利死情烹(利が無くなると情を煎て食べてしまう)

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

ドリューキングという名前、覚えておられますか。

韓国社会では国民的なトップニュースだった、「コメント部隊」、ネット世論操作のための組織。李明博政権のときに話題になったものですが、実は同じものが文在寅政権でも活躍していて、共に民主党の中でも大物とされるキム・ギョンス議員を支えていた・・という、涙なしには見られない実話大作です。

キム・ギョンス氏は、いまじゃ慶尚南道の道知事です。日本で言えば県知事みたいなものです。

そんな中、ドリューキングたちがやり取りしたメッセージなどが確認されましたが、その中に「兎死狗烹」と書いてありました・・・・って、ちょっとおかしくないかな、な気がしてエントリーしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・金知事は、ドリューキング側に、6・13地方選挙までコメント操作を続けるなら、ド氏(※ドリューキングの仲間の一人)を日本仙台総領事にしてやると提案した疑いも受けている。

特別検事チームによると、ドリューキングは、大統領選挙直後の昨年6月、「ド氏を日本大使に任命してほしい」と金知事側に要求したが、断られた。するとドリューキングはド氏に送信したテレグラムメッセージで「前回、大統領府秘書官に『調べさせるみる』と話したのは何だったのかとキム・ギョンスに言ったら、キム・ギョンスはすごく動揺していた。キム・ギョンスとの関係が破綻になったわけではないが、日本大使推薦がうまくいかなくなったのも事実だ。最後のカードを使うべきかもしれない」とした。

この返事でド氏は「キム・ギョンスが提示した諮問委員は意味がない。それは私達の功績を全く認めない、私達をもはや邪魔だと思っていることに過ぎない」とし「(金知事から)兔死狗烹されたのだ」と答えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181024030739877?d=y

 

兎死狗烹は、「うさぎがなくなり、猟犬も要らなくなって、食べた」(太平の時代には武将はオワコンになる、など)という意味です。

また、『最後のカード』とは、「良心宣言(コメント操作していたとバラす)」ことだそうです。

ドリューキングたちは、日本が2018年に沈没するという予言を信じ、日本の韓国人・朝鮮人たちを朝鮮半島に避難させるために、自分たちの仲間を日本大使にしようとしていた、とのことです

他にも彼らはメッセージで「犬馬の労を果たしてきたのに」などとしていますが・・

 

これ、兎死狗烹が成立するのでしょうか。

別にキム・ギョンス氏をかばうつもりは蚊の後ろ足ほども(少しも)ありませんが・・・キム氏は彼らに、顧問役など、相応の代価を用意していたようですが。

猟犬が主人に「なんだこれもっとよこせ」と騒いで、思いのままにいかないと「バラすぞ」とするなら、兎死狗烹とは違う気もします。

 

韓国人の「情」は、お互いの弱点を知ることで、裏切ることができないようになっている、と書いたことがあります。韓国人にとって、「ウリ」を構成するキーポイントである「情(ジョン)」。しかし、その実態は、「情は法の反対概念である」のです。

 

韓国の・・諺というほどではないけど、慣用表現みたいなものに、「ハンスッカルだけじゃ情が無くなる」というのがあります。

ハンスッカルとは、スプーン一回分のことで、ここでは「ご飯や料理を取るとき、一回分」という意味です。例えば、給食などで、料理を大勢の人たちに少しずつ配るとします。その時、1回分だけ取ってやると、その人とは情が無くなるというのです。

もっと簡単に書けば、「相応の分より多くを与えないと、情が切れてしまう」という意味なのです。この前書いた、「ドム」や「エヌリ」とも合い通じる内容となります。

兎死狗烹でも犬馬の労でもなく、ドリューキングやキム知事には、それらよりずっと後になって作られた『駄目だこいつ(こいつら)。早くなんとかしないと』というセリフが当てはまるのでは・・な気もします。元はデスノートのセリフでしたっけ。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

113+

28 Replies to “利死情烹(利が無くなると情を煎て食べてしまう)”

  1. 兎死狗烹は、「狡兎死して走狗烹らる」として、日本でもしばしば見られる慣用句です。

  2. 金の切れ目が縁の切れ目というやつですね。人間の醜い本性はどこもさして変わるとは思いませんが、韓国の面白いところは、こういういわばミットモナイゆすりたかりを、臆面もなく公表してしまうところですねえ。
    日本だと「どの面下げて…」とドン引きされてしまいそうですが、韓国の一般の人たちはどういう反応なのでしょう

  3. 日本沈没まであと2ヶ月か。
    良かった泳げて( ͡° ͜ʖ ͡°)ノ

    1. 沈没したら陸がなくなるので、そのまま
      泳ぎ続けて地上の楽園part2・韓国まで
      行けると良いですね!
      がんばって〜。

  4. 日本から見れば
    なぜ「日本」に?って感じ
    アメリカでもカナダでも日本以外の大使館に行けよ!

    オ・ヨンファン/軍事安保研究所副所長・論説委員
    ttps://japanese.joins.com/article/382/246382.html
    > 日中の解氷は北東アジア大国外交の信号弾だ。歴史戦争は後回しにされる。韓国の対中、対日関係はふらついている。韓国の戦略的位置づけが狭まるかもしれない。

    韓国人は日本に歴史戦を仕掛けているという認識は確実にあるみたいだねw。
    日本にしてみれば、まさに敵国だわな

  5. 日本が2018年に沈没するという予言を信じ、日本の韓国人・朝鮮人たちを朝鮮半島に避難させるために、自分たちの仲間を日本大使にしようとしていた、とのことです。
    ココは是非今すぐやってくれ、太平だ統一だですら帰らないのだよ、「日本は沈没するから今すぐ帰るのだ!」と強制連行してでも連れて帰ってくれ!

  6. そうです。ミサのビデオレターが送られてきて、エルの目の前で死神とか言うから、ダメだ。コイツ。早く何とかしないと。ですね。

  7. 韓国では利害を超えた情というのは成立するんでしょうか
    せめて肉親の情はそうだと思いたいですけどね

  8. 政権を倒した後のぶんどり合戦に負けて、火病して、新政権を倒しにかかるという、朝鮮の歴史の典型パターンに進むのかな?
    高麗の洪茶丘みたいに、元へ行って、高麗を侵略するようにそそのかし、自ら占領軍を率いた。そういう人材は韓国人の典型だなぁ。
    韓国仙台総領事って、職権で利益ががっぽりなのだろうね。

  9. 道知事がなんで領事の選定ができると思ったのか、そんなんならなくても帰国事業ならどんどんやってくれていいのよとか、ツッコミどころ満載ですね。

    要は仲間であるためには相応の物より過分に要求され、また与えなければならないわけですね。だから報酬も要求も盛る、よそからの搾取前提。それができなくなれば何は無くとも引き摺り落とす、切り捨てるですか。そら不信社会なのも当然ですわ。

    やっぱ中華圏なんですねぇ。違いは限度を知らない所ですかね。来年も搾取、毟る為には少しは残すといった加減が必要なのですが、そういう考えが、あんまり見られない所。

コメントは受け付けていません。