文大統領、支持率が急上昇

今回の首脳会談で、52.2%まで下がっていた文大統領の国政支持率が59.4%まで上がった、とのことです。ムンパ(文派)たちの歓声が聞こえてくるようです。

韓国の世論調査関連記事で定番で出てくる「リアルメーター」の調査(17~19日、全国の成人男女1千505人を対象に調査した結果、95%の信頼水準で標本誤差±2.5%ポイント)ですが、

平壌南北首脳会談の前日(17日)には53.0%、平壌に到着し北朝鮮の「厚い歓待などが報道された(記事直訳)」18日には57.7%に上昇しました。なんと19日には61.4%に上昇したとか。リアルメーターは「平壌南北首脳会談の効果で急反発した」と分析しています。

“文大統領、支持率が急上昇” の続きを読む

金正恩氏、「年内に」ソウルを訪問すると約束

そろそろ最後にしたいところですが、また首脳会談ネタです。

年内に(多分11~12月)金正恩氏がソウルを訪問し、また首脳会談をやることになりました。

ただ、「文在寅大統領が要請した」という記事もあるし、「周辺が全員反対したのに、金正恩氏が独自に決めた」という記事もあります。

どちらにせよ、「警護面で問題が発生する恐れがある」という指摘が早くも出ています。 “金正恩氏、「年内に」ソウルを訪問すると約束” の続きを読む

韓国紙「(相応の措置とは)終戦宣言のこと」「事実上の南北不可侵宣言だ」など

南北首脳会談共同声明関連、その3です。一つ前のエントリーにあった「米国が相応の措置をすると寧辺の核施設を破棄する」という内容ですが、早くもその「相応の措置」は終戦宣言のことだ、という報道が出ています。

ニュース通信会社「ニューシース」によると、<ここで言う「相応の措置」とは終戦宣言を意味するもので、米国が終戦宣言をした場合、寧辺の核施設の恒久的な廃棄の意思があることをのぞかせ、完全な非核化を北米交渉を通じて調整してから決めるという余地を残したものと解釈される>、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20180919151015284

“韓国紙「(相応の措置とは)終戦宣言のこと」「事実上の南北不可侵宣言だ」など” の続きを読む

南北共同声明の内容(9月19日)※追記しました

南北共同声明の内容が発表されました。注目されているものだけ、紹介します。

まず、(マスコミの書き方にもよりますが)一部で「非核化の具体的なプロセス」と評価されているのが、以下の内容です。

<文在寅大統領と金正恩北朝鮮国務委員長は19日の首脳会談で、ドンチャンリ(東倉里)のエンジン試験場とミサイル発射台を、関係国の専門家の参観の下に永久廃棄するなど、非核化方案について合意したと発表した。

金正恩委員長は、米国が後に「相応の措置」を取る場合、ヨンビョン(寧辺)の核施設の恒久的な廃棄などの措置も追加で取るという意思も明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20180919120959380?rcmd=rn

“南北共同声明の内容(9月19日)※追記しました” の続きを読む

南北、「陸海空の全ての敵対行為を中止」に合意か

まだ公式発表が行われたわけではありませんが、南北首脳会談で「~な内容が発表されるのではないか」という報道はいくつか出ています。

その中で気になったものが、京郷新聞のこの記事です。

「陸・海・空のすべての空間で一切の敵対行為中断に合意する可能性」、「軍関係者によると、南北軍事分野合意書には、『地上と海上、空中をはじめとするすべての領域で一体敵対行為を中断する』と明示的な宣言が盛り込まれるものと思われる・・」

https://news.v.daum.net/v/20180918221534806

“南北、「陸海空の全ての敵対行為を中止」に合意か” の続きを読む

京城(併合時代のソウル)ブーム?

ムリキュアの総集編放送(共同声明)にはまだ時間がかかりそうで、別のエントリーを一つ書きます。

オーマイニュースの記事によると、韓国で「京城」が人気ワードになっているそうです。京城は、併合時代のソウル(漢陽、ハニャン)のことです。

韓国にいようと日本にいようと、そういう話題には「鈍い」シンシアリーですので、「そうなのか?」と思って検索してみたら、「モダンなファッション」「変化する時代の風景」などのイメージが「受けて」いるとかなんとか。

ですが、愛国心が発動したのか、オーマイニュースが「どうして京城のイメージが日本的なものばかりなのか」という記事を載せました。

“京城(併合時代のソウル)ブーム?” の続きを読む

ふたりはムリキュア(Cureが無理)

文在寅大統領が北朝鮮で熱烈に歓迎された、とのニュースが溢れています。

中には、文在寅氏と握手しながら涙を流したり、金正恩氏と文在寅氏の姿に乗った車を(感動のあまり)追いかけようとして阻止される住民もいたとのことです。

私の曇ったゴーストがささやきます。「ふたりはムリキュア(治すのはもう無理)」と。ムリキムとムリムーンと・・

画像キャプチャー:国民日報

https://news.v.daum.net/v/20180918142352077

“ふたりはムリキュア(Cureが無理)” の続きを読む

いわゆる慰安婦被害者を「その気があったからだろう」と話した教授、実刑で法廷拘束

 

※本エントリーは、アドセンスのポリシー違反となりました。違反の理由は「性的な表現」となります。不本意とはいえ、ポリシーを違反したこと、そして(テーマとはまったく関係ない趣旨で)不愉快な思いをされた方々に、お詫びいたします。いまは修正し、再審査を要請しているところです※

※2018年9月20日、「審査(再審査)結果、ポリシー違反はありません」とアドセンス側からメールが届きました。お騒がせしました※

 

韓国には「キがある」という表現があります。キは多分「気(ギ)」をあえて強く発音したものではないかな、と思いますが、別に辞典を読んでみたわけではありません。

AさんとBさんが、テレビでアイドル番組を見ていました。Aが、アイドルの人に対して「アイドルって疲れないのかな、あんなに踊って歌って」と話したとします。すると、Bがこう返しました。「ああいう人たちは、気があるから」。

すなわち、「気がある」は、「好きでやっているんだよ」「ああいう素質があるのだよ」な意味になりますけど、どちらかというとちょっと対象を軽く見る(見下す)ニュアンスでもあるので、失礼な表現でもあります。ただ、ヨク(辱、低俗な言葉)なのかというと、それほどではありません。

今回問題になったのは、いわゆる慰安婦被害者たちのことで「仕事の内容を事前に知っていてなお、その気があったのだろう」と話した教授の件です。

“いわゆる慰安婦被害者を「その気があったからだろう」と話した教授、実刑で法廷拘束” の続きを読む