フォトライン

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

世界で韓国にだけ存在すると言われている、『フォトライン』。

取材陣がこのラインより取材対象(検察庁に出頭した人)に接近してはいけないという意味を持ちます。こう書くと「取材される人の安全のためのもの」という意味もありますが・・実はそうではありません。

いまは故人ですが、現代(Hyundai)グループのCEOだった鄭周永(チョン・ジュヨン)氏。1993年、国民党という政党の代表でもあった鄭氏は、選挙管理法違反で検察に出頭しました。その時、報道用のカメラにぶつかって、頭に怪我をしました。これが、フォトラインの始まりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

内容ソースと画像のキャプチャー元:KBS

https://news.v.daum.net/v/20190209213452031?rcmd=rn

 

これがいつの間にか、「取材熱から人を保護するためのもの」ではなく、「そこに『罪人』を立たせるためのもの」になってしまいました

それもそのはず、「次官級以上の公務員や国会議員、資産1兆ウォン以上の企業の代表など」にかぎって、「国民の知る権利のためだ」としながら検察調査日をマスコミに知らせ、撮影を許可します。

韓国社会のことですから・・それが国民の「関心事」というより、上『だった』人を晒し者にして徹底的に叩き落とす「エンターテインメント」として受け入れられたのは、言うまでもありません。

 

しかし、検察庁に出頭した人たちは、まだ「罪人」だと決まったわけではありません。裁判もまだです。

意外とあまり知られていませんが、このフォトラインには法的根拠もありません。この前、ヤン・スンテ前最高裁判所長がこのフォトラインを拒否したこともあります。

フォトラインを肯定する人たちは、「公益性がある」と主張します。反対する人たちは、「フォトラインに立つだけで有罪判決のようになってしまう」と言います。

フォトラインに立って、クローズアップされて、国民たちの「ターゲット」になった人が、裁判で無罪になるのは、「国民感情」優先の韓国では、極めて珍しいことです。

去年、法務部長官がフォトラインを廃止すると言いましたし、検察側も「多方面から話を聞いて、どうするかを決めたい」と話しました。でも、まだ具体的に廃止するという話は無いし、廃止したところで、また似たようなものが出てくるでしょう。韓国ですから。

 

 

「かかかかか(なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか)」の発売日ですので、日曜は書店めぐりしてきます!ありがとうございます。

(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

128+

36 Replies to “フォトライン”

  1. ちなみに日本では、容疑者の段階で容赦なく撮影されるっぽい。もちろん自分で顔を隠す自由とかはあるが、このまえ日本で逮捕された韓国人それを知らずに思いっきり撮られてWHY?ってうろたえてたよね・・・。

  2. 韓国では、裁判所までもが完全に機能に異常をきたしている。このことは、仏像不返還問題やら朝鮮半島労働者判決やらで、日本人の皆が知ることとなりました。韓国では「法治主義」も「三権分立」も、時々都合よく持ち出すためだけの、ただの文字列に過ぎないでしょ。

    その中で韓国のフォトラインとは、人民裁判所のようなもの。凍えるほどお寒い国です。

    ただ日本から見ていると、フォトラインの餌食となってる人物それ自体にも庇いようもないほどの不行状があるというのも事実です。まさに救いようがない。

    ムンさんも近いうちにフォトラインのお世話になるんでしょうか。それともフォトラインじゃなくて崖に直行するの?

  3. 21世紀のコロセウムとか公開処刑みたいなものですね。

    ひとつ疑問に感じたのは、
    「取材者は本当にフォトラインの取り決めを守ってるの?」
    ってことです。
    ブンヤって世界共通で我先にもみくちゃなイメージがあります。
    まして法的根拠もないとくれば。
    韓国人がそんなルールを遵守するとはどうしても思えないんです。
    エレベーターから人が降りる前に乗ろうとする連中ですしね。
    カッとなってあと少しで蹴り出すところでした。
    わざと肩を強くぶつけて降りましたけど。

    1. 説明しよう。
      近年、ラノベの題名が大変に長くなったことで、ラノベの題名を省略して呼ぶことが流行ってるのよ。

      この素晴らしい世界に祝福を!>このすば
      僕は友達が少ない>はがない
      お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ>おにあい

      で、なぜ(か)んこくじんは(か)りたお(か)ねを(か)えさないの(か)>かかかかか

      になるってわけ、蛇足か。

  4. 要は晒し者にするって事ですよね。
    江戸時代にあった日本の「市中引き回し」という死罪の付加刑を思い出しますが、21世紀にもなって容疑者段階での晒し者というのは明らかにおかしい。
    韓国では上にいる時は好き勝手出来るけど、いったん落ちると今度は好き勝手にされるというのも、しんどい社会だなあという感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません