韓国が心配していること

韓国で、「東京30年、日本政治を貫く・・安倍の言う美しい日本とは存在するのか」という本が出版されました。何が30年かというと、東京で28年間暮らした韓国人政治学者(いまは日本の某大学の教授)が書いた本だそうです。

韓国のニュース通信会社ニュース1がこの本を紹介していますが、最初にこんな趣旨を書いています。「韓国人が書いた日本関連の本を読む際に、私たちは『反日感情のせいで歪曲された日本の姿を読んでいるのではないか』が気になる。しかし、この本は日本で30年も暮らした政治学者が書いた本だから、信用してもいい」。

本を読んだわけではないので本の内容そのものについてでは何も言えませんが、記事の最後にこの政治学者さんが「言いたかったこと」が書いてあったので、そちらをメインで紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・著者は文を終えながら、日本の右傾化の背景を彼なりに診断する。格下だと思っていた韓国が上がってきて、中国は凄い成長を遂げている中、アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついたプライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれているというのが、著者の考えである。

それとともに「無条件的な反日感情がまだ韓国社会を支配しているということは、憂慮される部分」とし「日本を牽制して誹謗しても先入観や感情によってではなく、実際に確認と冷静な分析を介してのものでなければならないと考えている。これが本を書いた理由だ」と書いた>。

https://news.v.daum.net/v/20181011090002457

 

・・・あれ?と思いました。なぜなら、日本に行ったこともない韓国人でも、同じことを書いているからです。

記事は最初に、「韓国人が書いた日本関連の本は、反日感情によって歪曲されたものではないだろうかと、気になる」、「だから、東京で28年暮らした政治学者の書いた本ならいいではないだろうか」という趣旨を書いています。

でも、どちらも同じことしか言っていません。

 

ひょっとして、記事はこう言いたかったのではないでしょうか。

「ほら、私たちの意見は間違っていない。日本で28年暮らした知識人でも同じことを言っているぞ」。

 

ここで、1つ、ある事実が浮かび上がります。韓国が気にしていること、心配していること。それは、実は「韓国の日本観が間違っていたらどうしよう」ではありません。韓国が耐えられないほど心配で心配で本当に心配で仕方がないこと、それは、「韓国の日本観が間違っていると言う人が現れたらどうしよう」です。

 

 

2017年12月1日の「韓流の裏の視点」エントリーが、2018年10月7日、「グーグルアドセンスのポリシー違反(アダルトなコンテンツ)」として指摘を受けました。本文の内容からしてそういうつもりはまったくありませんでしたが、どのみち、問題を起こしたことを反省いたします。また、もし読者の方々の中に同じこと(内容がアダルトすぎ)を感じて不愉快になった方々がおられたら、お詫び申し上げます。いまは少しだけ修正し、再審査をお願いしてあります

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

“韓国が心配していること” への82件の返信

  1. 中央学院大学の李憲模という教授は左寄りだと思われます。
    両論併記とかするあたり極左のレベルには達してないけど
    アベ体制の分析に日本会議がどうこう書いたりしてるようだし
    地方自治体での外国人参政権にも賛成の立場なようです。

    ただ、右傾化どうこうが本当に著者の考えなのかどうか。
    本の主題となってる主張なのかというと疑問はあります。
    本を紹介してもらうため、記者というか韓国の正しさに
    阿っているだけのような気もします。どっちかというと
    その後の言葉のほうが本音であるような気もしますね。

  2. >韓国が耐えられないほど心配で心配で本当に心配で仕方がないこと、それは、「韓国の日本観が間違っていると言う人が現れたらどうしよう」です。

    もう現れてますが、
    「新親日派」と呼んで
    無視してますよね、彼らは(・ω・)

  3. 田山花袋……じゃないのか。筆者の韓国人教授って、労働局から行政指導を食らったあの人ですか?

  4. >言う人が現れたら
    既に居てはるような。妄言とか言って聞かないから別に問題ないのではないでしょか。特に最近はそう言われてしまうと困る、逆らえないような想定がされる人物像が出てこないです。

    本の方は直近30年なら本邦の評価は超ざっくり偏見込みでも
    ・日本人いかれてる(ダメだし)
    ・日本人いかれてる(褒め言葉)
    てな変遷を辿ってるし、中韓が成長するのは良い事だと何かと支援してきたというのに何言うてけつかる。

    まあ、本の宣伝記事ですから、好まれそうな部分を抜き出してるとか〆だけ飛躍してたりするかもですけどね。

  5. 「韓国の日本観が間違っている」のでは無くて、「韓国の世界観が間違っているから」日本観も間違っているんじゃないの?とおもいますね。

    自国民が豊かになるにはどうすればいいか?幸せになるにはどうすればいいか?

    自由と民主主義を貫いて民間が自由に経済活動を活発にする以外ない。

    そのためには、自国だけで自国を守ることのできない韓国は、アメリカと日本の存在が絶対的条件なのに両国に対して後ろ足で砂をかける始末。

    まあ、日本に併合されるまで、殆どの韓国人が文盲だったことからも、庶民が自分達の味方になる思想や発言を見抜くことができないんだろうね。

    日本人は敗戦の痛手からまだ抜け出せていないが、政権交代で頭の悪いサヨク連中に舵取りをさせてしまった一時期以外は、国民はアカ・インテリになかなか騙されないからね。

    嫌韓の原因なんてインターネットの普及で韓国の特にインテリの正体が日本のサヨクと一緒だとバレてしまったからじゃないか笑

    こっち向くな!こっち寄るな!が嫌韓なんだよ。

  6. 産まれた時から日本にいる奴らですら韓国人と何ら変わらないのだから、たかだか28年なんて何の意味もない。
    日本で数世代を経ても何も変わらない。
    さらに、日本以外の外国に逃げた連中も然り。

    つまり、朝鮮人はどこに行こうと、どこで生まれ育とうと何も変わらないということ。
    他者を貶めて自らの位相を高めたり平気で嘘を吐いたりするなど、朝鮮人特有の行為がどのように受け継がれていくのか不思議でならない。
    本当にDNAに刻まれているとしか思えないほどだ。
    そんな中でもシンシアリーさんや呉善花さんのような人は、突然変異なのかもしれない。

    1. シンシアリーさんやオソンファさんは元々日本人だったんじゃないのかな?韓国の南の方は元々日本だったんだし。

  7. 日本の常識、世界の非常識
    「日本ではアダルトに自制がかかるが、世界ではチルドレンに規制がかけられる」

    韓国の常識、世界の非常識
    「韓国では日本の悪口に規制はかからないが、世界では他国の悪口には規制がかかる」

  8. 韓国が何故こう思うかといえば、韓国は中華思想の国で、日本に対する蔑視があるからなのです。
    そして韓国が日本の台頭を何故心配するかといえば、中華が上、日本が下というのが韓国の正しい世界であって、日本の台頭は、日本が太陽であることは、日本が対等であることが、韓国にとって中華に対する日本の反逆行為であって、下が上を罰する行為だからナノデス。だからね、聖徳太子は消され、明治維新は消され、日章旗は消される。

    これらはすべて日本の中華に対する、反逆だからね。韓国が消したい日本には、共通点があるのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。