新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、アメブロでブログを書き始めた頃、メインに扱っていたのは、「韓国は併合時代を違法だとしている」「韓国は併合時代を否定しながら生まれた国」などの持論でした。韓国の憲法前文を持ち出すなどして、「どうすればうまく伝わるのか」と自分なりに熱心だったことを、今でも覚えています。

2018年になって日韓両国で大きな外交問題になっている、いわゆる「強制徴用裁判」の核心もまた、そこにあります。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

執筆期間的にかなり無理がありましたが(私だけでなく、扶桑社の方々もそうでした)、他でもない「この件」の執筆依頼が私に来た時には、本当に本当に嬉しかったです。

発売日は、アマゾンの発売日表記だと今年(2018年)12月27日、題は<「徴用工」の悪心>となります。

なぜタイトルの徴用工に「」がついているのか、多分、「本当は徴用工ではない人たちも大勢含まれている」からだと思われます。

 

今回の件は、歴史問題ではなく戦後の国際秩序の問題であり、善悪の問題ではなく法律(国際法)の問題であります。それは、韓国という国の『生まれ』そのものとも関わっています。

核心は、併合時代が合法なのか違法なのかの議論であり、「韓国最高司法機構の合法は国際法の違法」という側面が最大に強調されるべきであります。

韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である・・それが、国際法にまで影響するようになってはなりません。

この議論がもっと広がってくれればと願い、原稿を書きました。

ブログ読者の皆さんだけでなく、今回の件で日韓関係の歪みの深さに気づいた方々にも、自信を持ってオススメいたします。

アマゾンリンクはこちらとなります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

52 Replies to “新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介”

  1. 前は、朝鮮のかたが
    謝罪だ補償だ賠償だ。と言っていても
    またか、、、。ぐらいな人ごとにしか
    感じなかったのですが、
    朝鮮半島に莫大なお金を使って無ければ、
    おしんの様な貧しい東北地方が少しは暮らしやすくなったかな?とか、
    戦時前後の食糧難で餓死する人や、蛍の墓の様な兄妹が減っていたのかな??と
    考える事も多くなり、
    日本がお金を出してきた事に喜ばなくても
    せめて恨み言を言わなければ、、と、
    その時代に割りを食って亡くなった人が気の毒に感じました。
    日本政府が決めた事ですが、
    あの時代に朝鮮に関わらなければ良かったな、、と思うしかないのです。
    ごめんなさい。

  2. こんぱんは。
    所謂徴用工訴訟代理人弁護事務所が家宅捜索

    早く国を脱出して良かったですね。
    まだ韓国に居たらどうなったか?

  3. おひさしぶりです。今般の韓国大法院の判決要旨で、法理論は「慰謝料」という点から原告勝訴になっているようです。未払金であれば、その額を確定する証拠が必要ですが、慰謝料となれば判事の裁量です。さて、原告の請求が1,2審ではどうだったのでしょうか?初めから「慰謝料」を目指して訴因を構築してましたか。上梓される新書にこの辺が明らかであれば買わねばなりません。
    そもそも、このような法理論による判決の「差し押さ」えなど原判決国以外ではできません。その対抗手段が「国連国際法委員会が2001年、国際法違反行為に対して『損害とバランスの取れた措置』を認める内容を明文化しています。国際機関は、先見の明がありますね。一見日本の方が不利に見えますが、韓国へ物を売る日本企業は間違いなくなくなります。韓国は、ICJに出てゆかざるを得なくなります。日本は、腹をくくるべきでしょう。

    1. 判決での「慰謝料」の根拠は「植民地支配の不法性」なんですよね。慰安婦問題で使われた非人道的行為に対するものではありません。
      なぜなら後者だと協定はともかく時効の壁を越えられないから。(慰安婦問題は性が絡むのでタブーを根拠に越えられた。)

      前者で時効の壁を越えられるロジックはこう。

      1. 基本条約(協定)は「植民地支配の不法性」を前提したものではない。それによる慰謝料への請求権は協定の対象ではなく放棄されていない。(正しい)
      2. これまでの韓国政府が「植民地支配の不法性」を確定していなかったから、韓国国民は請求権を認識していなかった。
      3. しかし、この判決で「植民地支配の不法性」は確定する。ゆえに時効の起点(韓国国民が請求権を認識した時点)は本日。

      時効の部分は判決では明示されていませんが、韓国司法界での有力な説らしいです。
      最高裁が原告を勝たせるために無理やり捻り出したロジックだと思います。

  4. いっそ広辞苑の項目をコピペして帯に乗っけとけばいいあおり文句宣伝になるんじゃないかなと思ったり。

    悪心(あくしん/おしん)とは!?
    以下広辞苑かなんかのコピペ

    悪心を感じると酸っぱいものが食べたくなるんでしたっけ、自分は生物学的には男だからよくわからないけど。

  5. 「○○の悪心」 タイムリーなタイトルだこと。
    いいんですよ シンシアリーさん 「○○半島の悪い心」でもね
    いや 「 ○○民族の本心」の方が 売れるよ。

  6. 「悪心」でいいんじゃないの。
    確かに、あの裁判のことを聞き知るたびに「吐き気」を催す気がします。
    また、悪心(あくしん)という単語も日本語にあって、こちらは「よこしまな心」という意味で正しいですよ。
    見る人にちょっと考えさせる、効果的なタイトルだと思う。

    1. >賛成派さん

      >確かに、あの裁判のことを聞き知るたびに「吐き気」を催す気がします。
      >また、悪心(あくしん)という単語も日本語にあって、こちらは「よこしまな心」という意味で正しいですよ。

      このブログには、シンシアリーさんを好きな人たちばかりです。
      私もそのひとりです。
      けれど、シンシアリーさんの敵もいっぱいいるわけです。
      在日韓国人も、在日朝鮮籍人も、韓国びいきのマスコミもいて
      そういう人達があの本のタイトルを見たら、揚げ足とりの材料にするのでは?

      誰がみても確実に、突っ込みどころなく
      「韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である」という作者の意図が伝わるタイトルのほうがいいと思う。
      と、思って。

      >あの裁判のことを聞き知るたびに「吐き気」を催す気がします。
      なら、「徴用工で悪心」だし、よこしまな心なら一般的によく使われているのは邪心。「徴用工の邪心」だし
      「徴用工の悪い心(わるいこころ)」と、間に(い)が、あれば、突っ込みどころなしですが。

  7. タイトルは扶桑社さんと相談してつけたものだと思うよ…むしろいつものように扶桑社さんが決めたんじゃ…

    早速地元の本屋で予約しましたヽ(*´∀`)ノ楽しみ
    今、このいわゆる「徴用工」に関する韓国司法の異常な判決には興味を持っている日本人は多いと思うので
    なるべくたくさんの人たちが手に取るといいなーと思います

  8. シンシアリーさん、
    本当にごめんさない。気を悪くするのはわかっているけど、
    今ならまだ間に合うと思うので、はっきりといいます。

    本のタイトルを考え直してください。
    12月27日の発売に間に合わなかったとしても、
    先に延ばしてでも伸ばしたほうがいい。

    はっきりいいますが、そのくらい、そのタイトルは恥ずかしい。
    本屋で目撃した人が「ばかじゃないの?」と、思うレベルです。

    徴用工の悪心(おしん=英語でNausea )は、(徴用工の吐き気)という意味で、
    シンシアリーさんが伝えたい「害を及ぼす悪しき心」の意図はまるで伝わりません。

    その漢字を知らない日本人はいっぱいいます。けど、
    知っている日本人もいっぱいいます。ですから
    (徴用工の悪い心の意味でつけたタイトルだろうけど、漢字を知らない人が
    書いたんだろうな。 悪心ってのは、吐き気って意味なのに)
    と、バカにされて笑われます。

    変更するとしても
    徴用工の悪阻(つわり=妊娠初期の吐き気と嘔吐)
    徴用工の悪寒(おかん=寒気)
    徴用工の悪露(おろ=出産後に子宮からでる分泌物)
    徴用工の悪玉菌(あくだまきん=腸内の腐敗菌のこと)
    徴用工の悪性腫瘍(あくせいしゅよう=ガンのこと)
    徴用工の悪疫(あくえき=ペスト、コレラなどの質の悪い流行病のこと)
    などなど、医学用語には(悪)という漢字が多いので、
    まず辞書で、単語の意味を確認してから、タイトルにつけることをお勧めします。

    そのタイトルは絶対後悔しますよ!
    扶桑社さんも扶桑社さんだよ。
    どうして止めなかったんでしょうか?

    一般的に使われている言葉で、
    (害を及ぼす悪しき心) にもっとも近い単語は「悪意」です。
    悪意=相手にとって、害のあることを理解した上で行動することである。
    また、相手のよくない結果を望む、心の中に生じる意思
    「悪計」でもいい。
    漢字を決めるときは、辞書で調べたほうがいいです。

      1. >sincereleeさん
        >オシンではなくアクシンです。

        それはわかっていっています。

        けど、勝手に造語を作っても、
        本屋さんにその本が並んだ時、
        悪心という単語を知っている人達は、

        徴用工のおしん(吐き気)と読みます。

        悪心という言葉を辞書で引いても、あくしんという読みはでてきません。新造語を作る場合でも、元々の単語がある場合は、
        だれも新造語と思わず(おしん)と読み、そちらの意味が頭に浮かんできます。いまいちど扶桑社の担当の方と相談されてはいかがでしょう?
        担当者が若い人なら知らない言葉かもですが、年配の方はけっこう(悪心)を知っています。昔からある言葉です。

        悪心(おしん)、嘔吐(おうと)はいずれも医学用語です。 悪心とは、嘔吐の前に起こるむかつき(吐き気)のことをいいます。 嘔吐とは、胃の中にあるものを吐き出すことをいいます。 これらは同時に起こることもありますし、悪心のみ、または嘔吐のみがみられることもあります。

        1. 漢字文化圏のいいところは用いる文字の選択でも意を伝えられるところなのでオシンという読みで意味も通るがアクシンでの悪(の)心という字面のイメージの方がより伝わりますものですからこれはこれでよいのでは。

          一般に使われる元は業界用語ってのもあったりなかったりするし個人的には年配のお医者さん問診されたときに聞いたことがあるかないかって程度の言葉だし。

          さらにいうとオシンと言えば大根飯でしょやっぱ。

        2. おじゃまします。

          「悪心(あくしん)」は、
          「三省堂・新明解辞典(第5版)」にも、
          「学研・緩和大字典」にも、
          掲載されているので、造語ではありませんよ。

          1. ⚪心 って単語は分かりやすいからいろいろあるよね本心とか救心とか赤心少林拳とか

    1. これは眠り猫さんにちょっと賛成する。善心と悪心というのはほとんど使わない。
      たいていは良心と邪心の組み合わせ。

  9. 徴用工の問題は慰謝料であるから、日韓協定に反しないとの主張だが
    条約には全ての問題が解決したとあり、これは意味する事が明確だ。
    こんなことを一国の司法が覆せば、世界中が大混乱になるわ
    日本側は国際法廷への提訴などの明確な行動に出るべきであり
    韓国側は基金設立を落としどころにしようと、繰り返しシグナルを送っているが
    はっきり言って、こんなことではもうダメだ。
    これまで同様に韓国が提示する打開策を受け入れたら、どうにもならなくなるな

  10. しかし北朝鮮の話題で韓国の理解が求められ話題になることはあっても、
    ここでここまで韓国が主題になり連日ニュースで取り上げられるようになるとは思いませんでした。
    外交において怒ることがなかった日本国民が戦後はじめて特定の国に怒りだしているのです。日韓の新たな関係がはじまろうとしている中、どんな内容になるのか。

    北朝鮮、統一などでなく、韓国が主役でこれまでの正統性のテーマとも重なるし、筆が進んだのではないかと。

    (;゜д゜)締め切りがー日程(帝)がー
    いつだって日程(帝)は悪辣なのです(´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。