シンシアリーの韓国物語

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本エントリーのタイトルは、ソース記事「キム・ギルホの日本物語」のパクリです(笑

済州トゥデイというローカルメディアのコラムですが、全般的な内容は、ムン・ヒサン国会議長の発言など天皇陛下に関する韓国側の発言を「慎むべきだ」とするものです。「日本人にとって天皇(原文では日王)の権威は韓国人の想像を超えるものである」と。

ですが、そのコラムにもまた、私にとっては「権威とは違う内容」がいくつかありました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・しかし、日本の皇室のメディアの批判は「禁忌の中の禁忌」にして沈黙のタブーである。皇族一家に対するテレビでの尊称語は、未成年にも適用されて、時には違和感を感じさせる。皇族の不敬罪というものがなくても、不敬を犯す日本人はほとんどいないと言える。それだけ象徴的な日本の皇室の権威は絶対に近い・・>

http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=214919

 

テレビでまだ未成年の皇族の方々に尊称を使うのは、「権威」によるものでしょうか。うまく言えませんが、それは権威とか違和感とかを言い出すものではなく、もっと「当たり前のこと」ではないだろうか、な気がします。

皇族でなくても、未成年に尊称を使うときだってあるのでは?もちろんコラムでいう尊称とは違うでしょうけど、日本では、子供にも敬語を使うのが珍しくありません。

日本語を学ぶ韓国人なら、誰もが一度は驚いたはずです。先生が学生を「~さん」と呼ぶことに。

これは、日本と韓国の「敬語」の致命的な違いの一つです。強いて言うなら、日本語の敬語は、「守備範囲が広い」ですよ。決して垂直方向を強調するものではありません。

その「致命的な差」が、コラムの「権威」にも影響しているのではないか・・な気がします。

 

「尊」は、「権威」より広い範囲に存在するのではないか。むしろ「礼」または「愛(仁?)」に近い感覚ではないのか。一方通行なものではなく、双方向的なものではないのか。日本において皇室の存在もまた、そういうものではないのか。

長く日本に駐在したコラムの筆者が、皇室の方々への尊称に違和感を覚えたのか?むしろそのほうが違和感がある。日本に来て三年目の私も、違和感など無いのに。

そんな気がして、ちょこっと書いてみました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

175+

113 Replies to “シンシアリーの韓国物語”

  1. 上皇陛下ほど、戦後日本を一人背負い込んだ人はいないと思っている。
    そういう陛下の「仁愛」への「尊敬」は日本国民の強い支持や「強い絆」の象徴だなぁ〜と今なら、そうハッキリと言える。昔なら、陛下の話をする事すら口籠ったもんだけど、そういう発言をさせて貰える環境ができたのも、上皇陛下、上皇后のお人柄だと思う。
    今上陛下や雅子后もこれから上皇陛下や上皇后の様な存在になられる事を祈ります。

  2. 「長く日本に駐在した」
    ふ〜んという感じ。本日は朝鮮日報のイハオン記者がいつものように日本をdisることに精を出している。日本人の誰も彼に声をかけよう、仲良しになろうとは思わないだろうね。そんな人が多いのが韓国人。不思議な民族。

  3. あくまで私個人の意見ですが、私は天皇家に生まれたというだけで尊敬はしないかな。
    自分や、全ての国民と同じ人間だと思ってるけど、日本のためにいつも頑張ってくれてる事に感謝してます。
    でも私たちが敬意を示す事で天皇制が成り立ってる→国民として日本文化の形成に参加してるって感じはあ~る~

    1. 前段、同感です。
      上皇陛下が国民に敬愛されておられるのは、陛下が「とても良いお人柄」であり「君主として模範的(以上の何か素晴らしい在り方)」であるから、だと思います。

      後段は、言われてみるとなるほど、かなあ。
      国民一人一人が敬意を示すことで天皇制が成り立ってる、というのは面白い視点ですね。

      ※「天皇制」という用語は、ここでは「日本という『くに』が、天皇を権威の頂点としていただく仕組みによって、絶妙のバランスで成り立っている事」という意味で使っています。
      左翼語という批判は、ご遠慮いただくようにお願いします。

      1. まあ!感想をくれる人がいたのね!ありがとうございます。
        そうですね、直接(前)天皇さんに会った事はないけど雰囲気で人柄がいいのが伝わって来ますよね。魚類の学者だという側面も何だか素敵。

        1. 例えば被災された方を天皇が励ましたりしますよね。そういうお言葉が“ありがたいもの”なんだって前提が無ければ元気付ける事は出来ないんじゃないかなと。
          もちろん近所のおじちゃんが励ましてくれても同じという人はいるかも知れませんが、日本全体を勇気付けるのは難しいと思います。
          そして、“陛下が寄り添って、励まして下さってる。前を向いていかないと”っていう空気を社会に作るのは私達自身だなあと、思いました。

        2. 思うに、今の「日本の皇室の在り方」というのは、
          日本と世界の歴史のすべてから「高貴であること」の要素を、
          内に連綿と続くものを大切にして、
          外から取捨選択して導入して、
          洗練して、純化して、その上に、
          「親しみやすい雰囲気」まで醸し出すのに成功した。

          権力と権威の分立という日本の伝統が、このような見事な「かたち」に結実したのです。
          「プロイセン型の(専制に近い)君主」である、という旧憲法下の制度的息苦しさを「捨てさせられた」ことが、良い方向に働いて、かえって日本らしさを取り戻すことにつながった、これも幸運だったと言えなくもないですね。
          塞翁が馬。

          1. 明治憲法下でも(現在勉強の途中、、停滞気味w)、今と大して変わらない(のではないか)と思っていますが、

            GHQの憲法制定と当時の日本政府の抵抗、上皇や昭和天皇の人柄やお考えを経て、より洗練されて時代にあった、日本にとって良い「天皇の在り方」にはなってますよね。

            全体として、とても良いと思いますw

            女子高生「東京駅に天皇がいた(写真パシャパシャ)」

            でSNSにあげる事ができる日本w
            良いと思うw

        3. 「高貴さ」とか「人格」とかこれはもちろん大事な要素と思いますけども、「カリスマ」だけなら別に大統領制度でもいいんです
          現代だと白河帝や後白河帝、後醍醐帝なんかは国民の不興を買うと思われますが、皇統、天皇の地位は天照大神の子孫であって三大神勅にその地位が補償されてるが故に天皇であるともいえるわけですが

          極論をいえば三大神勅を守るのが一番重要であるってことになります
          ※もちろん個人の見解です 当然人格者であることに越した事はないですし、とりわけ先帝は人格者だと思いますが

          1. まーこの手のネタは何年か前からシンシアリーさんのとこでも正統性と正当性のやつとか色々あって人それぞれの皇室観とかがあるので一概には言えないんですけどね(正統性と正当性なら血統カリスマや三大神勅が関わってくるので自分の意見を押し通しますが)

          2. 昭和天皇、好きですw

            伝わってる事の一部しか知らないけど、
            戦後の全国の行幸でのエピソードとか、好きw、感動する。

            先帝=現・上皇
            と理解した上で、昭和天皇の人柄も、面白い(失礼)、興味深い。
            実は明治天皇も面白い人なんだけどw

          3. 明治帝の逸話だと帝国議会の時に居眠りしてて元勲が刀の鞘でつついておこしたりしてたとか、そういったほほえましい?的なエピソードもあって面白いですね

  4. 権威云々と言うと、例えば愛子さまは、愛子内親王殿下と呼ぶべきじゃないかな?

    逆に「さま」で呼んでいるのは、礼を失せず、でも親しみを込めてになるんじゃないかなと思うけどね。

    1. もっと権威云々で言うと、敬宮(としのみや)愛子内親王殿下、略して敬宮様になりますが
      ニュースでも、普通の話題でも、そう言う呼び方(言い方)をすることはまずないような。

      昭和の時代は、浩宮様、礼宮様、紀宮様とニュースでもお呼びしていたと思います。
      お名前は、昭和時代の私は知りませんでした。

      1. 本名(諱)で呼んでいいのは、主君か目上の親族だけというのが儒教圏のルールだったんですけどね。(「本名を知ることは支配すること」という考え方なので儒教圏だけではない。)
        なので、名を教える=臣従、女性に名を問う=求婚、だったりしました。
        中国では、皇帝の諱の文字を使うことすら出来なかった。

  5. 日本語の「様」と韓国語のニムはイコールじゃないですね。ニムは少し軽いニュアンスらしいです。
    日本語の「~さん」と韓国語の「~氏」も違うんですね。
    私は戦後民主主義教育を受けて育ったので、昭和天皇の頃は皇族に「~様」をつけて呼ぶことに若干違和感がありました。
    強制されている感がありました。

    しかし、昭和天皇崩御の際に自粛と記帳ブームが自然発生してあの朝日新聞すら「まだ日本人の中に皇室への思いが残っていた」「私たちがまだ陛下を必要としていたということだ。いずれ私たちに陛下が必要なくなるまで待とうではないか」などと書いたものでした。

    平成になって、もはや皇族を様付けで呼ぶことに違和感はありません。
    強権的な暗い戦前のイメージを引きずった昭和天皇とは違い、平成以降は明るい象徴天皇のイメージが定着した感があります。
    真子様のお相手の小室某はけしからんなどとワイドショーネタになるほどフレンドリーになりました。
    昭和天皇は畏敬、
    平成上皇は敬愛された天皇でした。

  6. 違和感を抱くほうが普通ですよ。
    日頃天皇制度に唾する左翼コメンテーターを抱える某テレビ局も、視聴率欲しさに天皇陛下退位と改元の話題にちゃっかり乗って、尻がこそばゆい報道番組を流していましたから。
    いつものように堂々と偏向報道の局であることを謳っているんであるならば、皇族だからといって無理に「~さま」と呼んだりしてへりくだる必要はないかと思うんですがね。
    やっぱり目に見えない不敬罪で叩かれるのが、嫌なんでしょうね。

    さらに言えば、最近テレビでよく使われる「リスペクト」という言葉も、決して尊敬していない場合に使用する人が多くいて、特に安っぽいコメンテーターやアナウンサーが発言する姿を見ていると虫唾が走ります。
    テレビでよく日本語が乱れていると言われますが、乱しているのはテレビ局のほうですから、残念(ギター侍)。

  7. 日本の敬語にはこの三つが有りますが…
    https://townwork.net/magazine/knowhow/manners/baito_manners/13309/
    尊敬語・謙譲語・丁寧語

    くだんの記者氏は理解できてないんですかね~
    特に丁寧語の意味と存在を…

    子供だろうと関係ないんだよ、そも独立した一人の人間なんだから…
    未成年だろうが幼児だろうが自我もあるし、守られるべき尊厳だって存在するんだ…

  8. 最近、小学校ではさんや君を男女で使い分ける事が性差別を助長すると文句をつけられ、全員君で統一するという現象が出てきました

    いやもうね…

    1. Σ(・ω・ノ)ノ!
      そんなことが起ってるんですか・・・
      しかし何で「君」
      なら「さん」のが適当な気がするんだけどな~

      1. うちの子供達が小学生だったのは20年近く前ですが、その頃から先生方はみな男女関係なく子供達を「さん付け」で呼んでましたよ。
        最初は違和感ありましたけど、慣れるとどうってことないです。男女混合名簿なんかと同じですね。

        1. いや、国会答弁じゃないんだから、教室で女の子に「君」はあり得ないでしょう。

          先週土曜日に小学校の授業参観に行きましたが、全員「さん」で呼ばれていましたよ。

  9. 韓国人の感覚として「敬語」の用法に違和感があるのは、分かります。
    日本の敬語は「本来対等である関係」で「相手の立場を理解している事の表現」です。
    韓国の敬語は「本来対等性というものがない関係」で「相手の序列上位を認める事の表現」です。

    この感覚の違いは「礼」の在り方によるものです。
    特亜では「礼」とは「序列を表現する見せかけ」なのです。
    日本人の考える「礼儀」とは別物です。
    同じ字を使うので紛らわしいですが、ご注意を。

  10. 義務教育を受ける年代にも陰で先生を呼び捨てにするお子様がいらっしゃいますよね。
    そのお子様方がいわゆる「賢い子」であるケースはどれくらいあるんでしょう?
    相手を呼び捨てにするという行為だけで優位に立ったつもりになれるなんて安上がりで羨ましいですが、韓国には大人になってもそういう人が多いってことですかね?

    (おっとっと、最後を疑問符で終わらせると「あなたは理解していない」って某氏に言われそうwwww)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません