子供たち「全斗煥は帰れ!全斗煥は帰れ!」

※ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

この前、全斗煥元大統領がまたもや裁判を受けることになりました。いまはまだ審理中ですが、多分有罪となるでしょう(予想ですが)。

さて、その際に、裁判所近くの小学校の子供たちが一斉に教室の窓を開けて「全斗煥は帰れ!全斗煥は帰れ!」と叫ぶ場面がありました。

※内容とキャプチャーソース:JTBC(URLは下の方に記載します)※

ここでいう「帰れ」は直訳で、韓国語ではムル-ロガラ(물러가라)。意味としては「消え去れ」になり、韓国では権力者を叩くときによくつかいます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これはほぼ間違いなく、学校(先生たち)が事前に計画したものではないでしょうか。「動員」といえるかもしれません。韓国のデモに子供が利用されるのは珍しいことでもありませんが、なにを授業中にこんなことやるのか、と見ていて切なくなります。

 

で、また次の展開がありまして・・

ある保守団体の会員たちが、今日、この学校の前で記者会見を行います。抗議集会を開こうとしたものの、裁判所の近くだったので記者会見しかできなかったとも。

いくらなんでも、授業中の小学生たちの目の前でこんなことしなくても・・

5・18記念財団側は、小学生たちの「帰れ」コールは、「特定の事案に対して文化的表現をしただけだ。大人たち(保守団体)がこれを恐怖で押しつぶすのはいけません」と話しました。

https://news.v.daum.net/v/20190314205008412?d=y

 

文化的表現って(笑)

デモに子供を利用する人たちも、その子供の学校の前で抗議する人たちも・・・いったい何を考えているのでしょう。

1つ確実なのは、光州民主化運動とか地域感情(政治色による地域の対立)は、世代が変わってもまったく改善しそうにない、そのことだけです。反日と同じく、「解決されたら困る」のかもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

140+

82 Replies to “子供たち「全斗煥は帰れ!全斗煥は帰れ!」”

  1. うちの小学生の孫が政治家に興味持つとしたら、マリオになった安倍さんぐらいでしょう。(笑)

    日本と韓国は本当に価値観の違う真逆の国だということを、ネットのおかげで日本国民は気付き始めている、というかほぼ知れ渡っています。

    今や不可逆的に戻らない関係になりつつあるし、またそれが日本にとっての真の未来志向かと考えます。

  2. 子供も高齢者も、使えるものは何でも使う国
    ナチュラルに人権侵害しているだけにしか見えません

    1. 労組がデモやるときに警察の放水で死んだ組合員の死体を盾にやってたことがあるから、死体ですら利用しますね>韓国

  3. これは、笑えないなぁ~
    日本の学校の先生も、大なり小なり似た事やってるから。

    1. 50年前の話でしょ。今はさすがにないと思うよ。
      今はせいぜい、韓国へ修学旅行に行って、慰安婦だか独立烈士だか何だかの墓に生徒を土下座させるようなこともある、程度。

  4. 100歩譲って子供達の意志だとしよう
    でも「行政」や「立法」に対して意見表明するのは自由だけど、「司法」に対してはマズいんじゃないの?
    そこに関係するのは「法」と「事実」だけのはず

    まあ、確かに韓国ではとっても有効なんだけどね!

  5. 子どもも政治的な考え持つ時がありますよ
    小学二年生が、韓国と中国嫌いって主張してました
    韓国だから嫌いってのは良くないよね
    でも日本嫌いって言う人は嫌いって言ってもいいと思うよとは言っておきましたが

  6. 洗脳されていく子供たち。イスラムの過激派と同じ気持ち悪さがある。

  7.  東西ドイツでは「どっちが正統か、どっちが格上か」なんて俎上にも上りませんでしたが、南北朝鮮では統一時もしくは統一前に必ず、軋轢、憎悪、差別が起こるので目を背けさせるためには、徹底反日しか手段を持ちません。宥和のために譲り合うことは負けだと思う民族だからです。

     これで政権が変われば全斗煥が称揚され、朴槿恵は免罪を受け、かわりに文在寅は罪に落とされる。金のさじを加え、かつ寿命を全うした人だけが韓国では勝者です。

  8. たった一つの反日をつらぬく、
    見た目は子供、勉強は左。
    その名は、文化的ヒョウゲン。

    チャラチャッチャー♪

  9. 南北統一なんて言ってるが、咸鏡道あたりは朝鮮時代は流刑地で差別された地域なんじゃね。
    地域によって極端に支持政党が違うというのは日本ではあり得ないけど、金大中や金泳三の頃は凄かった。
    あの頃はまったく近代国家ではなかったですね。
    今でもかな。

コメントは受け付けていません。