」と

  9. 韓国の反日は日本人へのヘイトなのにそれを報道しない日韓のマスゴミ。

コメントは受け付けていません。