いつもの「日本内部でも~」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

韓国は、親日を完全に踏み潰しています。韓国で「親日」と言われると、その人は社会的影響力を全て失うことになります。反面、反日はあまりにも当たり前のように行われており、韓国の日本観こそがもっとも当然のもの、もっとも正しいものであるとされているため、韓国社会では「反日を反日だと自覚すること」すらも難しくなっています。

しかし、日本では、程の差はあれど、常に親韓、反韓(こういう言葉は聞いたこともありませんが、強いて言うなら嫌韓)は両方が存在しています。

その構造を「狙って」のことか、韓国が「日本は間違っている」という主張を広げる時に、かなりの頻度で持ち出すセリフがあります。

「日本内部でもそういう声が上がっている」です。

“いつもの「日本内部でも~」” の続きを読む

北朝鮮、また韓国を非難「韓国は、ご主人様である米国に従うだけ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

北朝鮮の、主に対南宣伝工作のためのメディアである「ウリ民族だけで」や「朝鮮の今日」が、強く韓国を非難しました。南北共同連絡事務所からの撤収した次の日のことです。

基本的には「米国にもっと逆らえ」という内容が共通しています。

<・・(『ウリ民族だけで』は)南朝鮮はアメリカの承認なしに独自の問題の処理をしたことがなく、ご主人様である米国の強盗のような要求に対して、嫌な顔をしたことも、ちゃんと声を出したこともない」、「米国は、南朝鮮を収奪の対象、世界制覇という野望の実現のための侵襲軍事基地としか思っていない」と批判した・・

“北朝鮮、また韓国を非難「韓国は、ご主人様である米国に従うだけ」” の続きを読む

ナ・ギョンウォン氏、苦しい言い訳

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

約2週間前、例の「金正恩のスポークスマン」発言のナ・ギョンウォン氏が、「反民族行為特別調査委員会」のことで「国論を分裂させた」と発言したことがあります。

本ブログでも取り上げたことがあるので、未読の方は先にお読みください

この件で、101歳の独立運動家が、20人の独立運動家の末裔たちと一緒に国会を抗議訪問するなど、いろいろ騒ぎがありました。参加した独立運動家の末裔の1人が、ネットのコメント欄でたまにみかける「土着倭寇(親日派のこと)」という言葉を使ったりしました。

そして、ついに今日、ナ・ギョンウォン氏はフェイスブックで、「私が批判したのは、反民(バンミン)特委のことではなく、反文(バンムン)特委のことだった」と主張しました。

“ナ・ギョンウォン氏、苦しい言い訳” の続きを読む

「THAADのせいではない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

韓国人は、何かの事案に対して、ほとんどの人が、似たような単語を使って、似たような返事をします。韓国社会が、「内容」ではなく、いくつかの特定のキーワードで事案を判断するからです。

これは、「字は読めるのに文章の内容が理解できない」人が多い、群集心理(群衆心理、個人の判断力を失うこと)が強いなどの、韓国社会の特徴とも似ていると思うのですが、どうでしょう。

韓国がいままで中国関連で自慢してきたこと、しかしもう昔話になってしまったこと・・例えば「中国でサムスンのスマホが売れた」、「大勢の中国人観光客が来てくれた」、「中国で韓国文化が大人気」などなどの事案に対しても、同じです。それらが何故「昔」のことになったのかについて、決まって「THAAD」というキーワードだけで、分析を終わらせます。

“「THAADのせいではない」” の続きを読む

「北朝鮮が、南側の役割は必要ない、または意味がないと判断した可能性」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

昨日の南北共同連絡事務所の件(北側が一方的に撤収)が、連日で大きく報道されています。

多くの記事が賑わって(?)いますが、その中からニューシースの「米は警告、北は離脱~」記事を部分引用してみます。

<・・米朝対話の再開の仲裁案を何とかしようとしてきた文在寅大統領の前に、最悪の局面が繰り広げられている。米国は制裁への参加を要求する全方位的な圧力をかけており、北朝鮮は南北対話から離脱する動きを現実化している。

“「北朝鮮が、南側の役割は必要ない、または意味がないと判断した可能性」” の続きを読む

韓国政府が苦労して制裁免除になった「画像対面(ビデオ通話)」も中止か・・南北交流、全面中断の可能性も

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

今回の南北共同連絡事務所の撤収で、韓国が推進してきた様々な南北間の協力事業が次々と中断される恐れがある、という記事がありました。

一部では「(いままでどおり)軍を介しての対話もできる」という反論もありますが、「わざわざ首脳会談で合意して作った連絡事務所から撤収した人たちが、軍を介しての対話に応じるはずがない」という指摘のほうが、説得力があるように思えます。

特に、首脳会談で合意した内容で、韓国政府が国連や米国に積極的に要請してやっと制裁免除対象にできた「画像対面」プロジェクトも、事実上、中断される見込みです。

“韓国政府が苦労して制裁免除になった「画像対面(ビデオ通話)」も中止か・・南北交流、全面中断の可能性も” の続きを読む

北朝鮮、南北連絡事務所から一方的に撤収

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

開城(ケソン)連絡事務所(南北共同連絡事務所)というものがあります。いや、ありました。6ヶ月前にできたこの連絡事務所は、南北が直接連絡できる数少ない道でした。

連絡事務所は、去年4月の文在寅大統領と金正恩委員長の首脳会談で南北が合意した内容です。北朝鮮(開城)にあるものの、韓国と北朝鮮の事務所が同じ建物にあり(フロアは違う)、南北対話の象徴のようなものでした。いわゆる板門店宣言(去年4月南北首脳会談の共同宣言)でちゃんと履行されている数少ない・・というか唯一の?合意事案でもあります。

ですが、北朝鮮がこの南北共同連絡事務所から一方的に撤収しました。

“北朝鮮、南北連絡事務所から一方的に撤収” の続きを読む