外国人が日本を訪れる理由(by中央日報)

中央日報が、日本で外国人観光客が増える理由を分析した記事を載せました。以下の五つです。

・安倍総理のリーダーシップ

・オモテナシ

・(東京や大阪だけでなく)地方での外国人観光客の増加

・観光のためのインフラ整備

・円安

http://v.media.daum.net/v/20171006060146009

 

(PC版の場合、ここから「続きを読む」の後になります)

余談ですが・・円安は確かに大きな要因ではありますが、韓国では「円安が日本を訪れる外国人観光客が増えるもっとも大きな理由だ」としなければならない雰囲気があります。ソース記事もそう書いています。

さて、どうでしょう。安いか高いかも大事だとは思いますが、それより、日本旅行では「不必要な支出」が無いからです。

ボッタクリ価格などが一例でありましょうけど、ボッタクリとまでは言わなくても、韓国は観光地などで「どこでも手に入るものを高く売る」動きが強すぎます。

同じ缶コーラでも、町のスーパーで買う値段と、自販機で買う値段と、お祭りの屋台で買う値段と、すべてが同じ値段にはならないでしょう。少し高いところもあれば、すこし安いところもあります。

韓国、特に観光客が多いところは、そういう「どこでも普通に買えるもの」の価格が高すぎます。要は、不必要な支出が増えます。

料理が美味しいかどうかなら、それは人それぞれですし、名物や特産なら、食べたり買ったりしたら相応の記念にもなるでしょう。しかし、韓国の観光地には、そんなものがほとんどありません。どこでも手に入れられるものを、雰囲気と勢いで売っているだけです。

これは、韓国に老舗が無い(親の職業を受け継ぐ人がそういない)ことも一つの原因でありましょう。また、リピーター(再訪客)が少ないという韓国観光の弱点にもそのままつながっています。

私は日本と韓国しか知らないので両国間の比較になりますが、こういう「不必要な支出」は、韓国のほうが圧倒的に多くなってしまいます。観光地を2~3ヶ所まわってみれば、すぐにわかります。

高いか、安いかも大事な問題だとは思いますが、それより、「相応なのかどうか」のほうが、もっと大事なのです。

「暮らし」の中で日本と韓国どちらの「不必要な支出」が多いのかは・・私の暮らしのパターンが変わり過ぎで言い切ることは難しいですが、体感的に物価は大した差がありません。むしろ、日本のほうが少し安い気もします。

 

 

いやー今日はいつもより晴れたネタが多いですね。あくまで「いつもより」ですが・・「いつも」が曇り過ぎか・・・

 

今日は、レナの撮影スペースのハロウィン飾りをやり直しました。末頃には写真でも撮ってやろうかと・・レナスレも早く再開したいですね。壁の方の提灯と、ちいさなカボチャランタン(ゲーセンでゲットした小さなLEDキャンドルを入れておきました)は発光します。大きなカゴにはクマ4匹入れてみようかと(笑

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

🐻 シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が11月2日発売です!

🐷 9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

🎩 他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

151+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5