靖国神社爆破テロ未遂犯の母「息子が日本の牢で過酷な仕打ちを受けている」

靖国神社のトイレに爆発物を仕掛けた爆破テロ未遂犯、全昶漢(チョン・チャンハン)の続報です。

記事の題だけパッと見たときには、息子を思う母親の「わがまま」・・ママなだけに・・だろうと思ってスルーしようと思いましたが、ちゃんと読んでみたら「ねーよ」な内容だったので、エントリーします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ハンギョレ新聞の報道によると、全の母親がこのように主張しています。

・息子の体重が30kg減った

・失明の危機にさらされた

・懲罰部屋と呼ばれるところで過酷な仕打ちをされている

・一日でも早く全を韓国に連れてこないといけない(国際移送による移管措置)

・外交部が「黙っていろ」と言ったのでいままで何も言わなかった

http://v.media.daum.net/v/20171026152608645?d=y

 

記事本文でまだ「全某氏」と書いているのも驚きですが、独島守りを自称する活動家が記者会見に同行して「全ドンジ(同志)」と呼んでいるのも驚きです。

同志は、仲間への呼び方の一つですので、別に間違った表現ではありません。しかし、韓国では同志という言葉は超マイナーな存在です。「主体(チュチェ)」などの言葉もそうですが、同志もまた北朝鮮がよく使う言葉であるため、万が一にも「北朝鮮のスパイかお前は」と誤解されたくなかったから、韓国では誰も使わなくなったのです。なぜか、一部の労働組合などでずっと使っています。

 

韓国外交部は、「定期的に領事館に調べさせているが、健康には問題ない」としています。あの反日女戦士(?)のカン・ギョンファ長官の外交部が言ってるからには、全の母親の言葉には説得力がありませんね。

韓国に移送すると、次は「釈放せよ!」と騒ぐでしょうね。

 

牢での過酷行為というと、噂ではありますが朴槿h・・・いやなんでもありません・・・

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

75 Replies to “靖国神社爆破テロ未遂犯の母「息子が日本の牢で過酷な仕打ちを受けている」”

  1. あの犯人はけっこう太ってたし、痩せて丁度よくなったのでは(棒)

    1. 韓国では日本で犯した罪を軽い刑法だと思っているのですか?
      親御さんの主張に違和感ありすぎです。日本の放火罪、もしくは殺人未遂に当てはまります、大罪ですよ!

  2. 出所したら「日本で差別された、迫害された。」て、大真面目に言うんだろうな。(ウザすぎル。)
    独居房なら、刑務所内で暴れた証拠。
    まったく、こんな奴らが将来英雄に為るのか。(頭が痛いぜ。)

  3. 刑務官が明かす 刑務所の絶対言ってはいけない話という本を読みましたが初犯で極悪犯でないならかなり良い待遇のようです。意外と自由で驚きました。独房などに入れられてるのだとしたら、それなりのことを中でもやらかしたってことになります。
    潔癖過ぎる今の日本で、この母親の話のようなことがなされているとは考えられないですね。学校ですら先生より親の方が強いのに…。
    確かめもせず報道するマスコミも無責任ですね。日本は報道はするけど、不都合な部分は報道しないで印象操作してますけども。どっちがマシだろう??

  4. 30年程前、中国の広州・桂林への団体ツアーに参加しました。
    日本の添乗員さんは現地のウェイトレスを「同志(トンジー)」と呼んでいました。“中国では声をかける時「同志」と言うのです”とのこと。(現在は行かないので知りません)
    共産圏だなーと印象深かった。
    その「一部の労働組合」は共産主義にかぶれてる組合ですね。

    テロ未遂犯の母親の話は、映画『母なる証明』(原題:마더)を思い出しました。 ラストシーン母はバスで踊り狂ってましたねえ。

  5. 元ネタは、北朝鮮に拘束されて(拷問を受けて?)帰国後に死亡したオットー・ワームビアさんではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。