ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介

 

 

※ここから「続きを読む」の後になります。ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

まず、日韓比較論3作目、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。タイトルに「か」が5回もでてくるスグレモノです(笑

着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。そういう日韓の差から現れる、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

AMAZONリンクはこちらになります。2月10日発売です。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

前のご紹介エントリーはこちらになります。たくさんのコメント、ありがとうございました。

 

 

また、日韓比較論2作目となる「人を楽にしてくれる国・日本」が、大幅な追記とともに、「新書版」として新しくなりました。

姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、追記いたしました。

他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

アマゾンリンクは、こちらになります。3月2日発売です(今気づきましたけど、公式発売日は3月1日で、31運動100周年記念日の発売となりましたw)。

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)

 

はじめてシンシアリーのブログを始め、「ニュ-コリア」を載せるようになったのが、2009年です。ブログ10周年となります。

昨日気づいたのは秘密です

その10年間、歯科医師とかブロガーとかではなく、人間一人として、ずいぶんと変わった道を選び、しかも結構「遠く」まで来れたものだな・・な気もします。

すべて、本ブログあってこそのもの。

読者の皆さんに、心から礼を申し上げます。これからの10年、また頑張ります。

 

 

 

 

777+

75 Replies to “ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介”

  1. 10周年おめでとうございます。
    「地道に続けること」この一点においてもシンシアリーさんが私の知る韓国人の悪徳をお持ちでないことが証明されているように思えます。
    「パリパリ文化」が全て悪いこととは思いませんが、「楽」をしようとズルをして早道することこそが韓国人を「楽」から遠ざけているように思えてしょうがないです。
    業の深い人たちだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません