大きな流れ

1993年10月12日東亜日報には、当時の東亜日報の東京特派員が書いた記事が載っています。

「日本人にとってのお金とは何なのか」な内容ですが・・

・日本人は、お金の話をする人は「浅薄な人」とする。高そうな着物を着ている貴婦人に「高そうですね」「いくらですか」そんな話をする人はそういない

・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

・お金そのものは大事にしつつも、節約を美徳とする

・日本人の家は貧しい。木造住宅3つのうちの1つは雨が漏れるという

・大金持ちの息子から宝石をもらって、それを質屋で売る女の子が多かった。女の子にプレゼントするために質屋から宝石を安く買う男も多かった。でも最近は大変化が起きて、そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最初は、「お金を大事にはするけど、お金の話をするのを好まない」の部分に説得力があると思って読んでみましたが、結局は「日本人は貧しくなった」という結論しか書いてない、あまり役に立たない記事でした。

 

この記事を書いた記者は、他にも日本人は「世界一を誇っていたのに大恥をかいてしまった」な趣旨の記事と、「日本が軍事大国を目指している」という記事を多く書いた人です。侍の話まで持ち出して、「貧しい」と「恥ずかしい」をつなげようとしたのでしょうか。

この記事を書いた人、イ・ナクヨン記者は、後に「知日派」の代表格の一人になり、いまは韓国の国務総理になっています(イラスト描いたのは別の人です)。

今日、彼は『経済指標の1つ1つに一喜一憂しない。大きな流れを見ていく』としながら、韓国経済は問題ないという認識を示しました。しかし、どうでしょう。彼が書いた記事をいくつか読み返してみると、「大きな流れ」を見ているものだとは、とても思えません。

https://news.v.daum.net/v/20181008090137919

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

147+

96 Replies to “大きな流れ”

  1. 不安です。
    隣の家に住んでる家族の中で比較的頭の良いとされる兄ちゃんがうちの5歳になる弟より頭が悪いなんて。
    隣町の話なら笑えるのになぁ。

  2. そもそも「大きな流れ」の捉え方が違うのだから仕方ないのかもしれないですね。

    知り合いの韓国人の方が、やたらと気にする「格好良さ」。しかし、彼は自分が何が格好良いと感じるのかはわからないようで、いつも他人に「これって格好良いと思う?」と尋ねている。そして、その基準の一つが「高価であること」。

    で、高価であるのにクオリティーが低い、気に入らないと不満を漏らす。

    私は、日本人でも韓国人でも様々な性格の者がいると思うので、個人を観て〇〇人は◻︎◻︎だなどとは決め付けたくはないのですが、このような価値観は韓国人らしいと感じてしまいます。

  3. 韓国人の個人負債は平均すると1人当たり800万円だそうですよ。客観的に見れば日本人よりも韓国人の方が余程貧乏だと言えるのですが、韓国人自身はそうは思わないようです。どうやら韓国人には「借金も資産」などという認識が一般的なようで、それは負債であるという現実を見ていないわけです。韓国人は安易に借金をし、贅沢をし、自分は豊かだと錯覚をし続ける。破綻という現実が襲いかかる、その時まで。

    1. ウリは借金できるほど偉いんだ
      偉いウリが金を借りてあげる
      偉いウリに金を貸す機会を与えてやる

      その程度のことしか考えてないと思う
      あと、どうせ徳政令があるし

  4. 天皇陛下は長年決まった服を着ておられる。昭和天皇もそうだった。これは体型を維持されていることもあるが、宮中の費用はすべて国民の税金で賄われていることをご存じだったからだ。服を新調されてはいかがと侍従が勧めても必要ないと退けられた。また皇太子時代にゴルフを好まれたため皇居にはゴルフ場があったが、即位されるとそれを森に戻された。
    今上陛下は先帝の志を受け継ぎ、質素を旨とされている。日常の食事も一般庶民の食事と変わらない。被災地に行かれるときの陛下の服装はいつも同じジャンパーである。韓国では考えられないことだろうな。

    1. 仁徳天皇は夕食の支度のための煙が見えないので、三年間租税と労役を免除したとか…
      その間、雨漏りはするし衣類の新調もしなかったそうです。
      古事記の時代からのこの様な天皇がおられました。

      貧乏は恥ではありませんが、卑しい行いは恥ずかしい事だと思います。

      1. 貧乏を恥じる心が恥ずかしいのであって、貧乏は恥ずかしいことではありません

    2. 日本人の素晴らしさは
      半島蛮族には 分からないだろう

      レベルが違いすぎる

  5. 木造住宅って、高級なイメージしかないわ。
    私もいつか、木造住宅を建てて住みたい……。憧れ。

      1. 一時期、1年間だけ、知り合いの頼みで、休みの日に建築の手伝いました。
        基礎から完成までを、何十軒と見ましたが、おっしゃる通り、木造平屋建純日本家屋が、別格でよかったですよ。
        自分も、家を建てるなら、木造平屋建純日本家屋です。

  6. 武士は食わねど高楊枝とか名刀竹光とか
    武士の困窮についての昔話なんていくらもあるのにねぇ

  7. 韓国人の基準で日本人を分析したのですねw
    日本人はお金持ちだから偉いといった感覚はない。韓国人のようにミンクのコートを着て何カラットもするようなダイヤのイヤリングをして金時計などをしていると成金趣味で下品だとみられる。
    日本人の家は貧しいって、都会の庶民が住む一戸建ての住宅のことだと思うが、土地価格が高いから敷地が狭い。当然小さな家になる。雨漏りは一戸建て住宅にありがちだろう。経年劣化で瓦にひびが入ったりずれたりするわけだから。
    OECDだったかで一人当たりの住宅面積を示している国際資料があるが、韓国の方がはるかに狭いという。李洛淵は東亜日報の記者だから韓国では銀匙。したがって住んでいる家も広いのだろう。しかし一般の韓国人は彼のような恵まれた層ではない。こんな感覚の人物が韓国の現在の左派政権の首相か。庶民の味方だそうだが推して知るべしだな。

    1. え、これあの李洛淵のことなのか
      確かに本文に国務総理って書いてあった、首相って認識だったから気が付かなかった
      こいつ反日左派の代表格ですよね
      文の同士だし発想や行動が常識無さ過ぎたので、カンみたいな活動家出身だと思ってた
      今回の旭日旗とかでも大事にしたくないっぽい(同情は一切してない、むしろ軍同士の連携もさっさと切って欲しい)南朝鮮の軍の行動を潰した張本人ですよね
      しかしこれが元記者かぁ
      確かに日本でも記者の印象は最悪&無能になってきているけど、ついでに売国日和見か
      しかし南朝鮮の記者も想定内とはいえ酷いな
      ところで名前を漢字で書いてくれてありがとう、おかげで気が付けました

  8. 「木を見て森を見ず」
    韓国人は自力では目の前の木の後に素晴らしい森の景観が広がっている事に気付く事も出来ないのでしょうね

  9. 知日派とかなんとかいうネーミングやめて欲しい。本当に知日派と思った試しがない。

    この人は、話す時にボソボソと含みを持たせた喋り方をする印象があります。
    その様子を見て、演出してるなと感じましたが自分が見た映像だけだったんでしょうかね…。

  10. >そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

    1993年の記事ですか。
    当時、もつ鍋が大流行したんですよね。
    居酒屋の定番メニューだけではなく、もつ鍋専門店までそこら中に表れるくらい。ちなみに、価格は居酒屋で一人前1000円前後、専門店では〆の中華麺と合わせると2000円くらい普通にしたのを覚えています。

    むしろ、結構ないいお値段だったんですが、朝鮮人の脳内では、貧乏な日本人と、勝手に自動変換される。

    一体、彼は日本で何を見てたんでしょうね?いや、むしろ日本にいながら、日本で繰り広げられる光景にガンとして目をつむって、記事を書き上げたなら、大したものです。

    その妄想力に(笑

コメントは受け付けていません。