韓国が心配していること

韓国で、「東京30年、日本政治を貫く・・安倍の言う美しい日本とは存在するのか」という本が出版されました。何が30年かというと、東京で28年間暮らした韓国人政治学者(いまは日本の某大学の教授)が書いた本だそうです。

韓国のニュース通信会社ニュース1がこの本を紹介していますが、最初にこんな趣旨を書いています。「韓国人が書いた日本関連の本を読む際に、私たちは『反日感情のせいで歪曲された日本の姿を読んでいるのではないか』が気になる。しかし、この本は日本で30年も暮らした政治学者が書いた本だから、信用してもいい」。

本を読んだわけではないので本の内容そのものについてでは何も言えませんが、記事の最後にこの政治学者さんが「言いたかったこと」が書いてあったので、そちらをメインで紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・著者は文を終えながら、日本の右傾化の背景を彼なりに診断する。格下だと思っていた韓国が上がってきて、中国は凄い成長を遂げている中、アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついたプライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれているというのが、著者の考えである。

それとともに「無条件的な反日感情がまだ韓国社会を支配しているということは、憂慮される部分」とし「日本を牽制して誹謗しても先入観や感情によってではなく、実際に確認と冷静な分析を介してのものでなければならないと考えている。これが本を書いた理由だ」と書いた>。

https://news.v.daum.net/v/20181011090002457

 

・・・あれ?と思いました。なぜなら、日本に行ったこともない韓国人でも、同じことを書いているからです。

記事は最初に、「韓国人が書いた日本関連の本は、反日感情によって歪曲されたものではないだろうかと、気になる」、「だから、東京で28年暮らした政治学者の書いた本ならいいではないだろうか」という趣旨を書いています。

でも、どちらも同じことしか言っていません。

 

ひょっとして、記事はこう言いたかったのではないでしょうか。

「ほら、私たちの意見は間違っていない。日本で28年暮らした知識人でも同じことを言っているぞ」。

 

ここで、1つ、ある事実が浮かび上がります。韓国が気にしていること、心配していること。それは、実は「韓国の日本観が間違っていたらどうしよう」ではありません。韓国が耐えられないほど心配で心配で本当に心配で仕方がないこと、それは、「韓国の日本観が間違っていると言う人が現れたらどうしよう」です。

 

 

2017年12月1日の「韓流の裏の視点」エントリーが、2018年10月7日、「グーグルアドセンスのポリシー違反(アダルトなコンテンツ)」として指摘を受けました。本文の内容からしてそういうつもりはまったくありませんでしたが、どのみち、問題を起こしたことを反省いたします。また、もし読者の方々の中に同じこと(内容がアダルトすぎ)を感じて不愉快になった方々がおられたら、お詫び申し上げます。いまは少しだけ修正し、再審査をお願いしてあります

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

“韓国が心配していること” への82件の返信

  1. 古田博司先生によれば中国・韓国を専攻している学者が中国・韓国政府の見解とは異なる研究結果を発表すると研究の邪魔をされる(資料の貸出を拒否されるなど)、最悪政府の監視が付くのだそうです。
    だから大半の学者は政府が間違っていると自覚しつつも見解を補強するようなことを言うのだそうです。
    この政治学者も同じ…だと信じたいです。

  2.  日本で28年暮らそうが、政治学者だろうが、関係ない。
     ネット情報を得ているか、マスコミ情報だけか、が分かれ道だろう。 後者なら、戦後レジーム派のままなんだろう。

  3. アダルトコンテンツか・・・「ヤクザと妓生が作った大韓民国」著 菅沼 光弘 だからな~、まあ感じ方は人それぞれって事か。

    元記事をざっと読んでみると、この政治学者さんは日本会議本や安倍三代辺りを見て書いてるのだろうね「韓国の日本観が間違っていると言う人」は
    まあチャイナだと○○されるみたいなので、コリアはマシと言えなくもないかな~

  4. 日本に住んで30年ねぇ〜
    本音なのか命を守る方便か…分からんけどさ!

    日本人で良かったと、思う今日この頃です。

  5. 日本に住んで30年でこれですか?という感想ですね。まぁ、反日カルト教の韓国で向けにはこういう風に書くしかなかったんでしょうが・・・。

  6. 格下だと思っていた韓国が上がってきて、中国は凄い成長を遂げている中、アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついたプライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれている
    >>
    私も安倍総理の書いた「美しい日本」はどうなかと首をかしげます。第1次安倍政権のときに本が出てさんざんな評価でした。
    しかし、この28年間日本で暮らしている政治学者のこの考えも首をかしげます。日本人の中には上下関係で物事をとらえる感覚はあまりありません。中華圏文化でしょう。だから完全な的外れな結論ですね。
    民主党に政権を任せたらとんでもない無能だと分かり、自民党が執権することになった。若者が保守を支持するのは安倍政権の経済政策で雇用が高まったからでしょう。自民党政権が無能だと分かったらまた野党に転落です。しかし今の日本の野党は小党分裂してまとまれない。野党がだらしないのですね。それだけのことですよ。右傾化なんて何を的外れなことをいっているのか。政治学者としてはだめですね。分析できていない。アンケート調査の結果や資料をよく見ないで頭の中だけで考えるからでしょう。韓国人の研究者にこういうタイプの人が多いのです。

  7. >格下だと思っていた韓国が上がってきて、中国は凄い成長を遂げている中、アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついたプライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれている

     いや多くの日本人はアジアの盟主なんてものを自任していないし、付け加えて言うなら、韓国人がよく言う「韓国のサッカーはアジアの盟主」だとは思っていない。そもそも日本人はそういう序列感覚に乏しいし、あったとしても上昇志向が強いので、アジア単位ではなく世界単位にしか興味がない。アジア大会に勝ってもサッカーも他の競技も韓国内でそうであるような盛り上がりは日本にはない。ましてやパラリンピックで視力を偽ってまでメダルを取る意味がわからない。
     分析も「韓国人というバイアス」がかかっていると結論は「韓国人の情緒的真実」にしかならない。
     僕がいつも思うのは、国連や公式な場で「韓国の言うことは間違っている」と素朴に言ってしまう第三国の重要人物がいればおもしろいのになです。

  8. >アジア盟主を自任してきた日本は、栄華を失っている。傷ついた
    >プライドを癒やすための補償心理が日本右傾化の底辺に敷かれている

    ホントこの分析好きだよねえ彼ら。「あくまで原因は日本」と。
    プライドを癒やすための補償心理を敷いてるのはどっちなのだか。
    その安い精神勝利の代償としてスワップ、漁業協定等順調に実を
    失っていってますねえ。この分だとまだまだ失うものは多そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。