文大統領、「ひとりでできるもん」と平壌共同宣言を自分で批准

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

「早読み 深読み 朝鮮半島」の鈴置高史さんとお会いしました。お会いして楽しい会話を交わしただけですが、いろいろ良い勉強になりましたし、有意義な時間を過ごすことができました。韓国、日本について他の人とここまで話すのは、韓国ではあり得なかったことでもあります。

それでは、夕方の更新、本題です。

文在寅大統領が南北首脳共同宣言の内容を国会で批准するようにしていると、前にも紹介したことがあります。国会で批准しないと、政権が変わった場合、有耶無耶にされる恐れがあるからです。その続報です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

板門店宣言(4月の南北首脳共同宣言)はまだ国会で批准できていません。国会で同意を得ることができないでいるからです。

そこで、我らが文在寅大統領、「平壌共同宣言(9月の南北首脳会談での共同声明)」と、大統領府が『事実上の不可侵条約だ』としている「南北軍事合意」の二つを、

国会の同意無しに、大統領のサインだけで批准しました。

 

南北関係発展に関する法律によると、(共同宣言などの批准には)「重大な財政事項と立法事項があるときには、国会の同意を必要だ」となっています。

軍事合意に対しては、「重大な財政事項や立法事項があるわけではない」として、

平壌共同宣言は、「すでに板門店宣言が国会で批准を待っている状態(係留中)であるため、板門店宣言の履行をメインとする平壌共同宣言まで国会同意を得る必要は無い」という理由で、大統領が自分で批准しました。

https://news.v.daum.net/v/20181023171518999?rcmd=rn

 

いや、「じゃ、板門店宣言は何で国会同意を得ようとしたんだ」とツッコみたいところですが・・・

記事によると大統領のスポークスマンが「南北間で合意した事項であり、合意した内容を履行するために批准する。合意した内容には約束した期限がある。その時限に合わせて約束を履行するだけのことだ」と話した・・とのことでして。

こんなんじゃ、ツッコんでも意味ない気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

75 Replies to “文大統領、「ひとりでできるもん」と平壌共同宣言を自分で批准”

  1. こんな無茶をするからには、韓国国会は批准反対だったということでしょうか。
    それとも後々非難されることになった場合に、文だけを悪者にして与党がほっかむりを決め込むためでしょうか。
    どうせ後者でしょうね。

  2. ひとりでできる〜、ひとりでできるMoon

    お母さん「あ〜あ、また服のボタン、掛け違えてる。やりなおし」

  3. 鈴置高史さんとの対談、素晴らしい!

    今一番サイトを拝見させていただいているお二人が直接会われるなんて。

    本当に横でお話を聞いていたかったです。

  4. 韓国?朝鮮半島?は過去から今に至るまでこんな感じで自滅してきたのかな?
    で?今度は何処の国を引きずりこむのでしょうか?
    日本に色目使って欲しくないなぁ〜(希望です

  5. ムンジェインは 物事を悪い方へ悪い方へ 進めていきますね

    ヨーロッパへ 何しに行ったんでしょうね
    フランスのマスコミの方に質問うけ「あなたは人権派弁護士ですが
    今の北朝鮮の人々の人権については 正しいと思うのですか?」
    全く何も答えられなかったようで
    ホント情けないですね

    ただただ 信頼を失っただけで
    観光を楽しんだんですね
    バカ丸出しで 恥ずかしかったでしょうね

    あちらではトップでしょうが
    日本だったら町内会の相談役レベルかも

  6. 文大統領が焦っているのは良く分かるのですが、その焦りの原因はどこまで具体的なんでしょうね。これまで北朝鮮は時間は味方とばかりにのらりくらりだったはずで少し違和感があります。
    サウジに INF にと世界史に残りそうな出来事が起きているので推測は難しいのですが。

    ところで、鈴置高史さんとお会いしたのは良かったですね。
    ご自身やご家族の身の安全のためには、著名人の味方は大きな助けになると思いますので。(事が大きくなるリスクが高いと思わせることができれば手を出してこなくなる。中露ならいざ知らず韓国はヘタれなので。)

    1. TPP加盟への打診と同じじゃないの?
      自分達の失敗に直前にならないと気付かないのが朝鮮人のパターンでしょ。韓国も北朝鮮も同じさ。
      少し考えれば分かる事に気付かず、親切に教えられても偉そうに無視して、取り返しがつかない事態になってから気付いて騒ぎ出す。

      違和感や不自然さを感じているのは、北朝鮮が、今更、自分達の戦略の危険性や、米国の本気度に気付いたからじゃないかな。米国と交渉している北朝鮮本人が一番わかってきたんでしょうよ。
      こちらをどうにでもできる相手に、命が欲しい、、と言われていないタイミングで相手の欲しいものを渡さないとどうなるか、、、わからないなら、命を取られるだけでしょうな。

      1. 北朝鮮がビビったのは、面子をかなぐり捨てて北京に駆け込んだことで良く分かるのですが、文大統領の焦り方(年内へのこだわり)は何かの期限を知っているような感じなんですよ。
        アメリカが(確実に漏れる)韓国に何か(例えば軍事オプション)の期日を予め伝えることはないとも思いますので、南北どちらかの内部のものじゃないかなと。

  7. 鈴置氏、
    米国の動きが出だしたから、中身の濃い記事に戻っているね。ネタがない時、もう少し突っ込んで書いても良かったと思うんだけどね。まあ、リスクはあるけど。

    朝鮮半島の未来について、オフレコでしょうけど、お二人で可能性の話をいくつかしたでしょう。
    その会話で得た閃きが、今後の執筆に反映される事を期待しています。科学では100人の凡人の意見をどう取りまとめたって、1人の天才的な閃きが勝ります。しかし、情報分析では多くの人と交流し、数多く情報を得た方が良い。嘘の中にも、見えにくくした真実が潜んでいるものです。

    ちなみに、鈴置氏の本日の日経のコラム『北朝鮮と心中する韓国』の最後に、北朝鮮は経済難で韓国に制裁解除を訴えさせている見方もあるけど、、というニュアンスで少し懐疑的な文面で終わっていますが、まあ、信じていないでしょうな。私も同感。

    北朝鮮は、経済制裁で困っているわけではなく、戦争が迫っているから怖いのです。
    現状の経済制裁の次のステップは、言うまでもなく武力制裁です。その武力制裁は国連軍によるものになりそうです。当然、中露は安全保障理事会で拒否権を発動するか、棄権するでしょうが、終戦の宣言や条約がない以上、それでも欧州(英国、フランス、ベルギー、オランダなど)や豪州は継続した戦争として国連軍(多国籍軍)に参加するでしょう。
    そうなれば、中露の拒否権は意味を持ちません。

    だから、なんとか制裁ランクを下げて、武力制裁から遠ざけたいのでしょう。韓国ムンジェインの動きは笑い話ではなく、戦争が北朝鮮にとって現実味があると受け止められている証です。そして、その現実味は北朝鮮自身が作り出しているもので、そう遠くないうちに彼らの行動の結果で実現するでしょう。

    1. >ノブスケさん
      私の考えは違いますねえ。
      米国は現状のままでも良いんだと思いますよ。米国は自国領土に北のICBMが飛んで来る事さえなければ、それで良いんです。
      北が今後もし、ICBMを完全に完成させたらどうなるのか?その時は、米国はロシアと対峙して来たのと同様に、北とも対峙して行くだけですよ。
      北への攻撃?米国にとって得にはならない事を、米国はしないでしょうよ。

      1. アメリカのような超大国は、自国の軍事力が相対的に下がるようなリスクを看過したりしないでしょうし、上がるための努力も惜しまない。

        「使える核」の開発にしても、「核拡散の防止」にしても、「中距離核ミサイル全廃条約破棄」にしても、相対的な核の価値を如何に高めるかの次元で一貫した判断です。

        自分の所に被害がなければいいと言っているうちに、手が付けられないような自体にならないように、小さな綻びも認めないというのが常識的な手段ではないでしょうかね?

        安全保障と経済で世界がまわっているとすれば、中国への対応なんかも繋がって見えてくるはず。
         

        自分の庭の芝生の色だけ気にしていられない。私なら、そう思います。

      2. 北朝鮮の核問題は中東情勢のコインの裏。
        放置しておけば、中東で困ったことになるのはイスラエル。そのイスラエルと共和党が見捨てる事はない。
        トランプは「北朝鮮政策を失敗した、、」と今現在、少しだけ思っているでしょう。なぜなら、中東でトルコが動き出したからです。
        こうなる事が予測できていれば、北朝鮮は去年の段階で空爆していたでしょう。敵はイランとシリアだけではないんです。
        先日、中距離核全廃条約から離脱を表明したのは、対ロシアのためではありません。中東対策と北朝鮮・中国対策です。状況がそこまで差し迫ってきたという事です。
        取り返しがつかなくなる前に、必ず北朝鮮は米国に潰されますよ。

  8. 大変良い行いをした文在寅大韓民国大統領には感謝してます。
    コレで良いです。間違いありません。
    半島統一の障害を取り払う、北と共に一心同体である事を世界に知らしめて大きく進展する良いことです。

コメントは受け付けていません。