大きな流れ

1993年10月12日東亜日報には、当時の東亜日報の東京特派員が書いた記事が載っています。

「日本人にとってのお金とは何なのか」な内容ですが・・

・日本人は、お金の話をする人は「浅薄な人」とする。高そうな着物を着ている貴婦人に「高そうですね」「いくらですか」そんな話をする人はそういない

・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

・お金そのものは大事にしつつも、節約を美徳とする

・日本人の家は貧しい。木造住宅3つのうちの1つは雨が漏れるという

・大金持ちの息子から宝石をもらって、それを質屋で売る女の子が多かった。女の子にプレゼントするために質屋から宝石を安く買う男も多かった。でも最近は大変化が起きて、そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最初は、「お金を大事にはするけど、お金の話をするのを好まない」の部分に説得力があると思って読んでみましたが、結局は「日本人は貧しくなった」という結論しか書いてない、あまり役に立たない記事でした。

 

この記事を書いた記者は、他にも日本人は「世界一を誇っていたのに大恥をかいてしまった」な趣旨の記事と、「日本が軍事大国を目指している」という記事を多く書いた人です。侍の話まで持ち出して、「貧しい」と「恥ずかしい」をつなげようとしたのでしょうか。

この記事を書いた人、イ・ナクヨン記者は、後に「知日派」の代表格の一人になり、いまは韓国の国務総理になっています(イラスト描いたのは別の人です)。

今日、彼は『経済指標の1つ1つに一喜一憂しない。大きな流れを見ていく』としながら、韓国経済は問題ないという認識を示しました。しかし、どうでしょう。彼が書いた記事をいくつか読み返してみると、「大きな流れ」を見ているものだとは、とても思えません。

https://news.v.daum.net/v/20181008090137919

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

“大きな流れ” への96件の返信

  1. お金儲けは悪いことですか?の村上ファンドの村上世彰氏
    No1を叫ぶ禿正義氏

    関西でも「儲かりまっか?」(笑)は聞いたことありません

    庶民派をアピールするムンムンは?
    カツカレーが¥3,500だとかホテルのBARで…と叩こうとするメディアは何だろう

  2. 確かに日本国民は貧しくなった。
    その証拠に最近ではキムチを食べるそうだ。
    そして鍋にもキムチを入れると言う。
    戦後最貧の食事事情と言えるのではなかろうか。
    江戸時代での大飢饉時の白ご飯にたくあんの時代に等しいか。
    さすれば、キムチ離れが日本経済復活の印となろう。

  3. >・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

    これ違うでしょ。勤勉で能力があっても、運が悪かったり、
    権力を持った、人格に難がある人間に睨まれたりすれば、
    結果貧しいという事もある。

    日本人は「侍時代」から階層に関係なく、
    世間に対するその程度の知恵ぐらい流通していただろう。

  4. 偶然見つけたのが現国務総理の記者時代の記事で,追いかけてみたけど やはりダメだ となったのだろうか.少し掘り下げてみると 新たな気づきや何かの補強になることもあり面白い.

    さて個人的に目に留まったのは「フランス料理のかわりにモツ鍋」のところ.いささかか極端なのは揶揄的な表現なのでヨシとして,その後モツ鍋はどうなっただろう.

    昔より臭みを抑え 一時はどこもかしこものブームにさえなった.金が無ければ工夫し出来る範囲で楽しめばよいのだ.何々は下等と固定視せず,新たな価値観を産みだせばよい.

    「貧すれば鈍す」という言葉がある.
    しかし 金が無いから貧する のでは無いと思ふ.

  5. >今日、彼は『経済指標の1つ1つに一喜一憂しない。大きな流れを見ていく』としながら、韓国経済は問題ないという認識を示しました。

    雇用状況も随分と改善されている。そんなニュースも見ました。
    ならば、何故に、日本企業への就職が増えているのでしょう?ね?
    確かに日本の人材不足、人手不足という最大の課題を、日本が克服できていないという現状はあるのですが・・・。
    正直、私は韓国人の採用を良いとは思っていないのです。

  6. 脈絡も無く、これを連想しました。
    北朝鮮による日本人拉致が発覚して世間を騒がせていたときのジョークだか実話だか解らない話。
    観測員「同士、南(韓国)のここでは工場の煙突が5本立っています。」
    上司「南(韓国)がそんなに発展しているわけ無い。3本にしろ」
    上司「同士、南(韓国)のここでは工場の煙突が3本立ってました」
    党幹部「南(韓国)がそんなに発展しているわけ無い。1本にしろ」



    高官「将軍様、この南(韓国)のこの地域に工場は有りません。」

    似たり寄ったり

  7. 江戸時代後期に米山検校という水戸家へ60万両を貸し付けることのできた大金持ち、当時の言葉で言えば分限者がいますがあまり知られてはいません。しかし米山検校の曾孫で貧乏旗本の勝海舟は現代でも人々に知られています。日本人は貧乏か分限者で人を判断しないものです。
    また、金持ちでも紀伊国屋文左衛門と奈良屋茂左衛門のように知られている人とそうでもない人もいます。勝海舟の麟太郎時代は清貧という暮らしですね。

  8. このレベルが知日派で国務総理だってのがねぇ。
    日本人として「阿呆で安心」と思えばいいのか、「次はどんな阿呆をするのか?」と怯えるべきなのか…。

    韓国だけで完結してくれるならどんな阿呆でも「ワタシは一向に構わんっ!」って言えるんですが、日本を巻き込む迷惑な阿呆をするからねぇ。

    「頼むからほんの少しでもマトモになってくれ!」との思いで朝鮮半島に干渉した先人の気持ちがわかりますわ。

  9. 表層的な事象をどうやって韓国人の価値観に落とし込むか。
    それが韓国において「知る」という行為のようです。

    25年前と今で知日派に求められてる教養が変わってない。
    情報化社会と断絶して生きた化石となっているようです。

    25年前から日韓関係の破綻は避けようのない大きな流れで
    あったことを再認識させられます。とはいえ、この当時に
    韓国の成長性のなさを予測できた人間は少なそうだけど。
    ふつーはネットの普及や海外旅行の増加が硬直した思考を
    転換させるきっかけになると考えちゃうからねえ。

    1. >高木ラブさん

      ネットの普及や海外旅行の増加は、切っ掛けと言うより変化を速める効果があるように感じます。
      転換の切っ掛けを作れるかどうかは、社会的な素養があるかどうかのほうが重要な気がします。

  10.  武士は食わねど高楊枝

     おそらく、韓国の言論人や学者は、“自分の着想を批判的に検証する” ということを、ほぼやっていない。 なので、日本でいうところの「正しい(論理的な意味で)」を、ほぼ意識してないんじゃないか、と私は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。