恐怖の無理ゲー『トランプ氏の訪韓前の南北首脳会談がダメなら、当日に南北米3者首脳会談にしよう』

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「トランプ大統領の訪韓前に南北首脳会談をしよう」シリーズです。

一つ不思議なのは、今でもほとんどのメディアが「トランプ大統領の訪韓前に南北首脳会談」という無茶なミッションを実現可能だと信じていることです。

でも、さすがに時間的にキツくなったから、でしょうか。今日はまた別の内容がありました。「トランプ大統領の訪韓と合わせて、南北米3者首脳会談をすればいい」というのです。

しかも、「会談するからには終戦宣言ぐらいはしよう。中国をどう説得しようかな」とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・大阪G20首脳会議とつながるトランプ大統領の訪韓を考慮すると、実質的に「ワンポイント」南北首脳会談を成功させるための準備期間もスケージュル的にキツイというのが専門家の分析だ。

トランプ大統領の訪韓を利用して、板門店での南北米3者首脳の出会いが、その代替として挙げられる。

キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授は「トランプ大統領の6月末の訪韓を契機に、南北米3者首脳が一緒に板門店で会う案が最も良いと思う」、「ただ、会ったからには、少なくとも政治的性格の『終戦宣言』程度は行わなければならない。問題は、中国をどのように説得するかだ」と語った>。

https://news.v.daum.net/v/20190617170641334?f=p

 

率直に、すごいな(悪い意味で)、と思いました。いったい何をどうすればこんなポジティブシンキングが可能になるのでしょうか。

この部分だけ読んだ人は、「あ、金正恩委員長、訪韓すると発表したのか(だから韓国は日程を調整しているのか)」と誤解するかもしれません。もちろん、何も発表していません。

そういえば・・「じゃ、我らが文在寅大統領が金正恩委員長と安倍総理を会わせてやればどうか」という記事があって、エントリーしたことがあります

韓国のマスコミは、文在寅大統領もまた、「南北は信頼で結ばれている」と思っているのでしょうか。

 

 

 

 

※明日は、午後まで更新できません。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

160+

130 Replies to “恐怖の無理ゲー『トランプ氏の訪韓前の南北首脳会談がダメなら、当日に南北米3者首脳会談にしよう』”

  1. うん!
    概ね同意します、が、

    ペリー来航時、日本は情報を得ていて来ることは事前にわかっていた。
    日本がアメリカを選択した側面も半分あって、アメリカは最初から覇権国家ではなく、「日本にとって丁度良い新興国だった」わけです。
    当時は、英と露がグレート・ゲームを繰り広げていて、英または露のどちらかを選んでも飲み込まれるというギリギリの判断と交渉で日本がアメリカを選択している。

    「上喜撰 たった四杯で 夜も眠れず」
    は、違うんだよね。ビビっていたわけじゃない。

    日本側が逆恫喝している記録もある。

    ほいで、
    アメリカとは、以来、大東亜戦争期以外(前後)はずっと友好国。
    明治天皇とグラント将軍(大統領)は親子ほど歳が違うけど、友好関係だったし。

    もっと書いてもいいけど長くなるし面倒w
    この辺にしておこうかな。
    私も近年この辺を知ったところ。
    目からウロコで楽しいよん。

    1. 『幕末五人の外国奉行―開国を実現させた武士』(土居良三)は読まれました?

      1. 読んでないですねw

        変な言い方になりますが、「近現代史は趣味の範疇なので、好きな人の本しか読んでない」のですw
        つまり「視野が狭い」。

        返却が多分遅れてる図書館の本が二冊あって、時間を見て返しに行くので図書館のコンピュータで検索してみましょうかw

        1. あ、この上のレスは、匿名さんの戦前の日本についてのコメントへのレスでした。

          分かりづらくなってますよねw

  2. 究極のMISSION IMPOSSIBLEですねwww。

    ありとあらゆる困難な任務を遂行してきたトム・クルーズ演じる凄腕のMI6エージェントのイーサン・ハントであれ任務遂行不可能でしょう。
    そんな解決策の無い無理難題を外交実務から一切外され窓際閑職に追いやられやる気も失せた南朝鮮外交当局者に命じようとも水面下で交渉するフリをするだけで何ら努力すらしないでしょう。
    土台無理な話ですよ。

  3. >七誌さん

    >北が崩壊しなければ、北朝鮮は絶対核を放棄しません。
    >あなたの日本に都合の良い妄想のようになることはないのです。

    どこにも日本に都合のいい妄想なんかしてないが。
    むしろ日本にとって、最悪なシナリオしか書いてませんよ。

    私は日本にとって、これが都合のよいこと。
    これが都合のわるいこと。と、書いているだけですよ。

    で、北が崩壊しない限りは核を放棄するわけがない。
    例えその結果、北の経済が崩壊し、北政権が瓦解するはめになったとしても。と、思っていますよ。
    で、北政権の瓦解も日本に迷惑がかかるから望んでいないよ!

    私の望みは、日本政府が憲法改正し、もしも北朝鮮が
    核ミサイルで日本を脅した場合、脅した場合でも攻撃と見なして、
    即、核ミサイル基地を破壊するだけの法の整備と攻撃ミサイルを保有することですよ。

    ミサイル防衛だけじゃむりです。でも、中国みたいに200発、核ミサイルを揃えるだけの金はないんだから、
    数発の攻撃ミサイルで北朝鮮の核ミサイル基地のみを爆撃するだけの軍事技術は日本は持っていますから、その整備をして欲しい。
    ということです。
    核の脅しには屈しない!が私の望みですよ。

    1. つまるところ日本が先制攻撃をして北朝鮮を滅ぼすしかないわけですよ、あなたの主張ではね。

      日本人も国際社会も、それを認めないから問題がこうなっているわけで。それを出切るなどと強弁すれば、実に世の中簡単ですな。呆

      1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

        七誌さんが何を言ってるのかわからんわw

      2. >七誌さん

        >つまるところ日本が先制攻撃をして北朝鮮を滅ぼすしかないわけですよ、あなたの主張ではね。

        なんで核の脅しに屈しない国=核で脅された場合のみ、敵の核基地を破壊するだけの法の整備と兵器を持つ

        が、日本が先制攻撃をして北朝鮮を滅ぼす となるのかが理解できません。
        日本を除く、世界のほとんどの国が、そうゆう法の整備をしていますがどうして日本だけ
        他国と同じ国になっちゃいけないんですか?

        あと現在の日本でも、攻撃を受けた場合は反撃する。という法律はありますよ。
        後は、攻撃を受けた場合 に、核での脅しも含む。も含めるだけのお話です。
        だいたい日本の非核三原則にも、付帯条件が入ってまして
        あれは佐藤栄作の個人スローガンにしか過ぎないものですが。
        日本は核を放棄するが、もしも他国が核で日本を脅した場合は日本はいつでも核をもつ。
        そうできるように、核の研究までは放棄しない。と、ありますわ。
        ただあれは1967年の沖縄返還のためのもので、
        その後、1976年に日本政府は核拡散防止条約 (NPT) を批准していますので、
        日本が核を持つ事自体はずっとハードルがあがっていますが。

        それと本当に核ミサイル基地を破壊したとしても、北朝鮮を滅ぼすことにはならないよ。
        金政権は終了するかもしれないけど。

        アメリカだろうが、ロシアだろうが、中国だろうが、
        核ミサイルを落すぞと、脅されれば宣戦布告を受けたと見なして、
        相手の国の核ミサイル基地を破壊します。
        それって普通のことですよ。

        ロシアに至っては、例え自国民を犠牲にしてもやりますよ。
        国会で自国民が乗っている飛行機がハイジャックされた場合、
        自国民を犠牲にして、飛行機を撃ち落とす。という法案まで通しています。

        1. 北がどうすれば脅しと判断する?
          東京沖にミサイルぶち込んで、平気で人工衛星と唱える訳ですよ、あの国は。

          1. 日本を火の海にするぞ!と言えば脅しになりますが、朝鮮人は口だけで何も実行できません。
            それを真に受けるほうがおかしい。

    2. >眠り猫さん
      憲法改正したいなら、うかつに「憲法改正すれば先制攻撃できる」とは言わないこと。

      現在の憲法でも国際法でも、相手の攻撃意思が確実で他に防衛手段が無い場合(緊急の場合)には、先制攻撃で敵のミサイル基地を破壊して「防衛」することは可能。その能力は自衛能力だから現在の憲法でも持っていい。もちろん、その後は戦争だろうけれど。

      しかし、脅されただけなら(緊急でないなら)安保理提訴がルール。そういう脅しを実行したら国連軍で袋叩きにするために安保理が存在する。安保理が役立たずなら有志連合軍でやる。連合軍でやるのは、相手が「悪」であるとするため。
      当事者である日本が軍を出さないならお話にならないので憲法改正は必要だけれどね。

      それに核の脅しなんか今の状態でも屈することはない。冷戦時代にソ連や中国から脅され続けたんだ。北朝鮮ごときの脅しが効くわけがない。その証拠に北がらみではマーケットだってほとんど動かない。(北の独裁者は日本を道連れに自分も死ぬような狂信者じゃないからね。)

      一発でも撃たれたら負けだと思うから脅される。北朝鮮ごときの核で滅んだりしないよ。生き残った者が必ず報復するという意思があれば撃たれないし脅されない。
      これが核戦略の基本の相互確証破壊(MAD)。核保有国は報復能力を確実に生き残らせるために大量の ICBM や SLBM を保有する。
      北にはそれらがないから MAD が成立していない。だからトランプの脅しが効いた。

      1. >mottonさん

        >眠り猫さん
>憲法改正したいなら、うかつに「憲法改正すれば先制攻撃できる」とは言わないこと。
        別に専制攻撃できる国になるわけではなく、
        あくまでも防衛(報復)能力の強化なわけです。
        ですが、憲法と派別の話で、ずっと前から日本の船が外洋に出来る際に、
        火力攻撃の使用を認めて欲しい(そうゆう用心棒を雇用したい)という法案を、
        海員組合という船乗りの労働組合から
        超党派(会長自民の衛藤征士郎さん、副会長旧民主の高木義明(海員組合顧問)さん)で、
        国会に提出しています。現在、可決されたかはわかりませんが。
        別に火力武器を持ったからって、日本の船が海賊行為をやるわけではなく、
        丸腰なので、日本郵船とか、海賊に襲われることがしばしば。
        かっこうのネギを背負った鴨船なのです。
        防衛能力の強化が、海賊行為をできる国になる。というようなものですよ。

        1. >脅した場合でも攻撃と見なして、即、核ミサイル基地を破壊する

          あくまでも防衛(報復)能力の強化なのであれば、こういう予防戦争と見なされることは主張しない方がよいと思います。
          予防戦争が侵略か自衛なのかの線引きは難しいのですが、特に日本は前者と見なされることは避けなければなりません。

          核戦略の基本が MAD である以上、防衛(報復)能力のために ICBM や SLBM を保有することは現憲法が認める自衛の範囲内です。もし、アメリカの核の傘が無くなったら自衛のために核兵器を保有するしかありません。(NPT も脱退を認めています。)
          その能力は先制攻撃(=侵略。予防戦争を含む)にも使えますが、それは現憲法でも国際法でも(改正後の未来の憲法でもおそらく)禁じられています。

          「憲法九条の問題」の問題点は、日本人が信用できないから先制攻撃に使える能力を持たすなと主張することです。(これは、日本人に対するレイシズムです。)
          その主張に従うと、充分な報復能力を持つことができません。WWIIで連合国が行った日独本国への侵攻という根本的な問題解決手段も取れません。(それこそが、主張する奴の黒幕の意図だから。)

          これを変えたいわけです。眠り猫さんも同じだと思います。
          であれば、その能力を先制攻撃に使うと捉えられるような主張は敵の思うツボなわけなので慎重になるべきだと思います。

  4. >キサラギ=アリスさん
    >「世界の安定と平和のために我々が何よりも排除しなくてはならぬのは、北朝鮮の核兵器の前にそれを容認し憧れる盲目に近い南の指導者なのかも知れない」

    ちょっと昔のことですが、安倍総理は
    韓国の朴クネに
    「問題を話し合うための首脳会談だからこそ、
    首脳会談開くために条件をつけるのはよくない」といったんです。
    それが4年後の今は、韓国側が首脳会談を日本に求めてきて
    「徴用工問題をどうにかするまで、首脳会談はお断りだ!」

    と、までいわれています。好き嫌いは別にして
    日本政府は、少しはクネを信頼していたのに対し
    ムンはお話にならない。むしろ「世界の安定と平和のために我々が何よりも排除しなくてはならない」レベルだと思っているんじゃないでしょうか?
    だからって、日本政府が隣国に内政干渉するのは、過去の日韓併合の後始末で
    こりごりしていると思いますけどね。

    そして日本はそこまでアメリカ頼みではないと思いますよ。
    そこは韓国も同じだと思いますが、アメリカに従属する限り
    アメリカの一方的なわがままを聞くしかなくなる。

    2012年の米韓FTA(自由貿易協定)を見ても、
    米韓相互の投資額の推移(韓国産業通商資源部輸出入銀行資料より)
    2012年韓国→米 70.1億ドルが、2016年韓国→米 180.0億ドル
    2012年米→韓国 36.7億ドルが、2016年米→韓国 38.8億ドル
    食料部門では酪農生産農家は2011年では6141戸世帯が、2016年には5358戸世帯と現象。
    結果的にはアメリカだけが得をしている取引になっています。
    韓国政府は、農業を犠牲にしても米韓FTAで貿易が増えるから、それによって労働雇用者が増え
    国民が豊かになる。と主張して、締結を急いだわけですが、その結果が
    2017年に集計された満15歳から29歳までの若年層人口は928万2000人で就業者数は390万7000人
    若年層10人の中で4人だけが仕事に就いている状況です。むしろ前よりも悪化しているわけ

    なので、南北で戦争を終結して、アメリカ軍に韓国からでていってもらって、北の核で自国防衛を図りたい。という韓国側の気持ちもわからないではないんですよ。
    世界が、核の保持をゆるすわけはない。というのは置いといてですが。

    なので日本政府が考えているのは、憲法改正して、アメリカに頼らずに自主防衛すること。なんです。
    核で脅されたとき、攻撃を受けなくとも、脅した時点で攻撃と判断し、日本軍の手で核基地を破壊するという法の整備と軍事力をもつ。実際にやるかどうかではなく、
    相手の脅しに屈しないこと。が、自主防衛です。
    軍事に関しては、人それぞれの意見があると思いますが、
    敵国が戦争をしかけた場合、勝っても負けても相手に被害甚大を与えることができれば、敵国はそうそう戦争をしかけることができない。
    無防備都市宣言をした結果、アメリカからぼこぼこにされたドレスデンの町をみても、平和を守る為には軍事力を持つ事だと思っています。

    1. 日本が自主防衛などと、最初から無理なんですよ。
      アメリカが味方につかなきゃ、アメリカが敵に回るんです。

      戦前の日本に過ちがあるとすれば、それは愚かしくも自主防衛を目指したことなんですね。

      日本が自主防衛を目指せば、それは中華の思う壺。
      そうやって中国は戦勝国になったのです。アメリカでの日本人排斥工作によってね。

      1. 日本が自主防衛できないからカネでアメリカを釣ってるんだろ

      2. >七誌さん

        >日本が自主防衛などと、最初から無理なんですよ。
>アメリカが味方につかなきゃ、アメリカが敵に回るんです。
        >戦前の日本に過ちがあるとすれば、それは愚かしくも自主防衛を目指したことなんですね。
        >日本が自主防衛を目指せば、それは中華の思う壺。
>そうやって中国は戦勝国になったのです。アメリカでの日本人排斥工作によってね。

        20世紀前半の話はそうですたよね。
        けど、21世紀の現在となっては、そのアメリカが日本に自主防衛を促していますが。
        自民党が、憲法改正を結成して、70年間できないでいたのは、
        中国、韓国の外圧だけじゃなく、アメリカの外圧がでかかった。
        そのアメリカから「日本に普通の防衛力を持たせるときが来た」の声が高まってきています。
        自衛隊のままでは、陸海空の連携が取れないから
        日本の安全保障上のアメリカへの「病的な依存」からそろそろ脱却しろと。
        災害救助においても、
        東日本大震災の際には海上自衛隊と陸上自衛隊の連携が取れなかったために、沿岸に取り残された人々の救助は米軍に任せきりだった。きちんと自衛隊を軍にしなければ、戦時下での救助なんか
        現状の自衛隊ではおこなえない。
        と、いう話がアメリカ側からではじめていますよ。

        1. 日本が中華に拮抗出来る戦力を持てば、同盟は解消させるだろうね、アメリカ内の中国派によって。

          アメリカの求めている、防衛負担とはそういうこと。
          それを馬鹿は理解していない訳ですよ、馬鹿だから。

          1. 第7艦隊がハワイやグァムでなく、なぜ横須賀を母港にしているか知れば、日米安保を解消するなどとはとても言えませんがね。

          2. その、中国とアメリカは、現在何をしているのかな?

            アメリカの中国派は、今、何をしているのかな?
            貿易戦争止められませんでしたなw

      3. >戦前の日本に過ちがあるとすれば、それは愚かしくも自主防衛を目指したことなんですね。

        馬鹿はお前だ。
        戦前の日本は、結局は太平洋戦争で連合国に破れたとは言え、もしも清朝のように野放図に海外勢力を受け入れていれば、今頃は、欧米列強どこかの植民地になっていただろう。アメリカだってそんな列強勢力の一つに過ぎなかった。
        現在、アジアの多くの国が日本に敬意を表してくれる理由の一つが、「欧米の植民地となることを拒否して戦った」ことにある。欧米諸国だってその点には一種の「恐怖感」さえ感じている。その程度のことも知らんのか?
        自国の将来を慮って悲壮な決断をした先人のことを愚か者呼ばわりする権利は、お前みたいな馬鹿には無いよ。

コメントは受け付けていません。