全斗煥元大統領、24年ぶりに再び被告人として法廷に

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

明日、全斗煥元大統領がまた被告人として法廷に立つことになりました。「死者の名誉毀損」です。

YTNは「全斗煥氏が最後に法廷に立ったのは、1996年の暴動などの疑いで、1審で死刑を宣告されたときです。以後無期懲役に減刑された後、特別赦免で釈放されましたが、反省のない態度で非難され、24年ぶりに、被告人席に戻ることになりました・・去る7日、裁判所が勾引状を発行し、圧迫を感じた全元大統領は24年ぶりに再び被告席に立つことになりました。」と報道しています。

https://news.v.daum.net/v/20190310053601447?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

全元大統領は、2017年に出版した回顧録で、ちょうど話題になっていた「光州民主化運動で軍がヘリ射撃を行った」件を否定し、ヘリ射撃を証言した故チョ・ビオ神父を「悪質な嘘つき」、「仮面をかぶったサタン(悪魔)」と書きました。この件が、「死者の名誉毀損」になったわけです。

 

死者名誉毀損は、虚偽の事実を摘示して故人の名誉を毀損した場合に成立します。嘘でない場合は成立しません。すなわちこの件は「ヘリ射撃があったか、無かった」が、成立の分かれ目になります。検察は「光州で出撃していたヘリコプターのパイロットや市民などを対象にヘリコプター射撃や全元大統領の介入があったかどうかなどを調査したが、ヘリ射撃はあった。だから全斗煥氏の死者名誉毀損は成立する」と判断しました。

最初からこの件は、チョ神父の名誉などどうでもよく、ただ「ヘリ射撃があった」ことを法的に認めさせるのが目的だったのでしょう。

http://v.media.daum.net/v/20180506083743175

http://v.media.daum.net/v/20180506115759569

 

一部では「全氏を自宅から手錠をかけて法廷に強制勾引すべきだ」という主張もありましたが、全斗煥氏が自ら出席すると明らかにしたので、そこまではいかなかったようです。

本ブログ、前から「朴槿恵氏、李明博氏の後は、全斗煥氏の番になるのでは」と何度か書いてきましたが・・いまのままじゃ、本当に有罪が追加される見込みです(※盧泰愚氏は、病気で身動きができない状態だと言われています)。

余談ですが、全氏側は、すでに回顧録(該当部分が収録された1巻)はこれ以上販売しないと明らかにしています

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

117+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5