セルフ身分制度

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

妙な記事がありました。韓国社会の「成人女性に関する呼び方」が、混乱しているようです。

本ブログでも、韓国の「客に対する敬語がもはや宇宙語」という内容を書いたことがあります。

客に「お父様、お母様」と呼ぶのは普通で、「愛しています」が挨拶で、敬語をつける部分も無茶苦茶(『製品が不良でいらっしゃいますか』など)。

その副作用でしょうか。呼び方、特に成人女性に対する呼び方が、混乱しているというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、(自分の家族以外の)成人女性には「アジュンマ(아줌마)」が普通で、敬語で「アジュモニ(아주머니)」となります。

でも、いつからかこうなってしまいました。

・家族以外の成人女性を「お母様」と呼ぶのが普通になってしまった

→相手(お客様)は「なんで私をお母様と呼ぶのか。私の子がお前と同格なのか。気持ち悪い」と快く思われなくなった

→お客様を「アジュモニ」と呼ぶ

→客は「なんで私を見下すのか」と怒る(お母様という呼び方を乱発したせいでアジュンマ、アジュモニという呼び方が失礼なものになってしまった)

→息子、娘の名前を付けて「(息子・娘の名前+)さんのお母様」と呼べばいいけど、個人情報だから息子・娘の名前まではわからない

→仕方なく、客の名前のまま「(客本人の名前+)お母様」と呼ぶことになってしまった

→「どこの言語体系だ」とバカにされる

→どうすればいいのかわからない

https://news.v.daum.net/v/20190112073105192?d=y

 

韓国で「アジュンマ」のイメージが悪くなったのは、食堂で働く人や家政婦への呼び方がアジュンマだったからです。

でも、そんな中でも、家政婦などに対してもちゃんと「アジュモニ」と呼ぶ人たちもいました。アジュモニは敬語です。詳しい語源は諸説ありですが、「オモニ(お母さん)」の「~モニ」と同じです。

でも、「身分の低い女がアジュンマともアジュモニとも呼ばれるからどちらも嫌だ」という社会風潮になってしまったわけです。

だから、適切な呼び方が無くなってしまったわけです。

 

同じ理由で、韓国では姓+氏(金氏、李氏)という呼び方はなぜか無礼なことになっています。自分より格下の相手(家で雇った運転手など)への呼び方だったからです。詳しくは、それも敬語には間違いないですが・・

疲れる社会ですね。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

123 Replies to “セルフ身分制度”

  1. 頭の中身が外に現れて居るだけで、問題にするような事では無いと思うけど?

  2. 敬語が身分制度につながるなら、どんな呼び方も一般化した時点で失礼なものになりますし、新しい呼称を永久に開発し続けるしかないのでは…

  3. 「御客様は神様です」は本来、口に出して言う言葉じゃない。
    店側の心構えであり、店側だけに聞こえていればいい言葉。
    三波春夫の言葉を曲解したDQNも悪いが、安易に使った三波にも原因がある。
    逆に家系ラーメンが流行りだした頃の愛想のない頑固おやじみたいな客に喧嘩売ってるような店も客と店の関係に上下を作るので嫌いだな。
    どんなに上手い料理を出すとしても最低の店と言わざるを得ない。

    1. 三波春夫はけしからんとか、無愛想なラーメン屋はけしからんってのも、また上下関係なんですよ。あなたがそう思うのも主張するのも、もちろん自由なんだけど。

      1. いくら韓国人の考えが判るからって
        自慢気に文章読解力まで韓国人に合わせなくても…

      2. 会いに行くのも上下関係
        先に声を掛けるのも上下関係
        目が合うのも上下関係
        金を払うのも上下関係
        指を動かすのも上下関係
        声を聞かされるのも上下関係
        無駄なコメントを読まされるのも上下関係
        相手を罵倒するのも上下関係

      3. 「不愛想で頑固」は訂正する。
        単純に喧嘩売ってくる店が嫌い。

        しかし、マウント取りたいだけの上下大好き七誌さんに上下がどうのこうの言われるとは思わなかったよ。

  4. もう韓国に行くこともないと思うがw

    「女性に対しては、『アガシ(お嬢さん?)』で統一」

    かなw

    映画でソン・ガンホが言ってた台詞(それ以前から知ってるが)。
    おばさんでも「アガシ、イゴ ジュセヨ」でw

  5. 韓流スターといえば、昔ペヨンジュンが日本でヨン様と呼ばれ始めた頃
    韓国マスコミが、日本で様をつけて呼ばれるのは日王とペヨンジュンだけだとホルホルしてたのを思い出したわ

  6. 韓流スターは「愛します」がすごく多いですよね。リップサービスだとしても、来日した俳優さん、女優さんまでもが「日本の皆さん愛してます」を何度も言うので、なんか妙な違和感ありました。
    でもまさかの「こんにちは!」の意味もあったとは(笑)
    これじゃあ韓流スターがバンバン使うわけですね。

  7. まぁ 日本と 半島との 社会的、身分的構造が違うからね、
    あ、「お客様は、神様です」って言ってた歌い手さんは、公演会場にお金を払って入場してる観客に向けたヨイショでっしゃろ。

    1. >あ、「お客様は、神様です」って言ってた歌い手さんは、公演会場にお金を払って入場してる観客に向けたヨイショでっしゃろ。

      これは否定しないwこれもあるとは思う。

      でも、「元は」大阪万博の時?で、

      ♪こんにちわ~こんにちわ~世界の国から~♪

      の時だったんじゃないかと思う(記憶違いの可能性はある)が、
      「迎える側の心意気(つまり「おもてなし」)」を言ってるという私の理解ですわ。

  8. 慇懃無礼って言う 言葉を思い起こさせる。
    そして、 NHKの梅津アナウンサーを思い出した。(笑)

  9. 「朝鮮人」が差別用語だと怒り、
    しまいには「韓国人」が差別用語だと怒り、
    「じゃあお前らのことを何と呼べば良いんだ」と突っ込まれたギャグの国内版ですね。

    思いますに、韓国のこうした言葉の乱れは、四民平等を導入したことで起きているような気がします。朝鮮の社会は身分と差別があることを前提に構築されているので、身分制度を明確にし、差別を推奨すれば、スムーズに回るのではないですかね。

  10. >お客様は神様ですというのは、客は神のように許し気前よく振る舞うべきだという考えなんですけどね本来は。

    視点がおかしい。
    「お客様は」と言う時点で「店側の視点」である。
    「様々な競合店がある中で、当店を選んでいただいた。また来ていただけるよう最善を尽くす(無理を聞くということではない)」
    と理解してる。

    この方は、「ある時点で理解がねじれる」んだよね。

    「お客様」と言ってるのに「客視点で語る」んだよw
    「振舞うべき人間が、自分に『お(御)』を付けてる」ことを疑わないw

    人として失礼があったら謝罪する、、これを「上下関係の強要」と理解する、、ことの間違いw
    「失礼な行為を謝罪によって対等な関係になる」
    を理解していない。

    こんな「日本人?」は初めてだw

    1. 理解じゃなくて、
      「時空」がねじれてるんじゃなかろうか。
      こんな珍説は、はじめて見ましたねえ。

      それはともかく、今回のネタの応用。
      これからは、彼にレスするときは、挨拶として
      「愛してます」
      から入ってはどうでしょうか。
      「愛してます七誌お父様」と呼びかけるのです。

      国際会議でこの慣習が定着すると、おもしろいな。
      「愛してますドナルドお父様」
      「愛してます晋三お父様」
      「愛してます在寅お父様」
      平和な光景になりそう…

    2. 不思議だよね。
      日本の教育を受けていれば、あるいは日本で生活していれば、

      「丁寧語」・・・「お(御)*」を付けるべき時、付けない時の違いを常識として理解してる。たとえ義務教育だけだとしても。

      *ご飯(御飯)、おみおつけ(御御御付け)などは例外だw

      なぜ「お客様は」と言ってるのに、「客目線、客視点」になるのか?
      普通の日本人の理解ではないw

      「謝罪」の意味も、まるで韓国人の理解だw
      「謝罪すると『下』になる」
      なんて普通の日本人は考えない。
      「失礼」=「礼を欠いたふるまい」を謝罪して水に流し、対等に戻る儀式?が謝罪である。

      ・・・おかしいでしょ?

    3. 受験生さん

      「お客様は神様です」というのは、
      日本各地に残る客人( まれびと )信仰が元です。
      (提唱したのは、民俗学者 折口信夫です。)

      異国 (自分の村の外 常世 )からの旅人は幸いをもたらしてくれる「神」としての側面を持ちます。

      旅の途中で宿を乞うた旅人を
      貧しいからと偽って泊めなかった裕福な弟一家は疫病で全滅し、貧しいながらも心を込めてもてなした兄の子孫は疫病を免れ繁栄する「蘇民将来」の物語は有名ですよね。

      ですから、
      「客=神」とするのは、受験生さんが言うように当然「店側」です。
      「客=神=幸いを運ぶ者」として、
      何はなくとも心を込めて気持ちよく過ごしてもらうというのが、おもてなしの原義です。

      客が神として振る舞うなんて聞いたことがありません。

      1. >客が神として振る舞うなんて聞いたことがありません。

        返信(ご指名)ありがとうございます。

        あの方の言う「本来は」の「本来」って、どこからの本来なのでしょうかねぇw

        つまり「嘘」ということですね!
        しれっと嘘を書くw
        気をつけよう!あの方の嘘と罵倒と逃げをw

コメントは受け付けていません。